野田宣雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野田 宣雄(のだ のぶお、1933年12月4日 - )は、日本政治学者歴史学者京都大学名誉教授。専門はドイツ政治史。

略歴[編集]

岡山県生まれ。京都大学文学部西洋史学科卒業、会田雄次の指導を受けた。同大学院博士課程中退、京都大学教養部助教授・教授、のち同法学部教授、90年「教養市民層からナチズムへ-比較宗教社会史のこころみ」で文学博士、95年「文明衝突時代の指導者」で読売論壇賞受賞、97年定年退官、名誉教授、南山大学教授を務めた。

浄土真宗の僧侶で、滋賀県にある東本誓寺住職でもある。保守派評論家として論壇誌でも活動した。

著書[編集]

  • 『大世界史24 独裁者の道』 文藝春秋、1969年
  • 『20世紀の政治指導』 中央公論社〈中公叢書〉、1976年
  • 『教養市民層からナチズムへ――比較宗教社会史のこころみ』 名古屋大学出版会、1988年
    • 『ドイツ教養市民層の歴史』 講談社学術文庫、1997年。抄版
  • 『歴史の危機』 文藝春秋、1992年
  • 『歴史に復讐される世紀末――民族・宗教の回帰の時代をどう生きるか』 PHP研究所、1993年
  • 『文明衝突時代の政治と宗教』 PHP研究所、1995年。読売論壇賞受賞
  • 『二十世紀をどう見るか』 文春新書、1998年
  • 『歴史をいかに学ぶか――ブルクハルトを現代に読む』 PHP新書、2000年
  • 『二十一世紀をどう生きるか――「混沌の歴史」のはじまり』 PHP新書、2000年

共著[編集]

編著[編集]

  • 『西洋史(9) 19世紀のヨーロッパ』(有斐閣, 1980年)
  • 『西洋史(10) 20世紀のヨーロッパ』(有斐閣, 1980年)
  • 『よみがえる帝国――ドイツ史とポスト国民国家』(ミネルヴァ書房, 1998年)
  • 『検証 歴史を変えた事件――悲劇はなぜ起きたのか』(TBSブリタニカ, 2001年)。10名の論考
  • 『新世界史 新課程 近代・現代編』 (前川貞次郎堀越孝一共編、数研出版, 2004年)