福田和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福田和也
誕生 1960年10月9日(55歳)
日本の旗 日本東京都北区田端
職業 評論家学者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学
デビュー作 『奇妙な廃墟――フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』
テンプレートを表示

福田 和也(ふくだ かずや、1960年昭和35年)10月9日 - )は、日本文芸評論家慶應義塾大学環境情報学部教授。

経歴[編集]

東京都北区田端出身。高校生の時に神奈川県葉山町に転居[1]

慶應義塾大学在籍時には古屋健三に師事[2]。フランス文学研究の主流への激しい反発から「誰もテーマに選ぼうとしなかった」ファシズム作家を研究対象に選び、第二次世界大戦時にナチス・ドイツに積極的に協力したフランスの文学者(コラボラトゥール作家)を研究テーマに選択する。国書刊行会の編集者・佐々木秀一に要請され執筆した『奇妙な廃墟――フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』で出版デビューを果たす。しかし執筆は難航、大学院在学中の2年、大学を出て家業を手伝いながら3年、それも辞めて執筆に専念しての2年の計7年間が費やされた。

『奇妙な廃墟』で江藤淳に見出され1990年、月刊誌『諸君!』に「遥かなる日本ルネサンス」を連載発表し論壇デビュー。近代日本の文芸評論を軸とした文筆活動から開始し、『日本の家郷』により第6回三島由紀夫賞を受賞。続いて『甘美な人生』で平林たい子賞受賞。『地ひらく』で山本七平賞、『悪女の美食術』で講談社エッセイ賞受賞。

以降は『文藝春秋』『週刊新潮』『産経新聞』『週刊現代』『SPA!』『週刊文春』などの多岐にわたる雑誌や新聞で、歴史、政治、社会、音楽、人生論、実用書等、幅広い分野で執筆活動を続けている。ラジオではニッポン放送の様々な番組にコメンテーターとして出演。 テレビに出演することはBSフジの『メッセージ.jp』の聞き手以外殆ど無かったが、2006年4月から毎月第三金曜日の「とくダネ!」のレギュラーとなりテレビ出演を解禁した。

執筆活動の傍ら慶應義塾大学環境情報学部で教えているが学会活動はしていないと公言。江藤淳の奨めでかつては比較文学会に所属していたが、現在はどの学会にも所属していないとされる。慶大の非常勤講師を始めた際、江藤から、批評に専念するのではなかったのかと叱責されたが、その後江藤が慶大助教授の職を斡旋してくれたと語っている[3]。福田ゼミ出身者には、一青窈佐藤和歌子酒井信大澤信亮鈴木涼美などがいる。

2003年柳美里坪内祐三リリー・フランキーとの共同編集で、文芸誌『en-taxi』を創刊、のち柳が抜けるが、『SPA!』では坪内と連載対談を続けており、現在まで坪内との関係が最も深い。『en-taxi』ではしばしば立川談志へのインタビューを行っており、落語にも造詣が深い。

現在は三島由紀夫賞選考委員、新潮新人賞選考委員を務めている。

保守論客として[編集]

デビュー後もしばらくは「ファシストのパンク右翼」を自称し、『日本クーデター計画』を出版するなどして世の良識を逆撫でするような発言を繰り返した。また、ファシズムの思想史的意義を強調する一方で「失敗したファシズムが丁度良い」[4]などと発言する。

文芸批評活動の出発点となった『日本の家郷』も、ポストモダニズムの影響が中川八洋らから指摘されている。左翼思想の変種とも揶揄されるポストモダニズムを、マルティン・ハイデッガーを介してファシズムに繋げたが、一時期「友人」を名乗っていた護憲派の大塚英志からは「実は左翼」などと評された。

2000年に出版した『作家の値うち』では、純文学大衆文学の現役作家を五十人ずつ、全百人の主要作品を百点満点で採点。多くの有名作家作品を「読んでいると恥ずかしい」レベルなどと評して浅田彰安原顕からは厳しく批判された。また師匠の江藤が評価しなかった古井由吉村上春樹を評価し、江藤が絶賛した中上健次の『千年の愉楽』を「いんちきポルノ」と評するなど、江藤とは文学の評価にかなりのズレがある。柳美里『ゴールドラッシュ』、島田雅彦「無限カノン三部作」を厳しく批判し、二人の反撥を招いたが、対談で手打ちをしている。

中川八洋は、福田は保守のふりをしたポストモダニストで、内部から日本の伝統を破壊しようとしていると非難している[5]

家族[編集]

妻は慶應義塾大学文学部の同級生で、岳父は大岡山在住の医師(医学部教員)でカトリック信者[6]

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴[編集]

著作[編集]

文学[編集]

  • 『奇妙な廃墟―1945』〈もうひとつのフランス・別巻〉(国書刊行会、1989年) 
    • 『奇妙な廃墟―フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール』(ちくま学芸文庫、2002年)
  • 『日本の家郷』(新潮社、1993年/洋泉社MC新書、2009年)
  • 『甘美な人生』(新潮社、1995年/ちくま学芸文庫、2000年) 
  • 『保田與重郎と昭和の御代』(文藝春秋、1996年)
  • 『日本人の目玉』(新潮社、1998年/ちくま学芸文庫、2005年) 
  • 『南部の慰安―福田和也文芸評論集』(文藝春秋、1998年)
  • 作家の値うち』(飛鳥新社、2000年)
  • 『作家の値うちの使い方』(飛鳥新社、2000年) 
  • 『ろくでなしの歌―知られざる巨匠作家たちの素顔』(メディアファクトリー、2000年)
    • 『大作家“ろくでなし”列伝―名作99篇で読む大人の痛みと歓び』(ワニブックスPLUS新書、2009年)
  • 江藤淳という人』(新潮社、2000年)-回想・追悼文集
  • 『成熟への名作案内』(PHPエディターズ・グループ、2002年)
    • 『最も危険な名作案内―あなたの成熟を問う34冊の嗜み』(ワニブックスPLUS新書、2009年)
  • 『現代文学』(文藝春秋、2003年)
  • 『贅沢な読書』(光文社、2003年/ちくま文庫、2006年)
  • 『イデオロギーズ』(新潮社、2004年)
  • 『福田和也の「文章教室」』(講談社、2006年)
    • 『福田和也の超実践的「文章教室」―スゴ腕作家はなぜ魂を揺さぶる名文を書けたのか』(ワニブックスPLUS新書、2010年)
  • 『俺はあやまらない』(扶桑社、2007年)
  • 『アイポッドの後で、叙情詩を作ることは野蛮である。』(扶桑社、2010年)
  • 『アルエット・リミックス』(講談社、2010年)
  • 村上春樹 12の長編小説』(廣済堂出版、2012年)
  • 『病気と日本文学 近現代文学論集』(洋泉社新書y、2012年) 
  • 江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛』(廣済堂出版、2014年)
  • 山本周五郎で生きる悦びを知る』(PHP新書、2016年)

歴史[編集]

  • 『魂の昭和史 震えるような共感、それが歴史だ』(PHPソフトウェアグループ、1997年)
    • 『魂の昭和史 すべての日本人に感じてほしい』(小学館文庫、2002年) 
  • 『地ひらく-石原莞爾と昭和の夢』(文藝春秋、2001年/文春文庫(上下)、2004年) 
  • 『滴みちる刻きたれば-松下幸之助と日本資本主義の精神』(全4冊、PHP研究所、2001-2006年)
  • 『第二次大戦とは何だったか?-戦争の世紀とその指導者たち』(筑摩書房、2003年/ちくま文庫、2007年)
  • 乃木希典』(文藝春秋、2004年/文春文庫、2007年)
  • 山下奉文 昭和の悲劇』(文藝春秋、2004年/文春文庫、2008年)
  • 『旅のあとさき ナポレオンの見た夢』(講談社、2008年)
  • 『旅のあとさき 世界を盗もうとした男 イタリア・エジプト編』(講談社、2009年)
  • 『日本国怪物列伝』(角川春樹事務所、2009年/『怪物伝』 ハルキ文庫、2011年)-27名の列伝
  • 『教養としての歴史 日本の近代』(新潮新書(上下)、2008-09年)
  • 昭和天皇』(文藝春秋) 第1-2部 2008年、第3-6部 2009-2012年、第7部(完結篇) 2014年-順次文春文庫で再刊
  • 『悪と徳と 岸信介と未完の日本』(産経新聞出版、2012年/扶桑社文庫、2015年)
  • 『日本綺人物語』(廣済堂新書、2012年) 
  • 『二十世紀論』(文春新書、2013年)
  • 『其の一日 近代日本偉人伝』(新潮社、2013年)
  • 『大宰相・原敬』(PHP研究所、2013年)

社会政治[編集]

  • 『遥かなる日本ルネサンス』(文藝春秋、1991年)
  • 『「内なる近代」の超克』(PHP研究所、1993年)
    • 両書を併せ 『近代の拘束、日本の宿命』(文春文庫、1998年)
  • 『日本人であるということ』(高木書房、1994年/ハルキ文庫、1997年) 
  • 『なぜ日本人はかくも幼稚になったのか』(全4冊:角川春樹事務所、1996-1999年/ハルキ文庫、2000年)
  • 『この国の仇―「反論できない正論」を討つ』 (光文社、1998年)
  • 『日本クーデター計画』(文藝春秋、1999年)
  • 『「日本」を越えろ』(文藝春秋、1999年)
  • 『石原慎太郎の季節』(飛鳥新社、2001年)
  • 『日本国の後始末』(角川春樹事務所、2002年)
  • 『新・世界地図――直面する危機の正体』(光文社、2002年)
  • 『この国が待望する名宰相の条件 その品格と見識の研究』(祥伝社 2002年) 
    • 『宰相の条件 今、日本に必要な品格と見識』(黄金文庫 2006年)
  • 『総理の値打ち』(文藝春秋、2002年/文春文庫、2005年)
    • 『新版 総理の値打ち』(新潮新書、2016年8月)
  • 『いかにして日本国はかくもブザマになったか』(文藝春秋、2002年)
    • 『総理の資格』(文春文庫、2005年)
  • 『美智子皇后と雅子妃』(文春新書、2005年)
  • 『大丈夫な日本』(文春新書、2006年)
  • 『現代人は救われ得るか-平成の思想と文芸』(新潮社、2010年)

エッセイ[編集]

  • 『グロテスクな日本語』(洋泉社、1995年)
  • 『人でなし稼業』(新潮社、1996年/新潮文庫、1999年) 
  • 『価値ある人生のために』(飛鳥新社、1999年)
    • 『岐路に立つ君へ 価値ある人生のために』(小学館文庫、2002年)
  • 『罰あたりパラダイス』(扶桑社、1999年、完全版2003年)
  • 『喧嘩の火だね』(新潮社、1999年)
  • 『乃木坂血風録 人でなし稼業』(新潮社、2001年/新潮文庫、2003年) 
  • 『悪の対話術』(講談社現代新書、2000年)
  • 『悪の恋愛術』(講談社現代新書、2001年)
  • 『悪の読書術』(講談社現代新書、2003年)
  • 『贅沢入門』(PHPソフトウェア・グループ、2002年)
  • 『オバはん編集長でもわかる世界のオキテ』(新潮文庫、2002年)
  • 『超・偉人伝 カリスマたちは激しいのがお好き』(新潮文庫、2003年)
  • 『俗ニ生キ俗ニ死スベシ 俗生歳時記』(筑摩書房、2003年)
  • 『晴れ時々戦争いつも読書とシネマ』(新潮社、2004年)-「週刊新潮」に連載中のコラム。
  • 『闘う書評』(新潮社、2008年)-同上で主に「ですます調」での書評。
  • 『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』(PHPソフトウェア・グループ、2001年 / PHP文庫、2004年 / 改訂版・同ビジネス新書、2014年)
  • 『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法2』(PHPソフトウェア・グループ、2004年)-続編で主に電脳器具の応用法
  • 『俺の大東亜代理戦争』(角川春樹事務所、2005年/ハルキ文庫、2006年)
  • 『バカでもわかる思想入門』(新潮社、2006年)
  • 『悪女の美食術』(講談社、2006年/講談社文庫、2009年)
  • 『春樹さん、好きになってもいいですか。』(角川春樹事務所、2006年)
  • 『バカでもわかる戦争論』(新潮社、2007年)
  • 『東京の流儀 贅沢な街歩き』(光文社、2008年)
  • 『人間の器量』(新潮新書、2009年)
  • 『死ぬことを学ぶ』(新潮新書、2012年)
  • 『「贅」の研究』(講談社、2013年)

共著[編集]

  • 皆殺しブック・レヴュー かくも雅かな書評鼎談(佐藤亜紀松原隆一郎四谷ラウンド、1997年8月)
  • 皆殺し文芸批評 かくも厳かな文壇バトル・ロイヤル(柄谷行人絓秀実富岡幸一郎清水良典大杉重男島弘之東浩紀、四谷ラウンド、1998年6月)
  • 何が終わり、何が始まっているのか(山田太一、PHPソフトウェアグループ、1998年7月)
  • 世紀末新マンザイ パンク右翼VS.サヨク青二才(島田雅彦、文藝春秋、1998年8月)
  • 国家と戦争―─徹底討議(小林よしのり西部邁佐伯啓思、飛鳥新社、1999年5月)
  • 真剣勝負(前田日明草思社、1999年10月)
  • 憲法改正(中西輝政編、小林節櫻井よしこ長谷川三千子松本健一中央公論新社、2000年4月)
  • 最後の対話 ナショナリズムと戦後民主主義(大塚英志、PHP研究所、2001年12月)
  • 響くものと流れるもの─小説と批評の対話(柳美里、PHPソフトウェアグループ、2002年3月)
  • テロルと国家(佐伯啓思西部邁など、飛鳥新社、2002年4月)
  • 「愛国」問答――これは「ぷちナショナリズム」なのか(香山リカ、中公新書ラクレ、2003年5月)
  • 石原慎太郎「総理」を検証する 国民に「日本大乱」の覚悟はあるか(小学館、2003年4月)
  • 空間の行間(磯崎新、筑摩書房、2004年1月)
  • スーパーダイアローグ(対談集、リトルモア、2004年9月)
  • 暴論・これでいいのだ!(坪内祐三、扶桑社、2004年11月)
  • 皇室の本義 日本文明の核心とは何か(中西輝政、PHP研究所、2005年1月)
  • 闘牛島 徳之島(桑嶋維、平凡社、2005年4月)
  • 読んだ、飲んだ、論じた 鼎談書評二十三夜(鹿島茂、松原隆一郎、飛鳥新社、2005年12月)
  • あの戦争になぜ負けたのか(半藤一利中西輝政保阪正康、戸高一成、加藤陽子、文春新書、2006年5月)
  • 本日の論点 1(鹿島茂、松原隆一郎、飛鳥新社、2006年6月)、※本巻のみ刊
  • 正義はどこにも売ってない~世相放談70選~(坪内祐三、扶桑社、2008年3月)
  • 無礼講 酒気帯び時評55選(坪内祐三、扶桑社、2009年6月)
  • 男の教養―トンカツ放談(石丸元章、KKベストセラーズ、2010年10月)
  • 革命的飲酒主義宣言(坪内祐三/構成・石丸元章、扶桑社、2010年12月) 
  • 歴史からの伝言 "いま"をつくった日本近代史の思想と行動(加藤陽子佐藤優、 扶桑社新書、2012年3月)
  • 不謹慎 酒気帯び時評50選(坪内祐三、扶桑社、2012年7月)
  • 羊頭狗肉 飲んだくれ時評65選(坪内祐三、扶桑社、2014年8月)

連載[編集]

  • 昭和天皇-『文藝春秋』、第7部はウェブ版で連載完結。
  • 大宰相・原敬-『VOICE』、完結
  • 福田和也の闘う時評-『週刊新潮』
  • 人生の星の時間-『新潮45』
  • 世界大富豪列伝 蕩尽の快楽-『週刊現代』、2012年9月より新連載。「旅と書物と取材ノート」、「旅のあとさき ナポレオンの見た夢」
  • 私と美術-『ARTcollectors'』、2014年2月より新連載。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福田和也『悪の恋愛術』講談社講談社現代新書)、2001年8月、109頁。
  2. ^ 福田和也『悪の恋愛術』講談社(講談社現代新書)、2001年8月、67-68頁。
  3. ^ 『江藤淳という人』[要ページ番号]
  4. ^ 『戦争と国家』[要ページ番号]
  5. ^ 『福田和也と≪魔の思想≫』(2005)[要ページ番号]
  6. ^ 福田和也『悪の恋愛術』講談社(講談社現代新書)、2001年8月、110頁。

外部リンク[編集]