大原康男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大原 康男(おおはら やすお、1942年 - )は、日本宗教学者國學院大學名誉教授。専門は宗教行政・政教問題。博士神道学)。

人物[編集]

滋賀県大津市出身。皇室問題・歴史問題などで積極的に発言している。

2007年7月13日に米大使館に手渡された日本文化チャンネル桜主導の慰安婦問題に関する米下院決議案の全面撤回を求める要望書にも賛同者として名を連ねた[1]。映画「南京の真実」にも賛同している[2]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現御神考試論 現代天皇制への視座』(暁書房、現マルコーシュ・パブリケーション、1978年)
  • 『帝国陸海軍の光と影 一つの日本文化論として』 (日本教文社、1982年/新版・展転社、2005年)ISBN 4-88656-269-8
  • 『忠魂碑の研究』 (マルコーシュ・パブリケーション、1984年)
  • 『天皇―その論の変遷と皇室制度』 (展転社、1988年)
  • 『象徴天皇考―政治と宗教をめぐって』 (展転社、1989年)
  • 『神道指令の研究』 (原書房、1993年)
  • 『平成の天皇論―象徴における聖と俗と』 (展転社、1994年)
  • 『現代日本の国家と宗教 戦後政教問題資料集成』(展転社 2008年) ISBN 4-88656-315-5
  • 『いわゆる「A級戦犯」合祀と靖国問題について』 (モラロジー研究所 2008年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『詳録・皇室をめぐる国会論議』 (展転社、1997年)
  • 『「靖国神社への呪縛」を解く』 (小学館文庫、2003年)

脚注[編集]

  1. ^ 抗議書への賛同者一覧
  2. ^ 賛同者一覧(2008年1月24日現在)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]