中西輝政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中西 輝政
(なかにし てるまさ)
人物情報
生誕 1947年6月18日(69歳)
日本の旗 日本大阪府
出身校 京都大学学士修士
学問
博士課程
指導学生
小谷賢
影響を
受けた人物
高坂正堯
ハリー・ヒンズリー
影響を
与えた人物
小谷賢
久野潤
奈良岡聰智
主な受賞歴 佐伯賞(1989年
石橋湛山賞1990年
毎日出版文化賞1997年
山本七平賞1997年
正論大賞2003年
文藝春秋読者賞2005年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

中西 輝政(なかにし てるまさ、1947年(昭和22年)6月18日 - )は、日本歴史学者国際政治学者京都大学名誉教授。専門は国際政治史、文明史。保守系の論壇や政治活動でも知られる。。

経歴[編集]

学歴[編集]

研究歴[編集]

受賞歴[編集]

略歴[編集]

京都大学での指導教員は高坂正堯(学部は民法の林良平)、ケンブリッジ大学ではサー・フランク・H・ヒンズリー。この二人に対する思いは『高坂正尭著作集』第6巻(古典外交の成熟と崩壊)解題「ヨーロッパへの愛あるいは歴史への愛」に記されている。この2人と並び、特に江藤淳から大きな影響を受けたと回想している[1]

人物・主張[編集]

保守論壇の論客[編集]

大学院の恩師である高坂正堯と同様にヨーロッパ外交史を専門としたこと、マスコミにも積極的に登場し、またブレーントラストとして政治家とも頻繁な接触を持つことから、同じく門下生の中西寛とともに高坂の後継者とマスコミに紹介されることも多い。ただし、中西との学術的、政治的スタンスは異なっている。

正論』、『諸君!』、『VOICE』、『WiLL』などの保守系オピニオン誌の常連寄稿者である。執筆内容は時事評論が多いが、ルーズベルト・アメリカ合衆国大統領夫妻(フランクリン・ルーズベルトエレノア・ルーズベルト)の「反日」・「容共」的姿勢や、敗戦後の日本占領統治を主導したGHQ内のニューディーラーの体質、戦後民主主義を批判する歴史に関する論稿も多い。

2007年(平成19年)7月13日には、慰安婦問題に対する旧日本軍による組織的・計画的な強制連行がなかったとする理解に基づき、米国大使館に手渡されたアメリカ合衆国下院121号決議全面撤回を求める抗議書に賛同者として名を連ねた[2]。また、田母神俊雄航空幕僚長在任中に発表した論文について、その主張を支持した[3]

時事評論では小泉純一郎政権を成立当初は評価していたものの、その政治手法が大衆迎合的であり、実施した政策(構造改革北朝鮮政策など)もまた支持できないものであるとして、批判を強めていった。そして小泉に代わり、より保守的な政治を推進する「保守革命」「保守新党」の必要を訴え、その中で石原慎太郎安倍晋三らを高く評価することとなる(「政治との関わり」の項も参照)[4]

ケンブリッジ大学において情報史研究の先駆者であるヒンズリーに師事したことから、近年は情報・諜報研究についても積極的な発言を行ない、2002年(平成14年)には門下生を中心とした「情報史研究会」という研究会を設立した。また、冷戦期にソ連の暗号解読を行なっていた「ヴェノナ計画」関連資料がクリントン政権期に米国で公開されたことを受けて、マッカーシズムへの再評価を主張している[5]

政治との関わり[編集]

2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙では安倍晋三の選挙運動はがきに推薦人として記載され、公職選挙法違反の疑いをかけられたが、安倍事務所と中西夫人の手違いと説明された。安倍の首相就任前後には、政策に影響力を持つブレーン「五人組」(他に伊藤哲夫西岡力島田洋一八木秀次)の一人として報道されたこともある[6][7]。2006年春以降は五人組の一人伊藤哲夫と安倍政権に向けた政権構想の推敲を重ね、また安倍が自民党総裁選直前の7月にアメリカの『フォーリン・アフェアーズ』誌に寄稿を予定していた論文は、中西と安倍の対話をまとめたものを「五人組」で読み合わせしたものだが、諸事情により掲載は見送られた。

安倍の政治姿勢を高く評価し、安倍内閣発足後は「美しい国づくり」企画会議のメンバーに選ばれている。ただし、安倍政権崩壊直後に出版された月刊誌で、中西本人は政権発足時から安倍のブレーンであることを否定している[8]

門下生[編集]

著作等[編集]

単著[編集]

  • 『国際情勢の基調を読む――ポスト米ソ二極時代の新世界秩序とは』 PHP研究所、1991年12月。ISBN 4-569-53418-X
  • 『もっとスマートに大国日本――日本外交維新に向けて』 弘文堂、1992年8月。ISBN 4-335-46014-7
  • 『回帰する歴史――「海洋の世紀」から「大陸の世紀」へ』 PHP研究所、1994年3月。ISBN 4-569-54255-7
  • 『発展するアジアと日本の進路』 愛知県教育サービスセンター編、第一法規出版東海支社〈県民大学叢書48〉、1996年3月。
  • 『大英帝国衰亡史』 PHP研究所、1997年2月。ISBN 4-569-55476-8
    • 『大英帝国衰亡史』 日本障害者リハビリテーション協会、1999年9月。障害者向け書籍
    • 『大英帝国衰亡史』 PHP研究所〈PHP文庫〉、2004年4月。ISBN 4-569-57895-0
  • 『国まさに滅びんとす――英国史にみる日本の未来』 集英社、1998年3月。ISBN 4-08-781136-0
  • 『なぜ国家は衰亡するのか』 PHP研究所〈PHP新書〉、1998年11月。ISBN 4-569-60311-4
  • 『日本の「敵」』 文藝春秋、2001年9月。ISBN 4-16-357760-2
    • 『日本の「敵」』 文藝春秋〈文春文庫〉、2003年10月。ISBN 4-16-765682-5
  • 『いま本当の危機が始まった』 集英社、2001年12月。ISBN 4-08-781205-7
    • 『いま本当の危機が始まった』 文藝春秋〈文春文庫〉、2004年4月。ISBN 4-16-768101-3
  • 『国家としての選択』 國民會館〈國民會館叢書42〉、2002年5月。
  • 『日本の「死」』 文藝春秋、2003年2月。ISBN 4-16-359390-X
    • 『日本の「死」』 文藝春秋〈文春文庫〉、2005年2月。ISBN 4-16-768102-1
  • 『国民の文明史』 新しい歴史教科書をつくる会編、扶桑社、2003年12月。ISBN 4-594-04275-9
  • 『帝国としての中国――覇権の論理と現実』 東洋経済新報社、2004年9月。ISBN 4-492-21147-0
    • 『新版 帝国としての中国――覇権の論理と現実』 東洋経済新報社、2013年8月。ISBN 4-492-21210-8
  • 『アメリカ外交の魂――帝国の理念と本能』 集英社、2005年1月。ISBN 4-08-781296-0
    • 『アメリカ外交の魂――帝国の理念と本能』 文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2014年10月。ISBN 4-16-813029-0
  • 『日本の「覚悟」』 文藝春秋、2005年10月。ISBN 4-16-365950-1
  • 『日本文明の興廃――いま岐路に立つ、この国』 PHP研究所、2006年5月。ISBN 4-569-64766-9
  • 『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』 PHP研究所〈PHP新書〉、2006年10月。ISBN 4-569-64844-4
  • 『激動する世界と日本再建の課題』 明成社〈日本の息吹ブックレット2〉、2007年7月。ISBN 978-4-944219-58-2
  • 『日本人のこころとかたち――文明史の立場から』 PHP研究所、2007年9月。ISBN 978-4-569-69345-3
  • 『日本の安保に求められる「戦後精神からの脱却」』 國民會館〈國民會館叢書73〉、2007年10月。
  • 『本質を見抜く「考え方」』 サンマーク出版、2007年11月。ISBN 978-4-7631-9797-9
    • 『本質を見抜く「考え方」』 サンマーク出版〈ポケットブック〉、2009年7月。ISBN 978-4-7631-9902-7
    • 『本質を見抜く「考え方」』 サンマーク出版〈サンマーク文庫〉、2011年7月。ISBN 978-4-7631-6000-3
  • 『日本の「岐路」――自滅からの脱却は可能か』 文藝春秋、2008年5月。ISBN 978-4-16-370190-5
  • 『覇権の終焉――アメリカ衰退後の世界情勢を読み解く』 PHP研究所〈Voice select〉、2008年12月。ISBN 978-4-569-70542-2
  • 『日本の「実力」』 柳下要司郎編、海竜社、2009年6月。ISBN 978-4-7593-1059-7
  • 『日本人として知っておきたい近代史 明治篇』 PHP研究所〈PHP新書 663〉、2010年4月。ISBN 978-4-569-77933-1
  • 乃木希典――日本人への警醒』 国書刊行会、2010年4月。ISBN 978-4-336-05178-3
  • 『日本の悲劇 怨念の政治家小沢一郎論』 PHP研究所〈Voice select〉、2010年4月19日ISBN 978-4-569-70884-3
  • 『アメリカの不運、日本の不幸 民意と政権交代が国を滅ぼす』 幻冬舎、2010年7月。ISBN 978-4-344-01872-3
  • 『情報亡国の危機 インテリジェンス・リテラシーのすすめ』 東洋経済新報社、2010年9月24日ISBN 978-4-492-21191-5
  • 『情報を読む技術』 サンマーク出版、2011年1月。ISBN 978-4-7631-3108-9
  • 『強い日本をめざす道 世界の一極として立て』 PHP研究所、2011年2月。ISBN 978-4-569-70180-6
  • 『日本人の本質 衿を正して先人に学び日本人の誇りを取り戻せ』 日本文芸社、2011年3月。ISBN 978-4-537-25819-6
  • 『国民の覚悟 日本甦りへの道』 致知出版社、2011年8月。ISBN 978-4-88474-936-1
  • 『日本人が知らない世界と日本の見方』 PHP研究所、2011年10月。ISBN 978-4-569-79923-0
    • 『日本人が知らない世界と日本の見方 本当の国際政治学とは』 PHP研究所〈PHP文庫〉、2014年4月。ISBN 978-4-569-76167-1
  • 『日本人として知っておきたい外交の授業』 PHP研究所、2012年8月10日ISBN 978-4-569-80599-3
  • 『迫りくる日中冷戦の時代 日本は大義の旗を掲げよ』 PHP研究所〈PHP新書 826〉、2012年9月14日ISBN 978-4-569-80700-3
  • 『賢国への道 もう愚かではいられない』 致知出版社、2013年1月31日ISBN 978-4-88474-984-2

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

  • 『国際社会と国際協力』 立脇和夫編、北樹出版〈国際関係学双書6〉、1990年8月。ISBN 4-89384-169-6
  • 『アジアはどう変わるか――90年代のアジアの総合安全保障』 アジアの総合安全保障研究グループ編、日本経済新聞社、1993年3月。ISBN 4-532-14134-6
  • 『インテリジェンスの20世紀――情報史から見た国際政治』 小谷賢編、千倉書房、2007年12月。ISBN 978-4-8051-0894-9
    • 小谷賢編著 『インテリジェンスの20世紀 = The Century of Intelligence 情報史から見た国際政治』 千倉書房、2012年2月。ISBN 978-4-8051-0982-3
  • 情報史研究会編 『名著で学ぶインテリジェンス』(日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉、2008年11月)。会の代表で小谷賢と共編

監修[編集]

  • 中西輝政監修 『イギリス』 こどもくらぶ編、中西輝政シリーズ総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流8〉、2000年3月。ISBN 4-03-629580-2
  • 中島章夫監修、真山美雪・中島章夫共 『アメリカ』 中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流9〉、2000年3月。ISBN 4-03-629590-X
  • 太田和子監修 『カナダ』 こどもくらぶ編、中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流10〉、2000年3月。ISBN 4-03-629600-0
  • 竹田いさみ監修 『オーストラリア・ニュージーランド』 こどもくらぶ編、中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流11〉、2000年3月。ISBN 4-03-629610-8
  • 大上正直監修 『フィリピン』 こどもくらぶ編、中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流12〉、2000年3月。ISBN 4-03-629620-5
  • 橋本和也監修 『フィジー・トンガ・サモア』 こどもくらぶ編、中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流13〉、2000年3月。ISBN 4-03-629630-2
  • 西江雅之監修 『ケニア』 こどもくらぶ編、中西輝政総監修、偕成社〈きみにもできる国際交流14〉、2000年3月。ISBN 4-03-629640-X
  • 安倍晋三衛藤晟一亀井郁夫下村博文中川昭一平沼赳夫古屋圭司松原仁・椛島有三・山谷えり子笠浩史 『サッチャー改革に学ぶ教育正常化への道――英国教育調査報告』 PHP研究所、2005年4月。ISBN 4-569-64135-0
  • 「書かれた日本」文献研究会 『世界史が伝える日本人の評判記』 中経出版〈中経の文庫〉、2007年9月。ISBN 978-4-8061-2819-9

監訳[編集]

研究論文[編集]

  • 「外交におけるイデオロギーと国益――1830年代イギリスにおけるリベラリズム外交世論の興隆と衰退(1)」、『法学論叢』第103巻第3号、1978年
  • 「外交におけるイデオロギーと国益――1830年代イギリスにおけるリベラリズム外交世論の興隆と衰退(2)」、『法学論叢』第104巻第1号、1978年
  • 「国際関係における『不介入』の思想――近代自由主義の外交理念として」、『法学論叢』第109巻第5号、1981年
  • 「『パクス・ブリタニカ』の外交指導とその精神(1)」、『三重大学法経論叢』第2巻第1号、1984年
  • 「『パクス・ブリタニカ』の外交指導とその精神(2)」、『三重大学法経論叢』第2巻第2号、1985年
  • 「イギリス史に見る戦略運営の発想――エリザベス1世の対外戦略の精神構造」、『軍事史学』第21巻第3号、1985年
  • 「『ジェントルマン外交』の伝統形成――ウィリアム・テンプルに見るイギリス近代外交の精神(1)」、『三重大学法経論叢』第5巻第1号、1987年
  • 「東アジアの戦略環境と日本の選択」、『国際問題』第336巻、1988年
  • 「『レイキャビク』と新しい歴史の潮流――ポストINFのヨーロッパ安全保障」、『新防衛論集』第16巻第1号、1988年
  • 「欧州の通常戦力削減交渉」、『海外事情』第37巻第12号、1989年
  • 「拡大抑止――歴史的変遷とその本質」、『東西関係の戦略論的分析』 佐藤誠三郎編、日本国際問題研究所、2007年9月。
  • Terumasa Nakanishi; Fred Charles Ikle (1990). “Japan's Grand Strategy”. Foreign Affairs. http://www.foreignaffairs.org/19900601faessay6026/fred-charles-ikle-terumasa-nakanishi/japan-s-grand-strategy.html. 
  • 「日米関係/バードンシェアリング」、『新防衛論集』第17巻第2号、1989年
  • 「湾岸後のポスト冷戦秩序とその行方」、『新防衛論集』第19巻第1号、1991年
  • 「日本における情報史研究の新点のために」、『戦略研究』第7号、2009年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「わが師・高坂正堯と江藤淳」『文藝春秋』2005年5月号
  2. ^ 抗議書への賛同者一覧
  3. ^ 中西「田母神論文の歴史的意義」『WiLL』2009年1月号。
  4. ^ 一例として、中西「もはや『小泉改革』は時代遅れ―保守革命を起こすために救国政党をつくれ!」『テーミス』2001年12月号、中西「破綻した構造改革――『人気者宰相』はいつ、何を間違えたか」『プレジデント』2002年7月1日号、中西「『事なかれ外交』に失敗なし」『Voice』2002年4月号、中西「『延命装置』小泉純一郎の罪」『諸君!』2003年11月号などを参照。
  5. ^ ヘインズ&クレア 2010
  6. ^ 『毎日新聞』2006年8月29日朝刊
  7. ^ 竹内洋一、山川剛史 (2006年9月9日). “「安倍氏ブレーン」どんな人?靖国、拉致、教育問題…”. 東京新聞 
  8. ^ 本人の言によると、「安倍とは総理になってから2度しか会ったことがない。私は国会議員ではない民間人が政権に直接関与すべきではないという考えだからブレーンになるつもりもない」(中西「小泉純一郎が福田を倒す日」『文藝春秋』2007年11月号)。なお、中西は政権成立以前より一貫して安倍を高く評価していた(中西「国家としての日本を考える(13)戦後政治の「怨念」を断つ人―『日本史的使命』を課せられた安倍氏よ、志士たれ!」『Voice』2003年12月号)。および中西と福田和也との対談(「媚中外交の精算、憲法改正への布石」『諸君!』2006年10月号)などを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]