左官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

左官(さかん)とは、建物の土塀などを、こてを使って塗り仕上げる職種のこと。「しゃかん」ともいう事もある[1]

概要[編集]

イギリスの左官職人

日本家屋の壁は、竹などを格子状に編んだ小舞下地(こまいしたじ)の両面に、(わら)を混ぜた土を塗り重ねる土壁、消石灰・麻等の繊維・糊でつくった漆喰が用いられるが、それらの仕上げに欠かせない職種であり、また、かつては土蔵の外壁やこて絵など、技術を芸術的領域にまで昇華させる入江長八等の職人も現れた。

明治以降に洋風建築が登場すると、ラス煉瓦そしてコンクリートモルタルを塗って仕上げるようになり、日本建築以外にも活躍の場が広がる。

昭和30年代~40年代の高度経済成長期には、鉄筋コンクリート構造(RC構造)の建物が大量に造られ、多くの左官職人が必要とされた。戸建住宅においても、当時の内壁は綿壁や繊維壁の塗り壁仕上げが多かった。またこの頃から浴室のタイル貼りなども行うようになった他、基礎工事、ブロック積み、コンクリート打設(打込み)時の床均しなど仕事内容も多様化していった。

しかし、その後、住宅様式の変化や建設工期の短縮化(左官が使う材料である土・漆喰・モルタルは、一般的に乾燥・硬化に時間が掛かる)の流れから、壁の仕上げには塗装やクロス等が増え、サイディングパネルや石膏ボード等 建材の乾式化が進んだ。また、ビルマンション工事では、コンクリートにモルタルを厚く塗らない工法に変わった事や、プレキャストコンクリート工法(工場であらかじめコンクリート製品を製作した後、現場へ運搬し設置する工法)の増加 等の要因により、塗り壁や左官工事が急速に減少、職人数も減り続けていた。

最近になり、漆喰珪藻土等の自然素材を使用した壁が見直されると共に、手仕事による仕上げの多様性や味わいを持つ、左官仕上げの良さが再認識されてきている。特に「和モダン」と呼ばれる、日本らしさと欧米のモダンスタイルを併せ持つ建築には、多彩な左官仕上げが使われる事が多い。

左官を大別すると、戸建住宅や寺社工事を専門とするものと、ビルやマンション工事を得意とするものに分けられる。後者の中からは近年、床仕上げ専門職(床下地のモルタル仕上げや床コンクリート直仕上げ等を行う)も現れている。

歴史[編集]

「左官」の語源は、宮中の営繕を行う職人に、土木部門を司る木工寮の属(さかん、四等官主典)として出入りを許したことから(『日本国語大辞典』他)というものが巷間に広く知られているが、建久元年(1190年)十月に東大寺の再建大仏殿の棟上のときに大工そのほかの職人が官位を受領しているが、そのとき壁塗が左官となったこと(『玉葉』)に基づいたものとする説(『国史大辞典』)もある。一方で、実際に「左官」として使われだしたのは桃山時代からという説[2]もあり、この場合、朝廷から、官位を直接受領したものではない可能性がある。

左官専門の職業能力開発校[編集]

左官専門の職業訓練認定職業訓練として行う職業能力開発校の例を以下に示す。その他は左官科建築関係の認定職業訓練施設一覧を参照。

  • 上内工業株式会社上内左官高等職業訓練校 (熊本県)
  • 株式会社イスルギ石川県知事認可事業所内職業訓練校
  • 愛知県左官高等職業訓練校(愛知県左官業協同組合)
  • 札幌左官高等職業訓練校(札幌市白石区)
  • 呉西左官高等職業訓練校 (富山県高岡市)
  • 大平工務店高等職業訓練校 (鹿児島県)
  • 福知山左官高等職業訓練校 (京都府福知山市)
  • 富山県左官高等職業訓練校 (富山県左官事業協同組合)
  • 下野工業高等職業訓練校 (山口県岩国市)
  • 鳥取県左官業協同組合鳥取県左官高等職業訓練校 (鳥取市)
  • 京都府左官技能専修学院 (京都府)
  • オオタ左官訓練センター (熊本県)
  • 永野工業能力開発研修センター (熊本県)
  • 有川工業株式会社有川工業訓練校
  • 京都府左官工業協同組合京都左官職業訓練校 (京都府)
  • 旭川左官高等職業訓練校
  • 米田左官技術専修職業訓練校 (東京都練馬区)

脚注[編集]

  1. ^ 語源由来辞典
  2. ^ 現代建築職人事典編集委員会「左官」『現代建築職人事典』工業調査会,p131

参考文献[編集]

  • 浅井賢治 他「左官「超実用」テクニック読本」『月刊「建築知識」』2001年9月号増刊,エクスナレッジ
  • 現代建築職人事典編集委員会「左官」『現代建築職人事典』工業調査会,pp131~139,ISBN 4-7693-3061-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]