高垣寅次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高垣 寅次郎(たかがき とらじろう、1890年2月26日 - 1985年8月25日)は、日本の経済学者

広島県尾道市生まれ。東京高等商業学校(後の東京商科大学、一橋大学)において佐野善作に師事。門下に塩野谷九十九鬼頭仁三郎高橋泰蔵新庄博岡田俊平等がいる[1]彰化商業銀行董事長を務めた呉金川[2]なども高垣ゼミ出身。

1943年に石橋湛山山崎覚次郎らと金融学会を創立、1950年から31年あまり会長の任を果たした。一橋大学名誉教授、元拓殖大学学長、元成城大学学長、1976年勲一等瑞宝章受章。

略歴[編集]

主要著作[編集]

  • 『銀行集中論』、1914年(大正3年)
  • 佐野善作と共著)『銀行論』、1926年(大正15年)
  • 『貨幣の生成』(貨幣の理論、第1巻)、同文館、1926年(大正15年)
  • 『貨幣の本質』(貨幣の理論、第2巻)、同文館、1927年(昭和2年)
  • 『貨幣の職能』(貨幣の理論、第3巻)、同文館、1928年(昭和3年)
  • 『金本位制度の研究』、東京銀行集会所、1929年
  • 高田保馬と共著)『経済学の基礎理論』、改造社、1932年
  • 『商業経済辞典』、日本評論社、1939年
  • 『戦時の貨幣金融問題』(五十嵐直三記念論文集)、五十嵐直三著、高垣寅次郎編集、1942年
  • (金子弘と共著)『産業心理学』、千倉書房、1944年
  • 『貨幣論入門』、広文社、1950年
  • 新庄博、山口茂、田中金司高橋泰蔵塩野谷九十九共編)『体系金融辞典』、東洋経済新報社、1953年
  • 『日本の貿易政策』、有斐閣、1955年
  • 『近代日本金融史』、全国地方銀行協会、1955年
  • (稲葉史郎、高田保馬と共著)『経済学の基礎理論』、有斐閣、1956年
  • (寺尾琢磨と共著)『人口』、有斐閣、1958年
  • 高橋泰蔵と共著)『金融』、有斐閣、1960年
  • (吉田政治、岡田俊平と共著)『銀:本位通貨史における役割』、清明会新書2、1969年
  • (監修)『世界各国の金融制度』、全8巻、大蔵財務協会、1970年
  • 『明治初期 日本金融制度史研究』、清明会出版部、1972年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「高垣寅次郎について」成城大学
  2. ^ (中国語) 口述歷史(五). 中央研究院近代史研究所. (2015-08-31). ISBN 9789860458800. https://books.google.com.tw/books?id=jvnECgAAQBAJ&pg=PA122&dq=%E5%90%B4%E9%87%91%E5%B7%9D&hl=zh-TW&sa=X&ved=0ahUKEwiDoNvW3tjWAhUKxLwKHeLXAqYQ6AEIOjAD#v=onepage&q=%E5%90%B4%E9%87%91%E5%B7%9D&f=false. 
  3. ^ [1]

外部リンク[編集]


先代:
結城豊太郎
日本金融学会会長
第3代:1950年 - 1982年
次代:
館龍一郎
先代:
宮本和吉
成城大学学長
第4代:1962年 - 1970年
次代:
大林良一