鬼塚英昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おにづか ひであき
鬼塚 英昭
Gthumb.svg
生誕 (1938-01-06) 1938年1月6日
日本の旗 日本 大分県
死没 (2016-01-25) 2016年1月25日(満78歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 ?中学校
別府鶴見丘高等学校
中央大学(中退)
職業 竹細工職人、作家

鬼塚 英昭(おにづか ひであき、1938年1月6日 - [1]2016年1月25日)は日本のノンフィクション作家、竹細工職人、郷土史家。家業の傍ら、国内外のありとあらゆる関連書を渉猟・読破、関係者にも精力的に取材を重ね、郷土史家として私家版の歴史書を書き上げる。その読書量は膨大で、珈琲と焼酎をこよなく愛する[2]。 最近では、菊タブーや国際情勢についての著作を執筆している。

経歴[編集]

大分県別府市生まれ。大分県立別府鶴見丘高等学校卒業、上京し中央大学法学部に入学する。働きながら大学で学んでいたが学費が払えず中退。故郷の別府にて家業の竹細工職人となる[3]

2016年1月25日死去[4]。78歳没。

著書[編集]

  • 『海の門 別府劇場哀愁編』(2002年10月20日、自費出版)
  • 『石井一郎の生涯 別府劇場任侠編』(2003年3月、自費出版)
  • 『豊の国の竹の文化史』(2003年12月、自費出版)
  • 『天皇のロザリオ』上巻「日本キリスト教国化の策謀」(2006年7月8日、成甲書房ISBN 9784880862019
  • 『天皇のロザリオ』下巻「皇室に封印された聖書」(2006年7月8日、成甲書房)ISBN 9784880862002
  • 『日本のいちばん醜い日』(2007年7月21日、成甲書房)ISBN 9784880862163
  • 『日経新聞を死ぬまで読んでも解らない 金の値段の裏のウラ』 (2007年11月20日、成甲書房)ISBN 9784880862224
  • 『原爆の秘密』国内編「昭和天皇は知っていた」(2008年7月19日、成甲書房)ISBN 9784880862330
  • 『原爆の秘密』国外編「殺人兵器と狂気の錬金術」(2008年7月19日、成甲書房)ISBN 9784880862323
  • 『八百長恐慌!「サブプライム=国際ネズミ講」を仕掛けたのは誰だ』(2008年11月8日、成甲書房)ISBN 9784880862385
  • 『トヨタが消える日 利益2兆円企業・貪欲生産主義の末路』(2009年3月11、成甲書房)ISBN 9784880862439
  • 『ロスチャイルドと共産中国が2012年、世界マネー覇権を共有する』(2009年11月6日、成甲書房)ISBN 9784880862552
  • 『20世紀のファウスト』上巻「黒い貴族がつくる欺瞞の歴史」(2010年3月11日、成甲書房)ISBN 9784880862606
  • 『20世紀のファウスト』下巻「 美しい戦争に飢えた世界権力」(2010年3月11日、成甲書房)ISBN 9784880862613
  • 『金は暴落する!2011年の衝撃 ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く』(2010年8月21日、成甲書房)ISBN 9784880862668
  • 『黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア』(2011年5月21日、成甲書房)ISBN 9784880862774
  • 『鬼塚英昭が発見した日本の秘密』[DVD] (2011年7月15日、成甲書房)ISBN 9784880869018
  • 『世界最終恐慌への3000年史 時間とマネーを支配する怪物の正体』(2011年11月24日、成甲書房) ISBN 9784880862835
  • 『瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人』(2012年3月29日、成甲書房)ISBN 9784880862880
  • 『八百長クライシス』あらかじめ決められた恐慌(2012年8月22日、成甲書房)ISBN 9784880862927
  • 『日本の本当の黒幕』上巻 龍馬暗殺と明治維新の闇(2013年7月6日、成甲書房)ISBN 9784880863023
  • 白洲次郎の嘘』日本の属国化を背負った「売国者ジョン」(2013年12月10日、成甲書房)ISBN 9784880863092
  • 『海の門 別府劇場哀愁編』(2014年5月9日、成甲書房)ISBN 9784880863146
  • 『「反日」の秘密』朝鮮半島をめぐる巨大な謀略(2014年8月1日、成甲書房)ISBN 9784880863177
  • 『天皇種族・池田勇人』知るのは危険すぎる昭和史(2014年12月12日、成甲書房)ISBN 9784880863221

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 鬼塚英昭『海の門』に学ぶ 中川隆” (2014年6月8日). 2014年12月30日閲覧。
  2. ^ 天皇種族・池田勇人 - 鬼塚 英昭【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア” (2014年12月). 2014年12月30日閲覧。
  3. ^ 天皇のロザリオ 上 - 鬼塚 英昭【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア” (2006年7月). 2014年12月30日閲覧。
  4. ^ [1] 成甲書房 2016年7月8日閲覧
  5. ^ 苫米地英人博士と人気作家・鬼塚英昭がタブーを超えて語り合う 前” (2014年7月). 2014年12月30日閲覧。 - YouTube