小田村四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小田村 四郎(おだむら しろう、1923年〈大正12年〉10月17日 - 2017年〈平成29年〉12月9日)は、日本大蔵官僚経営者明成社社長。

行政管理事務次官(第11代)、拓殖大学第16代総長。前日本李登輝友の会会長(第2代)。

経歴[編集]

学生時代は、日本学生協会の活動家として「現行の高校大学には「情意の枯渇」がはなはだしいと」難じ、その刷新運動に参加した。1943年学徒出陣[1]

終戦後に東京帝国大学(現:東京大学)に復学卒業。1947年(昭和22年)大蔵省(現:財務省)に入省し、1976年(昭和51年)に行政管理庁事務次官、その後日本銀行監事を務めた。1995年(平成7年)から2003年(平成15年)まで拓殖大学第16代総長。

2007年(平成19年)7月13日駐日アメリカ合衆国大使館に手渡されたアメリカ合衆国下院121号決議への抗議書に賛同者として名を連ねた[要出典]

略歴[編集]

日本李登輝友の会國語問題協議會会長、財団法人日本国防協会・社団法人亜東親善協会防衛法学会日本教育再生機構の各顧問、日本戦略研究フォーラム・財団法人行政管理研究センター各評議員、昭和聖徳記念財団理事、「日本の建国を祝う会」会長[3]靖国神社崇敬会総代等を務めた[要出典]

関係者[編集]

曾祖父は、長州藩の志士で初代群馬県令を務めた楫取素彦である[4]。楫取素彦は元は小田村家の養子で、長男の希家に小田村の家名を継がせた。四郎の父の有芳は希家の養子であるが、母の治子は希家の実弟楫取道明の娘であり、四郎は血縁上も楫取素彦の曾孫である。曾祖母の久子は素彦の最初の妻で、吉田松陰の妹である。久子の死後、素彦は久子の妹で久坂玄瑞の妻だった美和子と再婚している。四郎の兄には、日本学生協会のメンバーをもとに結成された社団法人国民文化研究会の理事長・亜細亜大学教授を務めた小田村寅二郎がいる。同会出身のメンバーには、ほかにも名越二荒之助東中野修道占部賢志八木秀次ら保守派の論客がいる[要出典]

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小田村「学徒出陣七十年 日本学生協会の活動と学徒出陣の体験を語る」、「祖国と青年」2013年10月号所収
  2. ^ 元拓殖大総長、小田村四郎氏が死去”. 産経新聞 (2015年12月15日). 2017年12月15日閲覧。
  3. ^ “建国記念、賛否両派が集会 天皇制めぐり主張展開”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年2月11日). http://www.47news.jp/CN/200502/CN2005021101001256.html 2013年9月6日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ 楫取素彦:初代県令、没後100年 子孫ら招き「偲ぶ会」−−前橋「臨江閣」 毎日新聞群馬県版 2012年9月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
小村康一
拓殖大学総長
第16代:1995年 - 2003年
次代:
藤渡辰信