瀬島龍三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬島 龍三
Sejimaryuzo01.jpg
生誕 1911年12月9日
日本の旗 日本 富山県西砺波郡松沢村
(現在の小矢部市
死没 2007年9月4日(満95歳没)
日本の旗 日本 東京都調布市
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1932 - 1945
最終階級 陸軍中佐
除隊後 実業家
テンプレートを表示

瀬島 龍三(せじま りゅうぞう、1911年12月9日 - 2007年9月4日)は、日本陸軍軍人実業家

大本営作戦参謀などを歴任し、最終階級陸軍中佐戦後伊藤忠商事会長中曽根康弘元首相の顧問など多くの要職に就任し、政治経済界に大きな影響力を持ち、「昭和の参謀」と呼ばれた[1]。号は「立峰」。

義父は岡田政権内閣総理大臣筆頭秘書官を務めた松尾伝蔵陸軍大佐)である[注釈 1]

生涯[編集]

初期[編集]

1911年12月9日、富山県西砺波郡松沢村鷲島(現在の小矢部市鷲島)の農家で村長の瀬島龍太郎の三男として生まれた[2]旧制富山県立砺波中学校陸軍幼年学校を経て、1932年陸軍士官学校(第44期)を次席(首席は原四郎)で卒業し、昭和天皇から恩賜の銀時計を受けた[2]。その後、富山歩兵第35連隊附の歩兵将校として従軍。その後は師団長の推薦により陸軍大学校(第51期)に入学、1938年12月8日に首席で卒業し、昭和天皇から恩賜の軍刀を受けた。御前講演のテーマは「日本武将ノ統帥ニ就テ」。

その後、1939年1月15日に関東軍隷下の第4師団参謀として満州へ赴任し、同年5月15日には第5軍司令官土肥原賢二陸軍中将)参謀となり、同年11月22日に大本営陸軍部幕僚附関東軍参謀本部部員となる。翌1940年には、大本営陸軍部作戦課に配属される。なお、この関東軍参謀時代に瀬島は対ソ示威演習である関東軍特種演習(関特演)の作戦担当として作戦立案にあたった。

太平洋戦争時[編集]

1941年7月に大本営陸軍部第1部第2課作戦班班長補佐となる。同年12月8日の大東亜戦争太平洋戦争)開戦以降、陸軍の主要な軍事作戦を作戦参謀として指導した。主任として担当したものを含めて、主なものは南方作戦におけるマレー作戦(E作戦)フィリピン作戦(M作戦)や、ガダルカナル撤収作戦ニューギニア作戦インパール作戦台湾沖航空戦捷一号作戦菊水作戦決号作戦対ソ防衛戦などであった。瀬島は特攻作戦である菊水作戦時、第6航空軍の作戦参謀として南九州の陸軍基地で勤務した。

1944年12月、単独でモスクワに2週間出張した。

1945年1月、島村矩康陸軍大佐/連合艦隊常勤参謀が戦死、その後任に瀬島が選ばれた[3]。2月25日、海軍連合艦隊参謀兼務となり、最終階級は陸軍中佐となった。6月末まで、同僚の千早正隆海軍参謀と共に本土決戦準備のため日本各地を調査している。特に、高知県沿岸を決号作戦における米軍の上陸予想地点として、第55軍の作戦指導に熱心に取り組んだ。瀬島は迫水久常鈴木貫太郎内閣内閣書記官長)と親戚であることを千早に打ち明け、迫水を通じて鈴木貫太郎首相に戦局の実情を訴えたという[4]

1945年7月1日、関東軍作戦参謀に任命され[2]、満州へ赴任。同年8月15日の日本の降伏後の8月19日、ジャリコーウォでソ連軍と停戦交渉を行う[5]。日本側の参加者は、関東軍参謀長秦彦三郎、瀬島作戦主任(中佐)、在ハルビン日本総領事宮川舩夫、ソ連側の参加者は、極東ソビエト赤軍総司令官アレクサンドル・ヴァシレフスキー元帥第一極東方面軍司令官キリル・メレツコフ元帥、同軍司令部軍事会議委員シュチコフ大将であった[5]。このとき瀬島は軍使として同地を訪れたため、内地に帰還することは可能であったが、同年9月5日、関東軍総司令官山田乙三陸軍大将総参謀長秦彦三郎陸軍中将らとともに捕虜となった。この交渉の際、日本人労力提供について密約が交わされたという説が刊行されたが、瀬島は否定している[5]

シベリア抑留[編集]

その後、瀬島はソ連シベリアへ11年間抑留されることとなる。このとき本来捕虜としての労働の義務のない将校であるにもかかわらず強制労働を強いられ、建築作業に従事させられた。後にこのときのことを諧謔として「佐官左官になった」と述懐している[注釈 2]

東京裁判証人として一時出廷[編集]

この間、連合国側から極東国際軍事裁判に証人として出廷することを命じられ、1946年9月17日に草場辰巳松村知勝とともにウラジオストクから空路東京へ護送され、訴追側証人として出廷した。ソ連側より日本への帰還の取引条件として極東国際軍事裁判で昭和天皇戦争責任証言するように求められるが断固拒否する。さらにソ連側は瀬島らに自分らの主張に沿った証言をさせようと家族との面会の話を持ち出したが瀬島はこれも断ったがソ連は家族の所在を突き止め強制的に面会を強要した。[6]

なお出廷に当たって瀬島は草場辰巳陸軍中将(関東軍鉄道司令官)、松村知勝陸軍少将(総参謀副長)と供述内容について事前に打ち合わせを行っている。その内容の例としては、ソ連側は1943年(昭和18年)以前の関東軍の攻勢作戦計画に日本の侵略意図があると解釈したが、作戦計画は有事の際の用兵作戦計画に過ぎず、天皇が関わる政策決定とは全く異なるという説明があり、その旨実際に証言を行っている[7]

裁判後シベリアに戻され昭和30年代に入るまで抑留生活を余儀なくされた。抑留中ソ連側の日本人捕虜に対する不当な扱いに対しては身を挺して抗議をしたため自身も危険な立場に立たされることもあった[8]1947年末から1950年4月までの間どこの収容所にいたかを語っておらず、モンゴルウランバートルにあった、第7006俘虜収容所に、朝枝繁春種村佐孝志位正二らとともに収容されていたとみられる[9][10]

伊藤忠商事時代[編集]

1956年、シベリア抑留から帰還した[2]アメリカ日本の警察などに依嘱して、舞鶴港で1週間にわたり拘禁尋問した[要出典]。設立直後の自衛隊に入るよう原四郎から再三の誘いを受けたが、瀬島の長女が反対したため断念した[11]

瀬島はシベリアからの復員兵の就職斡旋に奔走し、1958年伊藤忠商事に入社する。1960年、伊藤忠商事航空機部長[2]。入社3年目の1961年には業務本部長に抜擢され、翌1962年取締役業務本部長、半年後に常務となる。その後も、同社がかかわる様々な案件で重要な役割を果たし、1968年専務1972年副社長1977年副会長と昇進し、1978年には会長に就任した。1981年相談役1987年に特別顧問に就く。

この間、防衛庁防衛研究所の戦史叢書「大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯」の執筆協力[11]、1972年11月にはハーバード大学ジョン・F・ケネディー・スクール・オブ・ガバメントにて「一九三〇年代より大東亜戦争までの間、日本が歩んだ途の回顧」という講演を行った[2]田中角栄とは田中が1971年第3次佐藤栄作内閣時代の通産大臣だったとき知り合ったとされる[12]児玉誉士夫源田実に紹介され知り合ったといわれる[13]

実権のない伊藤忠会長だった1978年[12]永野重雄日本商工会議所会頭に請われ[12][14]、日本商工会議所特別顧問、東京商工会議所副会頭に抜擢される[15][16]。瀬島はそれまで財界活動はしていなかったが[14]、以後、財界活動を活発に行うようになり[14][16]、永野の参謀として太平洋経済協力委員会やASEANの民間経済会議などに出席した[12]。1981年、永野や鈴木善幸首相宮澤喜一福田赳夫、田中角栄らの推薦[12]、或いは永野と中曽根康弘行政管理庁長官から依頼を受け[12][14][16]第二次臨時行政調査会(土光臨調)委員に就く[12][14][16]土光敏夫会長のもとで参謀役として働き[14]、「臨調の官房長官」と称され[16]中曽根政権(1982年〜1987年)のブレーンとして[12]、政財界に影響力を持つようになった[16]。また、大韓民国軍事政権全斗煥盧泰愚等とは、両名と士官学校で同期の権翊鉉(クォン・イクヒョン、권익현[2]を通じて彼等が若手将校時代から親しく、金大中事件光州事件等内外の事情で日韓関係が悪化していた1980年代初頭の時期に、戦後初の公式訪問となった中曽根首相の訪韓実現や全斗煥大統領の来日や昭和天皇との会見の実現の裏舞台で奔走し、日韓関係の改善に動いた[2]

ソウル五輪開催の際にも影響力を行使し、当時有力視されていた名古屋市の招致に本腰を入れないよう要請していたとする説が複数の書籍で唱えられている[要出典]

1984年勲一等瑞宝章を受章。他にも亜細亜大学理事長、財団法人千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会会長、財団法人太平洋戦争戦没者慰霊協会名誉会長などの公職を歴任した。2000年に伊藤忠商事特別顧問を退任。

2007年(平成19年)春、入院中の瀬島は同台経済懇話会常任幹事野地二見に「安倍首相の『美しい国』づくりという提唱はとても良いことだと思っている。しかし具体的な政策を出さないと国民がついて行けない。ここで同台としての最後の御奉公として、骨太な柱となる具体的な提案をしたらどうだろう。皆の知識と経験を集結して、国民に判り易く、そして国際的にも日本の姿勢がアピール出来るようなテーマを考えてみたらどうか」といった[17]。こうして平成19年5月30日、同台経済懇話会会長として瀬島龍三は安倍首相に提出した提案書のなかで美しい国づくりの大テーマとして近未来を見据えた地球温暖化対策、クリーンエネルギーの増加、豊かな良い水を護ることを提案した[17]。クリーンエネルギー提案書では、10年間で風力と太陽光で電力の30%を達成するために、風力とソーラーの統合発電機構をつくり、関係産業各社と電力会社の協力を推進すること、太陽光ケーブルの大々的利用(重層利用、地下発電も可能となる)、ソーラー関係機器商品の開発奨励などを提案、森と水資源に関する提案書では、特に定年を迎えた元気なシルバー世代への啓発事業、保水と空気清浄の源となる里山の増加育成、湖沼・ダム・湾などの新しい装置・技術を活用した浄水事業を、山本卓眞富士通名誉会長)、山口信夫(旭化成会長)、下山敏郎(オリンパス最高顧問)、小長啓一(前アラビア石油会長)、中條高徳(アサヒビール特別顧問)、野地二見(元産経新聞取締役)、秋山智英(元林野庁長官)、鈴木正次(元日本弁理士協会会長)、南崎邦夫(石川島播磨重工副社長)、小野寺俊一(元港湾協会会長)、小野重典フジタ最高顧問)、植之原道行(元NEC副社長)、岸国平(農業研究センター所長)らと連名で提出した[17]

6月21日、妻の清子が老衰で90歳にて死去。それから3ヶ月足らず後の9月4日、妻を追うように老衰のため東京都調布市の私邸において95歳にて死去[2]。死後、従三位が贈られた。同年10月17日には、築地本願寺において、伊藤忠商事と亜細亜学園主催による合同葬が執り行われた。

軍歴[編集]

戦後の公職[編集]

発言[編集]

日下公人が瀬島龍三に開戦前夜の大本営について質問した。1941年11月26日にハル・ノートが出た頃、ドイツ軍の進撃がモスクワの前面50kmで停止し、大本営は「冬が明けて来年春になれば、また攻撃再開でモスクワは落ちる。」と考えていた。「本当に大本営はそう思っていたんですか?」と瀬島龍三に尋ねると「思っていた。」と。続けて「もしもドイツがこれでストップだと判断したら、それでも日本は12月8日の開戦をやりましたか?」と尋ねると、「日下さん、絶対そんなことはありません。私はあのとき、大本営の参謀本部の作戦課にいたけれど、ドイツの勝利が前提でみんな浮き足立ったのであって、ドイツ・ストップと聞いたなら全員『やめ』です。それでも日本だけやるという人なんかいません。その空気は、私はよく知っています。」と。[18]

晩年にフジテレビの番組『新・平成日本のよふけ』に出演し、自らの人生や日本のこれからについて滔々と語った。この中で太平洋戦争について、個々の局面においては判断ミスがあったことを認め、戦火の拡大、日本国民及び周辺諸国への被害の拡大、敗戦についての責任の一端は自分にあるとの発言をしたが、開戦については不可避であったとの認識を示した。

また、シベリア抑留について瀬島は「日本の軍人や民間人の帰国を規定したポツダム宣言(9条)違反であり、日ソ中立条約を破っての対日参戦とともに、スターリンの犯罪であった」と述べている。また、日独伊三国同盟の締結についても、「断じて実施すべきではなかった」と述懐している[19]

同台経済懇話会常任幹事野地二見には、「最期の最期まで国のために尽くせよ」と語った[17]

人物評価[編集]

阿南陸相の義弟で軍事課の竹下正彦中佐(42 期)によれば、瀬島の案文は手を入れる必要がないほど完璧で、無修正のまま班長、課長、部長、参謀総長の判子が押されたほどで、竹下は「瀬島君は作戦課の若手課員だったが、我々は陰で瀬島参謀総長と自嘲気味に呼んでいました」と語っている[11]。瀬島は「私は起案する前に上司の意図がどこにあるかをじっくり考え、私情を入れずに起案していたので、結果的にフリーパスになっただけですよ」と答えている[11]秦郁彦は、このような瀬島は同じ作戦課出身でも独断専行の横紙破りを重ねた辻政信(36 期)とは対照的としている[11]

終戦直前、瀬島と4ヶ月間行動を共にした千早正隆海軍中佐は「本当に心を打ち明けられた陸軍関係者は瀬島だけ」としているが、太平洋戦争における日本陸海軍の協力体勢についての瀬島の戦後証言には不満を述べている[20]

ソ連との関係[編集]

密約説[編集]

ソ連との停戦交渉時、瀬島が同行した日本側とソ連側との間で捕虜抑留についての密約(日本側が捕虜の抑留と使役を自ら申し出たという)が結ばれたとの疑惑が斎藤六郎全国抑留者補償協議会会長)らにより主張された。

瀬島は1996年の著書『幾山河』で「『密約説』を唱える人たちは、明確な根拠を示して欲しい」と述べている。また、瀬島は、停戦協定の際の極東ソ連軍総司令官アレクサンドル・ヴァシレフスキーと関東軍総参謀長秦彦三郎にはこのような密約を結ぶ権限がなかったと反論している[21]。またロシア側資料からそのような密約を証明できる証拠はペレストロイカの情報開示後も全く発見されてはいない[22][5]

2002年に政治学者田久保忠衛がモスクワのロシア国立社会政治史文書館で「国家防衛委員会決議No.9898CC「日本人捕虜五十万人の受入、収容、労働利用に関する決議」(1945年8月23日付)を確認し、このスターリンが自ら署名した文書に「労働のためにやって来る捕虜の受入、収容、労働利用の実施を行うよう次の人民委員に命ずる」と強制労働命令について明記してあり、この文書によって極東ソ連軍の権限でなくソ連中央政府からの命令であったことが判明しており、密約説は否定された[5]。この命令の当時の背景にはスターリンの北海道北半分の占領要求をアメリカが拒否していたことあったとみられている[5]

野地二見によれば、密約説とは、「瀬島ら関東軍参謀が天皇を助ける為のバーターとして一般市民を売ったと強制労働収容所の被害者に思い込ませ洗脳させるソ連の工作であった」と述べている[17]が、その根拠、証拠は示されていない。また、瀬島が著書『幾山河』の草稿を秦に依頼した際に、秦が瀬島に関する仮説に対する反論を注文したところ、瀬島は、「自身のための弁明はいさぎよしとしない」と抵抗したが、説き伏せ、シベリア抑留11年間の9つの収容所に滞在した期間の「抑留十一年の年譜」を作った[11]。秦はこの年譜をたどれば、スパイ訓練所は存在しないと証明でき、瀬島回想録の刊行後は「悪意ある流言」は消えうせたと述べた[11]

ソ連スパイ[編集]

1954年の「ラストボロフ事件」の際、ソビエト連邦代表部二等書記官だったユーリー・ラストヴォロフが亡命先のアメリカにおいて、瀬島を含む11人に「厳格にチェックされた共産主義者の軍人を教育した」「これらの人物は共産主義革命のため、モンゴルのウランバートルに存在した第7006俘虜所において特殊工作員として訓練された」と証言した(ほかには朝枝繁春志位正二種村佐孝平沢道則などの名前が挙げられた)[9][10]。このラストヴォロフの証言はアメリカやイギリスなどでも報道され、日本でもこの事件以降、瀬島をかくれ共産主義者で、ソ連工作員とみなす指摘や証言が松本清張[11]はじめ、多数ある[9][10]

元警察官僚で初代内閣安全室長の佐々淳行は、瀬島が東芝機械ココム違反事件において工作機器のソ連への売り込みに協力したことが判明したことを受けて、中曽根政権の官房長官で警察庁時代の上司の後藤田正晴に対して瀬島の取り調べを進言した際に、「警視庁外事課時代に「ラストボロフ事件」に絡んでKGBの監視対象を尾行している時、接触した日本人が瀬島であり、当時から瀬島がソ連のスパイであったことは警察庁内で公然たる事実であった」と報告した。報告を受けた後藤田が警視総監の鎌倉節にたずねると、鎌倉は「知らないほうがおかしいんで、みんな知ってますよ」と答えたという[23]。しかし瀬島が当時中曽根康弘のブレーンとして振る舞っていたために不問にされたと証言している[24]

また、ソ連の対日工作責任者であったイワン・コワレンコは「シベリア抑留中の瀬島龍三が日本人抑留者を前にして『天皇制打倒!日本共産党万歳!』と拳を突き上げながら絶叫していた」 と証言し、「瀬島氏はソ連のスパイではないのか」との問いには「それはトップシークレット」とのみ回答している[25]

「ワールド・インテリジェンス」誌の黒井文太郎は、コードネーム「クラスノフ」はKGB正式エージェントであるが「実名不記載。著名な財界人」として瀬島とは特定していない[26]が、國民新聞社の山田惠久によれば、1979年10月にレフチェンコ事件に関する記事によれば、レフチェンコはコード名「クラスノフ」の瀬島龍三と直接コンタクトを取ったことはないとしながらも、ソ連の対日工作責任者であったイワン・コワレンコと瀬島が深い仲だと証言している[27]

各説[編集]

参謀としての機密情報取り扱い[編集]

保阪正康は、台湾沖航空戦の戦果が極めて疑わしいという大本営情報参謀堀栄三陸軍少佐の報告を大本営参謀として握りつぶした可能性が極めて高いと指摘している[28]

また保阪は、関東軍がソ連によるシベリア抑留を了承していたかどうかなど、瀬島でないと答えられない疑問について何度聞いてもほとんど答えず史実に対して不誠実であったこと、しばしば自らを大物に見せるトリックを使い、たとえば山崎豊子の小説『不毛地帯』の主人公は実際には複数の人間を総合して造形したものであるのに、同作の影響によって瀬島だけがモデルであるとのイメージが世間に定着していったことを指摘している[29]

岡部伸は、ストックホルム駐在の小野寺信少将がつかみ東京に送った「ソ連はドイツの降伏より三ヶ月後に対日参戦する」という最重要情報が記された電報を、参謀本部作戦課の瀬島が握りつぶしたと主張[30]

野地二見は「瀬島を批判する評論家たちは、参謀本部での作戦計画は開戦から終戦まで、まるで瀬島が全て計画し、それが敗戦に導いたかのように思ったりしている。これこそが瀬島認識の根本的誤解であり、とんでもない瀬島大参謀神話の元になっている。これは陸軍の統帥の中枢である参謀本部の伝統、組織、能力、そして作戦・計画作成の実態について、あまりにも無知と言わねばならない。」と批判し、作戦課での瀬島は自ら計画を作り決定する立場ではなかったし、記録役という班長補佐役の仕事を通じて各作戦計画について知ることができたと述べている[17]

瀬島機関[編集]

伊藤忠商事では、帝国陸軍の参謀本部の組織をモデルにした、直属の部下を率いていた[31]。これは「瀬島機関」と呼ばれていた[31][32]が、瀬島自身は、マスコミの造語であるとしている[32]

昭和天皇との関係[編集]

田中清玄入江相政侍従長から直接聞いた話として、昭和天皇の以下の発言を載せている。曰く、「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵達を咎めるわけにはいかない。しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行っている者である。瀬島のような者がそれだ」[33]

一方、1979年、昭和天皇の孫・東久邇優子東久邇宮稔彦王第一王子盛厚王と昭和天皇長女東久邇成子の子)と伊藤忠商事社員との結婚式で、瀬島龍三夫妻が媒酌人として執り行われることとなった。それを受けて、スリランカ民主社会主義共和国大統領が来日しその歓迎晩餐会が宮中において催された際、宮殿の別室に於いて同じく招待を受けた瀬島龍三夫妻は昭和天皇に拝謁した。その席で「瀬島は戦前戦後と大変御苦労であった。これからも体に気をつけて国家、社会のために尽くすように。それから、今度世話になる東久邇の優子は私の孫である。小さいときに母(東久邇成子)と死に別れ、大変かわいそうな孫である。自分はこういう立場にいるので十分な面倒が見られず、長く心に懸かっていた。このたび立派に結婚することができ、自分も良子も大変喜んでいる。どうか宜しくお願い申し上げたい」という言葉を発し、瀬島夫妻に孫娘の結婚に際し御礼を述べた、と瀬島は自著などで自称しているが、この証拠はない。

昭和天皇の謦咳に接した瀬島は「陛下よりお言葉を賜った[要出典]ことで、積年の苦労が全て吹き飛んだ」と周囲の関係者に漏らしていたというが、このような言葉を昭和天皇から受けたという証拠はない。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『幾山河 瀬島龍三回想録』 産経新聞ニュースサービス、1995年ISBN 4-594-01809-2
  • 『祖国再生 : わが日本への提案』 PHP研究所、1997年、ISBN 4-569-55534-9
  • 『大東亜戦争の実相』 PHP研究所〈PHP文庫〉、2000年、ISBN 4-569-57427-0

共著[編集]

  • 「大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯[11]」全5巻、昭和48年〜昭和49年。防衛庁防衛研究所。
  • 『戦略なき国家に明日はない : 戦後50年の日本の検証と今後の行方を示唆』 加藤寛共著、日本政経文化社、1995年、ISBN 4-89041-264-6
  • 『91歳の人生論 : 「本分」を極める生き方とは?』 日野原重明共著、扶桑社、2003年、ISBN 4-594-04200-7
  • 『瀬島龍三 日本の証言 : 新・平成日本のよふけスペシャル』番組スタッフ編、フジテレビ出版、2003年、ISBN 4-594-03880-8

関連作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 松尾の長女清子が妻。
  2. ^ 瀬島は高橋ブリガードに配属されたが、特別の技術もなく何回か肺炎を患って体が衰弱していたので外での労働は無理との判断され班長の高橋重隆の配慮で左官の仕事が宛がわれた。瀬島龍三 2003『日本の証言』(フジテレビ出版)第4章。

脚注[編集]

  1. ^ ITmediaエグゼクティヴ「瀬島龍三氏、「マネジメントの真髄」を語る――メディア取材の最後の勇姿」2007年10月26日 11時00分 更新
  2. ^ a b c d e f g h i 日本戦略研究フォーラム『季報 瀬島龍三特集』平成20年,vol.36
  3. ^ #千早インタビューp.6
  4. ^ #千早インタビューp.7
  5. ^ a b c d e f 田久保忠衛「遺されたこころざし 滅私奉公」日本戦略研究フォーラム『季報 瀬島龍三特集』平成20年,vol.36,p21-22.
  6. ^ 瀬島龍三1995『幾山河』第3章。
  7. ^ 瀬島龍三 1995『幾山河』「東京裁判」、『極東国際軍事裁判速記録』(雄松堂1968)
  8. ^ 瀬島龍三 2003『日本の証言』(フジテレビ出版)第4章
  9. ^ a b c #沈黙のファイル
  10. ^ a b c #中川
  11. ^ a b c d e f g h i 秦郁彦「瀬島龍三の役割と責任」日本戦略研究フォーラム『季報 瀬島龍三特集』平成20年,vol.36,p18-20.
  12. ^ a b c d e f g h #保阪、207-215頁
  13. ^ #沈黙のファイル、47頁
  14. ^ a b c d e f #幾山河、351-353頁
  15. ^ 松井志郎 『五島昇 財界革新を狙う東急グループの総帥』 ぱる出版、1986年、223頁。
  16. ^ a b c d e f 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『瀬島龍三』 - コトバンク
  17. ^ a b c d e f 野地二見「遺されたこころざし」日本戦略研究フォーラム『季報 瀬島龍三特集』平成20年,vol.36,p23-25
  18. ^ #大東亜戦争、こうすれば勝てたp.195-196
  19. ^ 産経新聞』2007年9月5日8時3分配信
  20. ^ #千早インタビューp.8
  21. ^ 『日本の証言』フジテレビ出版
  22. ^ 瀬島龍三 2003『日本の証言』フジテレビ出版第4章
  23. ^ 「インテリジェンスのない国家は亡びる」(海竜社)
  24. ^ 「私を通り過ぎたスパイたち」P.177(文芸春秋)
  25. ^ 加藤昭の取材「瀬島龍三・シベリアの真実」『文藝春秋』1992年2月号(創刊70周年記念2月特別号)。
  26. ^ 「KGBの対日工作⑥ レフチェンコ・メモの中身」『国際情報誌『ワールド・インテリジェンス』(軍事研究別冊)編集長・黒井文太郎のブログ』2007/07/13(金) 08:58:35
  27. ^ 「コミンテルンに嵌められた大東亜戦争」第19130号 國民新聞 2007年12月25日(火曜日)
  28. ^ 『瀬島龍三―参謀の昭和史』
  29. ^ 『シベリア抑留から生還した黒幕「瀬島龍三」がフラれた「寂光院の女」』 週刊新潮 2011年2月24日創刊55周年記念特大号
  30. ^ 岡部伸「消えたヤルタ密約緊急電」新潮選書
  31. ^ a b 本誌秘蔵フィルムで綴る 20世紀の偉人列伝 第13回 瀬島龍三(1911年―2007年)”. 経済界. 2015年9月7日閲覧。
  32. ^ a b “インテリジェンスを軽視するな 故・瀬島龍三氏の情報力(2) | 東京レポート”. NETIBニュース (データ・マックス). (2007年12月26日). http://www.data-max.co.jp/2007/12/2_15.html 2015年9月7日閲覧。 
  33. ^ 田中清玄・大須賀瑞夫『田中清玄自伝』文藝春秋、1993年、ISBN 4-16-347550-8
  34. ^ 笠原和夫『映画はやくざなり』、p102。
  35. ^ 笠原和夫他『昭和の劇 映画脚本家 笠原和夫』、p422-424、454、455、489-491、506。
  36. ^ 幸田清『人生ちょっといい話』サンドケー出版局、1992年、p55-56、94-95。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
五島昇
亜細亜学園理事長
第4代:1983年(昭和58年) -
次代:
清水仁