吉田和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 和男
(よしだ かずお)
生誕 (1948-01-10) 1948年1月10日(69歳)
日本の旗 日本大阪府池田市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 経済学
研究機関 京都産業大学
出身校 京都大学学士工学博士経済学博士
博士課程
指導教員
坂爪聡子
他の指導教員 遊喜一洋
島義博
プロジェクト:人物伝
吉田和男
研究分野 数理経済学
公共経済学
テンプレートを表示

吉田 和男(よしだ かずお、1948年1月10日 - )は、日本経済学者、元財務官僚京都産業大学教授。 専門は、数理経済学公共経済学財政学非線形経済学日本経済論、日本財政論、複雑系経済学進化経済学ベンチャー経済論、IT経済論、憲法学陽明学哲学など、幅広い分野を研究している。小泉内閣時には竹中平蔵の盟友として活躍した。京都大学経営管理大学院(ビジネススクール)の設立に寄与し初代院長を務めた。大阪府池田市出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

社会的活動[編集]

大蔵省同期[編集]

活躍[編集]

啓蒙活動も積極的に行い、非常に多くの著書を出版している。保守的な思想で知られ、新しい歴史教科書をつくる会の賛同者の一人でもある。現在の日本社会を"精神なき社会"として批判し、1996年からは全人格的教育の場として、『伝習録』の読解などを行う陽明学の私塾「桜下塾」を主催する。その他学会役員や政府委員などを多数務める。

関西ベンチャーキャピタルや21世紀日本フォーラムの設立にも携わる。

2002年京都府知事選では京都商工会議所などが擁立に向け動いたが、結局桜下塾にて会見を開き、出馬断念を発表した。背景に、府会自民党が推薦候補をめぐって分裂しかけたことがある。

政治家では、野中広務(京都府知事選の推薦者)・伊吹文明(旧大蔵省出身)・前原誠司などと親交がある。

逸話[編集]

酒豪として有名であるが最近はほどほどに控えている。京都大学での学生時代は工学部のゼミナールでもいかに本州四国連絡橋の合理的なルートを算出するかという国からの依頼研究に取り組んでいたという。

経済学、工学に加え、法学の博士号を取得する予定であったが、高坂正堯の死により史上初の「3博士号取得」は実現しなかった。博士論文になる予定だった内容は、『安全保障の経済学』に集約されているという。

教育[編集]

京都大学経済学部において、学部ゼミナールでは、2回生で哲学を題材にしていた。カントショウペンハウエルなどを題材にして、旧制高校の教養教育の意義を説く。3・4回生では、分野を問わず最先端の経済学を学ぶ。そのほか、官庁や企業の見学や、法政大学黒川和美ゼミ、大阪大学山内直人ゼミとのディベートを行っていた。 京都大学退官に伴い、吉田がかつて担当していた講義の一部(公共政策論)を敦賀貴之が受け継いでいる。数理経済学序論については、2013年12月現在担当教員はいない。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の財政金融政策――構造変化と新たな選択』(東洋経済新報社, 1980年)
  • 『現代日本10の選択――経済・財政・防衛・福祉を考える』(東洋経済新報社, 1981年)
  • 『財政赤字の経済学』(東洋経済新報社, 1983年)
  • 『日本経済の活力と企業行動――企業活動最適化の研究』(東洋経済新報社, 1985年)
  • 『日本経済のダイナミズム――転換期の対応を探る』(日本経済新聞社, 1986年)
  • 『金融・財政の変革を読む』(東洋経済新報社, 1986年)
  • 『踊り場の日本経済――真の実力は、そして選択すべき道は?』(PHP研究所, 1988年)
  • 『なぜ消費税か――税制改正論議への指針』(大蔵省印刷局, 1988年)
  • 『マクロから見た日本経済――現実を視点としたマクロ経済学入門』(日本評論社, 1989年)
  • 『入門現代日本財政論――公共部門の現実と理論』(有斐閣, 1991年)
  • 『冷戦後の世界政治経済――覇権システムから多極的協調システムへ』(有斐閣, 1992年)
  • 『日本型経営システムの功罪』(東洋経済新報社, 1993年)
  • 『経済学に最低限必要な数学――直観による理解』(日本評論社, 1993年)
  • 『システム摩擦――国境を持つ資本主義』(日本評論社, 1993年)
  • 『官僚集権からの脱出』(読売新聞社, 1993年)
  • 『ものの見方・欧米と日本』(同文書院, 1994年)
  • 『平成の改新――政治・経済のシステム疲労をどう打破するか』(読売新聞社, 1994年)
  • 『日本型銀行経営の罪――金融危機の本質は何か』(東洋経済新報社, 1994年)
  • 『日本財政論――数理財政学序説』(京都大学学術出版会, 1995年)
  • 『行革と規制緩和の経済学』(講談社[講談社現代新書], 1995年)
  • 『憲法改正論――21世紀の繁栄のために』(PHP研究所, 1996年)
  • 『超円高時代の経済学――戦略的政策から選択的政策へ』(中央公論社[中公新書], 1996年)
  • 『安全保障の経済分析――経済力と軍事力の国際均衡』(日本経済新聞社, 1996年)
  • 『解明日本型経営システム――日本経済を分析する新しい経済学への挑戦』(東洋経済新報社, 1996年)
  • 『日米「不公平」論――どちらの社会システムが悪いのか』(三田出版会, 1996年)
  • 『破綻する日本財政――なぜ財政構造改革が必要か』(大蔵財務協会, 1997年)
  • 『複雑系思考法――不可思議を解明する「知」の暗号かぎ』(イースト・プレス, 1997年)
  • 『複雑系としての日本型システム――新しい社会科学のパラダイムを求めて』(読売新聞社, 1997年)
  • 『官僚崩壊――新しい官僚像を求めて』(日本評論社, 1997年)
  • 『これでいいのか省庁再編』(読売新聞社, 1998年)
  • 『金融津波――大打撃の日本経済』(PHP研究所, 1998年)
  • 『財政改革が日本を救う――高負担社会からの脱却』(日本経済新聞社, 1998年)
  • 『平成不況10年史』(PHP研究所[PHP新書], 1998年)
  • 『地方分権のための地方財政改革』(有斐閣, 1998年)
  • 『ベンチャー・ビジネスは日本の救世主だ――限界にきた日本型経営システム』(東洋経済新報社, 1998年)
  • 『桜の下の陽明学――現代を生きる実践行動学として』(清流出版, 1999年)
  • 『銀行再編のビジョン』(日本評論社, 2000年)
  • 『21世紀日本のための税制改正――所得税の改革』(大蔵財務協会, 2000年)
  • 『21世紀の日本経済――情報通信革命が変える日本経済』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2000年)
  • 『日本経済再建――「国民の痛み」はどうなる』(講談社[講談社+α新書], 2001年)
  • 『21世紀日本のための税制改正――間接税・消費課税の改革』(大蔵財務協会, 2001年)
  • 『IT経済学入門――IT革命とは経済システム革命である』(有斐閣, 2002年)
  • 『日本人の心を育てた陽明学――現代人は陽明学から何を学ぶべきか』(恒星出版, 2002年)
  • 『日本再生・四つの革命――アメリカに学ぶべきこと、学ぶべきでないこと』(PHP新書, 2003年)
  • 『現代に甦る陽明学――『伝習録』(巻の上)を読む 桜下塾講義録』(麗澤大学出版会, 2006年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『阪神復興――被災地発21世紀の都市再生論』(PHP研究所, 1996年)
  • 『金融改革と日本経済――ビッグバンによる日本経済の再生』(生産性出版, 1998年)
  • 『21世紀日本をどうするか――新たな日本の建設への提言』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2001年)
  • 『日本経済再生の条件』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2002年)
  • 『複雑系経済学へのアプローチ』(東洋経済新報社, 2002年)

共編著[編集]

  • 高坂正堯)『冷戦後の政治経済――座標軸なき時代の論点を読む』(PHP研究所, 1995年)
  • (井堀利宏・瀬島誠)『地球秩序のシミュレーション分析――グローバル公共財学の構築に向けて』(日本評論社、2009年)

訳書[編集]

  • O・シャイ『ネットワーク産業の経済学』(シュプリンガー・フェアラーク東京, 2003年)
  • ポール・クルーグマン『国際経済学』(エコノミスト社, 2003年)

外部リンク[編集]