ブレーントラスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブレーントラストbrain trust)とは、政府政治家などの相談相手となって、各専門分野について助言する学識経験者[1]。私的な顧問や相談相手なども意味する。「ブレーン」「ブレイン」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

ブレーントラストは、政治家政府が、政策の立案・検討などのために相談役とする、学識経験者の集団。アメリカ合衆国の第32代大統領フランクリン・ルーズベルトニューディール政策を行った際、その政策の立案・遂行にあたった、バーナード・バルークを例とする顧問団の呼び名に由来する。転じて、政府や企業体の諮問機関や、政治家などの相談役をつとめる専門家などのグループや知能顧問を意味するようになった[1]

20世紀に入り、国家機能の拡大に伴い政府の業務も増大し、ルーズベルト大統領時代にニューディール政策、第2次世界大戦と、政府の機能は飛躍的に拡大し、大統領の強い政治指導が要請されるに至った。それに伴って分身ともいうべき側近が必要とされ、ルーズベルトの時代にはブレーントラストとしてスタッフ機能が強化された[2]

指導者が知恵袋であるブレーンの知恵を借りて行う政治をブレーン政治というが、日本では官僚首相のブレーンと呼ばれることもあるが、通常は官僚組織以外からの頭脳をブレーンと呼び習わしている。現在では指導者の政策助言者がブレーン、あるいはブレーン・トラストと呼ばれている[3]

日本では、内閣が対応すべき各種分野において優れた専門的知見を有する人材として首相が内閣官房参与を直接任命し、任じられた当人は首相の諮問に対して直接意見を言い、また情報提供や助言を行うことから、首相のブレーン的な存在である[4]

代表的な人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “ブレーントラストとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  2. ^ 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “ブレーン・トラストとは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  3. ^ 第2版, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “ブレーン政治とは” (日本語). コトバンク. 2021年8月17日閲覧。
  4. ^ 内閣官房参与とは マネー辞典m-Words

関連項目[編集]