皇室の伝統を守る国民の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皇室の伝統を守る国民の会(こうしつのでんとうをまもるこくみんのかい)とは、男系男子による皇位継承の維持を目的としている団体。政府が進めている女性宮家の創設に反対している。旧皇族の皇籍復帰なども政府に要求していくとしている[1]

2012年5月30日三好達を会長として発足。明治記念館で行われた設立総会には安倍晋三も出席し「戦後、皇籍離脱した11宮家の復帰を考慮しないのはおかしい」と述べ女性宮家創設の前に旧皇族復帰を検討するよう求めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 皇室の伝統「守る会」30日に発足 櫻井よしこ氏ら - MSN産経ニュース(2012年5月23日時点のアーカイブ
  2. ^ 皇室の伝統守る会が発足 「皇室制度調査会」設置を - MSN産経ニュース(2012年5月30日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]