伊藤哲夫 (政治活動家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤 哲夫(いとう てつお、1947年9月23日[1] - )は、日本の政治アナリスト、評論家。日本政策研究センター代表。日本会議常任理事(政策委員)[2][3][4]日本李登輝友の会常務理事[2]

略歴[編集]

新潟県上越市生まれ[1]新潟大学人文学部卒業[2]。1984年、シンクタンク「日本政策研究センター」を設立[2]日本会議常任理事を務める[2][4]。政策立案・政策提言、政治評論の執筆および講演活動や地方議員勉強会等を行っている[2]。1996年には、選択的夫婦別姓制度導入に反対する「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民委員会」の呼びかけ人を務めている[5]

日本政策研究センター[編集]

「『国家の精神的基礎』ということに焦点をあてた研究を行い、そこから政策提言を、というのがその頃のわれわれが描いた当面の目標」としている[6]。また、「次から次へとモグラたたきのように生起する左翼勢力の仕掛けに、受動的・後追い的に振り回されるのではなく、むしろこちらから攻勢的に戦いを仕掛けるべき時にきているのではないか」という認識から「保守革命」を目指し、特に、歴史認識、従軍慰安婦、選択的夫婦別姓反対、反ジェンダーフリーを重要な論点であるとしている[6]

育鵬社教科書採択運動のための「教科書改善と特別基金」の募金に協力している[7]

文藝春秋コラム「赤坂太郎」で、日本政策研究センターを「安倍晋三の有力なブレーンとなっている右派のシンクタンク」としている[8]

人物[編集]

  • 東京新聞によると、自民党の国会議員と連携して活動していると報じられており[9]安倍晋三のブレーンの一人として報道されている[9][3]
  • 朝日新聞によると、冷戦下で反共路線をとっていた頃の宗教法人生長の家で学生運動[10]、大学の自治会掌握をめざす行動に参加していたとされる[11]。『理想世界』によると、同宗教法人の青年会中央教育宣伝部長などを務めたとされる[12]

著作[編集]

  • 『経済大国と天皇制――国家の精神的基盤とは何か』(オーエス出版, 1987年) ISBN 4871902501
  • 『天皇即位と大嘗祭――憲法第一条・もう一つの読み方』 (オーエス出版, 1989年) ISBN 4-87190-263-3
  • 『憲法はかくして作られた』(日本政策研究センター, 1999年) ISBN 978-4-902373-21-9
    • なお、本書の内容は、1980年に宗教法人生長の家の本部政治局が出版した「『憲法はかくして作られた』、生長の家本部政治局(編)、明るい日本を作るシリーズ刊行会、1980年11月」と全く同じである[13]
  • 『憲法かく論ずべし――国のかたち 憲法の思想』 (日本政策研究センター, 2000年) ISBN 4-88471-201-3
  • 『憲法神話の呪縛を超えて』 (日本政策研究センター, 2004年) ISBN 4-902373-05-X
  • 『美しい国再生への提言――地方経済・農林業の「グリーン化」が日本を救う』 (日本政策研究センター, 2009年) ISBN 978-4-902373-27-1
  • 『国家なき日本を問い直す』 (日本政策研究センター, 2011年) ISBN 978-4-902373-36-3
  • 『教育勅語の真実』(致知出版社, 2011年)ISBN 978-488474939-2
  • 『日本国家の「かたち」を考える』 (日本政策研究センター, 2012年) ISBN 978-4-902373-42-4
  • 『明治憲法の真実』(致知出版社, 2013年)ISBN 978-480091003-5

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.299
  2. ^ a b c d e f 代表者のプロフィール(日本政策研究センター)
  3. ^ a b “日本会議研究 憲法編 下 家族尊重 条文明記を主張”. 朝日新聞: p. 朝刊14版 3面. (2016年3月25日) 
  4. ^ a b 「安倍政権を完全支配する『日本会議』の正体」、フライデー、2014年8月22・29日号
  5. ^ 「日本会議、夫婦別姓に反対 『タテの流れから遮断』」、朝日新聞、2016年6月19日。
  6. ^ a b 「明日への選択」平成16年(2004年)5月号
  7. ^ 「ご協力者御芳名」、『教育再生』、日本教育再生機構、2015年9月号
  8. ^ 「安倍政権の命運を握る『新・四人組』」、文藝春秋、2013年1月10日
  9. ^ a b 竹内洋一、山川剛史 (2006年9月9日). “「安倍氏ブレーン」どんな人?靖国、拉致、教育問題…”. 東京新聞 
  10. ^ “日本会議研究 家族編 上 「親学」にじむ憲法観」”. 朝日新聞. (2016年6月17日) 
  11. ^ 藤生明 (2016年11月9日). “日本会議をたどって 2 民族派で自治会を握る”. 朝日新聞 
  12. ^ 『理想世界』昭和51年(1976年)11月号
  13. ^ 「憲法はかくして作られた」、生長の家本部政治局(編)、明るい日本を作るシリーズ刊行会、1980年11月。

外部リンク[編集]