コンテンツにスキップ

安東義良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安東義良
あんどう よしろう
生年月日 1897年5月4日
出生地 岐阜県可児郡御嵩町
没年月日 (1986-01-20) 1986年1月20日(88歳没)
出身校 東京帝国大学卒業
所属政党日本自由党→)
改進党
称号 従三位
勲二等旭日重光章

選挙区 岐阜県第2区
当選回数 2回
在任期間 1947年 - 1948年12月23日
1952年 - 1953年3月14日
テンプレートを表示

安東 義良(あんどう よしろう、1897年明治30年)5月4日[1] - 1986年昭和61年)1月20日[1])は、日本外交官弁護士政治家衆議院議員(2期)。

経歴

[編集]

岐阜県可児郡御嵩町出身[2]1922年東京帝国大学法学部卒業、外務省入省。1925年パリ大学卒業[2]法学博士)。

外務省調査部第3課長、欧亜局大東亜省総務局長、1942年11月条約局長、同省政務局長、1945年退官[2]

1947年4月、第23回衆議院議員総選挙岐阜2区から当選。衆議院では外務委員長を務める[2]1949年1月の第24回衆議院議員総選挙では落選するが1952年10月の第25回衆議院議員総選挙で返り咲き。

1955年、駐ブラジル大使就任、1961年まで務める。1964年、第11代拓殖大学総長、1967年退任。同年秋の叙勲で勲二等旭日重光章受章(勲三等からの昇叙)[2][3]

拓殖大学教授、海外移住事業団経営審議会会長、内閣移住審議会委員も歴任した。

1986年1月20日死去、88歳。死没日をもって正四位から従三位に叙される[4]

栄典

[編集]
位階
勲章

脚注

[編集]
  1. ^ a b 『日本近現代人物履歴事典』31頁。
  2. ^ a b c d e "安東 義良". 新訂 政治家人名事典 明治~昭和. コトバンクより2023年9月16日閲覧
  3. ^ 『官報』第12267号10頁 昭和42年11月4日号
  4. ^ 『官報』第17704号11頁 昭和61年2月19日号
  5. ^ 『官報』第5029号「叙任及辞令」1943年10月15日。

参考文献

[編集]