矢部貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1954年

矢部 貞治(やべ ていじ[1]明治35年(1902年11月9日 - 昭和42年(1967年5月7日)は、日本政治学者評論家東京帝国大学法学部教授、拓殖大学総長などを歴任した。従三位勲一等政治学博士旧姓横山。

第二次世界大戦前・戦後を問わず現実政治への関与を行い、戦前は近衛文麿ブレーントラスト昭和研究会」に参加し、外交部会長を務めた。戦後では東大時代に指導した中曽根康弘の相談役であったことで知られる。中曽根は度々師であったと公言している。

自身の来歴から、近衛に関する多くの伝記研究を編纂執筆している。

政治史研究に関する一次史料として、矢部自身の日記が公刊されている。私蔵文書類は憲政記念館が所蔵していたが、現在は一部が政策研究大学院大学に移管され、整理・公開されている[2]。しかし、なお多数の重要な史料を憲政記念館がリザーブしており、遺族から史料の寄贈を受けたにもかかわらず未整理・非公開のままとなっている[3]

経歴[編集]

1902年11月9日鳥取県気高郡美穂村大字向国安(現在の鳥取市向国安)の農家に生まれる。のち、愛媛県今治市出身の司法官矢部安男の養子となる。旧制鳥取中学校旧制第一高等学校文科甲類を経て1926年3月東京帝国大学法学部政治学科を卒業、矢内原忠雄博士から教育者になることをすすめられ、政治学の創始者たる恩師小野塚喜平次博士に就いて政治学者への道を進むこととなる。

1928年 5月東京帝国大学法学部助教授1939年 8月東京帝国大学法学部教授1945年12月東大教授を依願免官。

1952年4月早稲田大学大学院講師1953年 10月選挙制度調査会委員。1955年3月拓殖大学総長兼教授。5月政府委嘱でイギリス出張。12月行政審議会委員。

1956年10月公安審査委員会委員。1957年7月憲法調査会副会長。1958年9月公安審査委員会委員再任。10月行政審議会委員再任。1959年4月中央教育審議会委員。10月選挙制度審議会委員。

1960年11月文部省東南アジア教育調査団長として東南アジア4か国出張(-12月)。1961年1月憲法調査会海外調査団長として北中南米7か国に出張(-3月)。1962年7月公安審査委員会委員再々任。1964年6月拓殖大学総長辞任。爾来政治評論家として活躍。1967年5月7日急逝。従三位勲一等瑞宝章を叙授される。

人物像[編集]

鳥取中学に入った頃は、横山姓を名乗った。あまり豊かでない小百姓の倅(せがれ)で、八キロばかりの道を夏も冬も歩いて通った。痩せ型のひ弱そうな少年だったが、一年二年経つうちにすっかり頑丈な躰になった。二年の終わり頃であったか、林重浩校長の世話で矢部判事養子に入った。家つきの娘さんが今日の未亡人である。四年生の時、初めて四年終了で高校に受験できるようになり、かれは一高に受験したが、その時は不幸失敗して翌年一高に入った。
矢部の生涯は、たくまずして政治評論家を終着点とするようにできていた。天の与えた使命であったというべきであろう。彼は、少々頑固でわがままなところがあったが、それだからこそ自らを守り、外れることがなかったのである。少々きびしかったがよい友人であり、よい社会人であった。彼は他人や社会人に対し尽くすべきことは尽くし、いささかも怠っていない。また家庭人としても、なすべきことはすべてなし終わらせた。何一つ、後顧の憂いは残らなかったと思う。彼はもっているすべての力を発揮した。
しかし彼は分を守り、無理をしなかった。一つの失策もなく、鮮かにまとまった人生である。百姓の小倅(こせがれ)がここまで立派な人生を築きあげたことは、単なる偶然ではなく、実に彼の学問と知性と合理主義の賜であったと思う。学ぶべきである」という[5]

著書[編集]

  • 『新秩序の研究』(弘文堂書房, 1945年)
  • 『民主政機構の基礎原理』(弘文堂書房, 1947年、改訂版1949年)
  • 『政治学』(海口書店, 1947年)
  • 『政治学』(勁草書房, 1949年、新版1981年)
  • 『民主主義の本質と価値』(弘文堂, 1949年)
  • 『民主主義の原理』(立花書房, 1949年)
  • 『民主主義と警察』(立花書房, 1950年)
  • 『政治学入門』(弘文堂, 1951年/講談社学術文庫, 1977年)
  • 『近衛文麿 (上・下)』(近衛文麿伝記編纂刊行会編, 弘文堂, 1952年)
    • 読売新聞社, 1976年/復刻「歴代総理大臣伝記叢書 第25巻」, ゆまに書房, 2006年
  • 『民主主義の基本問題』(弘文堂, 1954年)
  • 『憲法改正問答――なぜ憲法は改正せねばならぬか』(総合文化社, 1956年)
  • 『近衛文麿』(時事通信社, 1958年、復刊1967年/新装版・同「日本宰相列伝」, 1986年/光人社NF文庫, 1993年)
  • 『日本政治の反省』(鹿島研究所出版会, 1959年)
  • 『民主社会を支えるもの』(鹿島研究所出版会, 1963年)
  • 『日本に遺す』(鹿島研究所出版会, 1968年)
  • 『矢部貞治日記』(矢部日記刊行会編, 読売新聞社, 1974-75年)
    • 『銀杏の巻(昭和12年5月28日-昭和20年12月31日)』
    • 『欅の巻(昭和21年1月1日-昭和29年12月31日)』
    • 『紅葉の巻(昭和30年1月1日-昭和35年12月31日)』
    • 『躑躅の巻(昭和36年1月1日-昭和42年5月4日)』
  • 『政治・民族・国家の話』(講談社学術文庫, 1980年)

編著[編集]

  • 『曲がり角にきた社会党』(新紀元社, 1957年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • オットー・ケルロイター 『ナチス・ドイツ憲法論』(岩波書店, 1939年)
  • ハンス・ケルゼン 『ボルシェヴィズムの政治学的批判』(労働文化社, 1950年)
  • ウォルター・リップマン 『公共の哲学』(時事通信社, 1957年)
  • ヒュー・ゲイツケル 『「共存」を挑まれて――イギリスの立場』(時事通信社, 1958年)
  • ウォルター・リップマン、クリントン・ロシター/J.レーア編 『リップマンの真髄――自由民主主義のための政治哲学 (全4冊)』(時事通信社, 1965年)
  • フレデリック・M・ワトキンス『イデオロギーの時代――1750年から現在に至る政治思想』(時事通信社, 1967年)

脚注[編集]

  1. ^ 名前の読みは「さだじ」だが、晩年自ら「ていじ」と称する。
  2. ^ 「矢部貞治関係文書目録一覧」http://www.grips.ac.jp/main/lib/pdf/yabemokuroku_web.htm
  3. ^ 科学研究費成果報告書 「近現代日本の政策史料収集と情報公開調査を踏まえた政策史研究の再構築」(基盤研究(B)(1)、代表者伊藤隆平成 15・16 年度、代表者伊藤隆、課題番号:15330024)伊藤隆氏談話(2005年1月11日)、http://kins.jp/pdf/59ito_t.pdf
  4. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ヤ…400頁より
  5. ^ 『鳥取県百傑伝』より

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ヤ…400頁
  • 『鳥取県百傑伝』 1970年 131-136頁

関連人物[編集]

外部リンク[編集]


先代:
八田嘉明
拓殖大学総長
第10代: 1955年 - 1964年
次代:
安東義良