上山春平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上山 春平
人物情報
生誕 (1921-01-16) 1921年1月16日
日本の旗 日本和歌山県
死没 2012年8月3日(2012-08-03)(91歳)
出身校 京都大学
学問
研究分野 哲学
研究機関 京都大学人文科学研究所
テンプレートを表示

上山 春平(うえやま しゅんぺい、1921年1月16日 - 2012年8月3日[1])は、日本の哲学者京都大学名誉教授紫綬褒章受章者、文化功労者勲二等旭日重光章受章。

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。台北高等学校[2]を経て、1943年京都帝国大学文学部哲学科卒業。太平洋戦争下では徴兵され、人間魚雷回天に搭乗した。

戦後は1948年に和歌山県立田辺高等学校教諭となる。同年愛知第二師範学校助教授を経て[3]、1954年京都大学人文科学研究所助教授、1968年教授、所長を歴任。京都国立博物館館長、京都市立芸術大学学長も務めた。

2012年8月3日、パーキンソン病のため、京都市内の自宅で死去。91歳没[4]。没日付けで正七位から従三位へ昇叙[5]

業績[編集]

初期の関心はアメリカのプラグマティズム哲学の研究であったが、のち日本を中心にした仏教国家論、戦争論、日本文化論などに移った。梅原猛梅棹忠夫らの「新・京都学派」の一人。主要著作は法藏館より『上山春平著作集』(全10巻)に収められている。

受賞・栄典[編集]

著作[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

評伝[編集]

  • 荒井正雄『現代日本の深層国家像 上山春平論抄』晃洋書房 2004
  • 菅原潤『上山春平と新京都学派の哲学』晃洋書房 2019

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (おくやみ)上山春平氏が死去(元京都市立芸術大学長”. 日本経済新聞 (2012年8月6日). 2020年8月2日閲覧。
  2. ^ 『臺灣總督府臺北高等學校一覧 昭和12年度』臺灣總督府臺北高等學校、1937年11月8日、125頁。NDLJP:1462927/70 
  3. ^ 上山春平 | 日本教文社
  4. ^ “訃報:上山春平さん91歳=哲学者、元京都市立芸術大学長”. 毎日新聞. (2012年8月6日). オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130111192359/http://mainichi.jp/select/news/20120806k0000e060195000c.html 2012年8月6日閲覧。 
  5. ^ 官報本紙平成24年9月7日
  6. ^ 「98年春の叙勲4514人 勲一等旭日桐花大綬章に草場良八氏」『読売新聞』1998年4月29日朝刊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]