伊吹文明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
伊吹 文明
いぶき ぶんめい
生年月日 1938年1月9日(78歳)
出生地 日本の旗 日本 京都市下京区
出身校 京都大学経済学部
前職 国家公務員大蔵省
所属政党 自由民主党二階派
称号 経済学士
公式サイト いぶき文明公式ウェブサイト

日本の旗 第74代 衆議院議長
在任期間 2012年12月26日 - 2014年11月21日
天皇 今上天皇(明仁)

選挙区 旧京都1区→)
京都1区→)
比例近畿ブロック→)
京都1区
当選回数 11回
在任期間 1983年12月19日 - 現職

日本の旗 第9代 財務大臣
内閣 福田康夫改造内閣
在任期間 2008年8月2日 - 2008年9月24日

内閣 第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
在任期間 2006年9月26日 - 2007年9月26日

内閣 第2次森改造内閣(中央省庁再編前)
第2次森改造内閣(中央省庁再編後)
在任期間 2000年12月5日 - 2001年4月26日

その他の職歴
日本の旗 第64代 労働大臣
第2次橋本改造内閣

1997年9月11日 - 1998年7月30日
テンプレートを表示

伊吹 文明(いぶき ぶんめい、1938年昭和13年〉1月9日 - )は、日本政治家大蔵官僚自由民主党所属の衆議院議員(11期)。

文部科学大臣第8代)、財務大臣第9代)、労働大臣第64代)、国家公安委員会委員長(第6667代)、防災担当大臣初代)、自由民主党幹事長(第41代)、志帥会会長(第4代)、衆議院議長(第74代)などを歴任した。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

京都府京都市下京区に生まれる[2]。生家は文久年間に創業した室町の繊維問屋・伊吹株式会社[2]で、現在も室町で営業している[2]。御室小学校、同志社中学校京都府立嵯峨野高等学校を経て京都大学経済学部卒業[2]。京大在学中はテニス部に所属した[2]

大蔵官僚[編集]

大蔵省入省。入省同期に篠沢恭助千野忠男らがいる。外務省在イギリス大使館二等書記官、国際金融局国際機構課長補佐、主計局主計官補佐、理財局国庫課長などを歴任[2]。大蔵大臣秘書官を最後に退官[2]

衆議院議員[編集]

1983年第37回衆議院議員総選挙田中伊三次の後継者として旧京都1区から自民党より出馬し初当選。以後連続10期当選。初当選後、秘書として仕えた渡辺美智雄が所属していた中曽根派には加わらず、1990年に中曽根派が渡辺派に代替わりするまでは無派閥を通した[要出典]。3選し、伊吹が渡辺派に加入した直後に発足した第2次海部内閣では厚生政務次官就任を希望したが、リクルート事件に伊吹が少なからず関与していたため、同年暮れの第2次海部改造内閣の発足まで10か月ほど就任を留保された[要出典]

1994年6月30日首班指名選挙で自民党・社会党新党さきがけの新連立与党3党は日本社会党委員長村山富市に投票することで合意したが、元首相の中曽根康弘らと共に造反。新生党など旧連立与党が擁立した、直前に自民党を離党した元首相の海部俊樹に投票した。同年10月、衆議院文教委員長に就任。1996年第41回衆議院議員総選挙では京都1区で当選したものの、日本共産党穀田恵二に2600票差まで猛追され苦戦した。

労働大臣・国家公安委員長[編集]

1997年9月11日第2次橋本改造内閣労働大臣に任命され、初入閣。2000年第42回衆議院議員総選挙では公明党の支援も受けて再選した(穀田も比例復活)。12月には第2次森改造内閣国家公安委員会委員長に任命された。また、2000年4月に開校したきょうと青年政治大学校初代校長に就任[要出典]

2005年12月、会長の亀井静香が離党したことで空席となっていた志帥会の会長に就任。2006年3月、衆議院行政改革に関する特別委員長に就任した。

文部科学大臣[編集]

同年9月26日安倍内閣文部科学大臣に就任。安倍改造内閣でも留任。

11月17日、学校におけるいじめを原因とした自殺の多発が問題となったことを受け、緊急アピール「文部科学大臣からのお願い」[3]を発し、全国の児童生徒、及びその保護者らに配布した。

12月15日教育基本法改正案の審議に絡み、民主社民・共産・国民新野党4党から参議院問責決議案を提出されたが、反対多数で否決された。

自民党幹事長・財務大臣[編集]

2007年同年9月24日福田康夫の元、自民党幹事長に就任[4]2008年8月2日発足の福田康夫改造内閣では財務大臣に任命された。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では京都1区から立候補するも、民主党平智之に敗北。重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、9選。

11月12日の伊吹派の会合で民主党政権による行政刷新会議の事業仕分けについて、「公の場で、悪代官をみんなで懲らしめる絵を作ろうとした知恵者は大したものだ」と述べつつも、「民主党の価値観で無駄か無駄でないかを判断するのは乱暴だ」と仕分けのあり方に苦言を呈し[5]、自身の大蔵官僚時代の経験を振り返って「昔の評判の悪い主計官だって、あんな態度はとらなかった」と仕分けチームの高圧的な姿勢に疑問を呈した[6]

衆議院議長[編集]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では京都1区で10選。12月26日、第74代衆議院議長に就任。それに伴い、志帥会会長を退任する(後任は二階俊博)。2014年11月21日衆議院解散により議長を退任。衆議院議長が解散詔書を読み上げる際、御名御璽以下を読まないのが慣例となっていたが、伊吹は慣例に反して読み上げた[7]。このとき「御名…」と言いかけたところで議場から万歳が起こったため、静まったところで改めて詔書を最後まで読み上げた後、万歳を先にやった議員に「万歳はここでやってください!」と窘めた[8]

同年12月14日第47回衆議院議員総選挙では京都1区で11選。

2015年6月1日、後任の衆議院議長である町村信孝が死去した際には当選同期である伊吹が町村への追悼演説を行った[要出典]

政策[編集]

発言[編集]

  • 衆議院議長就任後の2013年2月9日、自民党岐阜県連主催で開催された政治塾において、スポーツ指導や教育現場における体罰について、「体罰を全否定していては教育などできない」「何のために体罰を加えるのかという原点がしっかりしていない。立派な人になってほしいという愛情をもって体罰を加えているのか、判然としない人が多い」と発言した[12]

献金[編集]

不祥事[編集]

違法寄附金受領問題[編集]

伊吹の秘書が代表を務める自由民主党京都府明風支部が、京都ホテルから2003-2006年の4年間に渡り寄附金を受け取っていたことが発覚した。京都ホテルは10年超に渡って累積赤字を抱えており、京都ホテルの寄附は政治資金規正法第22条の4に違反すると指摘された[16]

京都ホテル総務部部長は「年会費として支出しており、寄付という認識がなかった。今後は管理部門が精査する社内体制を築き、認識の違いが起こらないようにしたい」[17]と謝罪している。伊吹の事務所は「欠損があるとは全く知らなかった」[17]と釈明している。

事務所費[編集]

2007年1月10日に彼の資金管理団体「明風会」が、賃貸料がかからない議員会館を事務所にしながら、年間約4000万円を事務所費として政治資金収支報告書に記載していたと一部で報道された。また、一部の資金を交通費・飲食費などにも流用していた。

秘書官は「飲食を含む会合費としても300万~400万円かかっているし、夫人や秘書の京都との往復交通費もかかる。事務所が議員会館だけでなく京都にも存在している」と説明している。また、彼が代表を務める「構造改革研究会」も政治活動が乏しいのに事務所費を支出したと報道された。

1月12日深夜、自身が記者会見に応じ「(会員の国会議員間の)勉強会はやめたが、相互の親睦をやっている」と不正支出疑惑を否定した。「(領収書の必要な)政治活動費に入れるべきだという考えはあるが、冠婚葬祭費など領収書が取れないので事務所費に入れた。総務省と議論してきたうえでのことだ」と資金の正当性を改めて強調した[18]

収支報告書誤記載[編集]

2007年2月20日、『読売新聞』の調査で、2005年衆議院議員総選挙における伊吹の選挙運動費用収支報告書に、実際の収支と異なる記述をしていた事実が発覚した。

選挙運動費用に200万円超の残金が出たため資金管理団体に戻した際、パーティー券収入として記載していた。伊吹は「恥ずかしい話だが、担当者の勘違いがあった」[19]と語っており、故意ではなくミスであると発言している。なお、選挙運動費用収支報告書への故意の虚偽記載は公職選挙法違反に該当する。

違法献金受領問題[編集]

2007年3月7日参議院予算委員会での参議院議員井上哲士日本共産党)の質問により、伊吹が社団法人から違法献金を受け取っている疑惑が生じた[20][21][22]

日本共産党、政治資金収支報告書などによると、伊吹の秘書が会計責任者の自由民主党京都府明風支部は、2005年3~7月に12億600万円超の補助金交付決定を受けた社団法人、および、2005年3月に900万円超の補助金交付決定を受けた社団法人から、2005年8月に献金を受け取っていた。政治資金規正法第22条の3には「国から補助金(中略)を受けた会社その他の法人は、当該給付金の交付の決定の通知を受けた日から同日後一年を経過する日(中略)までの間、政治活動に関する寄附をしてはならない」との規定があり、上記献金がこの規定に違反すると指摘されている。

同日の参議院予算委員会にて、伊吹は、国からの直接の補助金でないことを確認済みであると答弁している[要出典]

政治資金パーティ[編集]

文部科学大臣だった2007年5月、大規模な政治資金パーティを自粛すると定めた大臣規範に反し、パーティを開催して約4350万円の収入を得ていたことが政治資金収支報告書で分かった[23]

エピソード[編集]

著書[編集]

出演番組[編集]

タイトル 放送日
「自民」政治への省察【1】 今、必要なのは政治家自身の政治哲学 2012年10月20日
「自民」政治への省察【2】 政局だけでなくあるべき良識を持って政治を語る 2012年10月27日

所属団体・議員連盟[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 京都府第1区 自由民主党 58,059 16.8 1/7 - -
第38回衆議院議員総選挙 1986年7月6日 京都府第1区 自由民主党 51,514 14.2 2/8 - -
第39回衆議院議員総選挙 1990年2月18日 京都府第1区 自由民主党 56,450 13.6 4/8 - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年7月18日 京都府第1区 自由民主党 48,893 12.8 3/10 - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 京都府第1区 自由民主党 63,094 31.3 1/5 - -
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 京都府第1区 自由民主党 86,490 42.1 1/3 - -
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 京都府第1区 自由民主党 83,644 42.3 1/3 - -
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 京都府第1区 自由民主党 112,848 47.7 1/3 - -
当(比) 第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 京都府第1区 自由民主党 81,913 33.3 2/4 比例近畿 -
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 京都府第1区 自由民主党 69,287 33.2 1/6 - -
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 京都府第1区 自由民主党 73,684 40.6 1/6 - -
当選回数11回 (衆議院議員11)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣府特命担当大臣(防災)の辞令は中央省庁再編後の2001年1月6日に発令。中央省庁再編前は【危機管理担当】の補職辞令が発令されていた。
  2. ^ a b c d e f g 『いぶき文明公式ウェブサイト(プロフィール)』
  3. ^ [1]
  4. ^ サプライズ伊吹幹事長、決めたのは森元首相か? J-CAST 2007年9月25日
  5. ^ 金子聡 (2009年11月23日). “【名言か迷言か】「仕分け」で分かる民主党の本質”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091123/plc0911231801006-n1.htm 2009年12月17日閲覧。 
  6. ^ 読売新聞 2009年11月13日
  7. ^ 衆院解散「フライング万歳」珍事 実は正しかったとの見方も”. NEWSポストセブン (2014年12月2日). 2015年4月24日閲覧。
  8. ^ “伊吹議長渋面 フライングで万歳やり直し”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年11月22日). オリジナル2014年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141206233754/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/11/22/kiji/K20141122009327430.html 2015年4月24日閲覧。 
  9. ^ http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A26001002002&st=tk
  10. ^ 在日外国人の地方参政権についていぶき文明公式ウェブサイト(2009年11月27日)
  11. ^ 産経新聞:2004年5月11日
  12. ^ 伊吹氏「体罰、全否定できず」 政治塾で答える 共同通信 2013年2月9日
  13. ^ サラ金が献金した自民議員 しんぶん赤旗 2013年8月21日
  14. ^ http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169030.htm
  15. ^ しんぶん赤旗、2014年12月11日
  16. ^ “自民党・伊吹幹事長側に違法寄付 3年超赤字の企業から”. 朝日新聞. (2007年9月27日) 
  17. ^ a b 「伊吹氏側へ違法寄付――3年以上赤字の企業から――自民支部」『[朝日新聞]』43627号、朝日新聞東京本社、2007年9月28日、35面。
  18. ^ しんぶん赤旗 2007年9月15日
  19. ^ 収支報告「選挙費用」もずさん、長勢法相ら4閣僚訂正 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)」、2007年2月20日。
  20. ^ 参議院インターネット審議中継」参議院、2007年。
  21. ^ 「補助金受けた法人首相ら4人に献金」『日本経済新聞日本経済新聞社、2007年3月8日、43面。
  22. ^ 「自民支部に違法献金か共産指摘安倍・久間氏ら代表」『朝日新聞』43428号、朝日新聞社東京本社、2007年3月8日、39面。
  23. ^ 産経新聞 2008年9月12日
  24. ^ 河野太郎ブログごまめの歯ぎしり
  25. ^ しんぶん赤旗 2007年4月9日
  26. ^ 同朋の会について…真宗大谷派が「財団資産」横取り衆院議長ら国会議員に呼びかけ裁判闘争。全国でも稀な行政訴訟を起こした真相。
  27. ^ “記念対談 過去を知り新たな未来へ”. 日本歯科新聞 (東京都千代田区: 日本歯科新聞社): pp. 6-7. (2015年8月4日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
横路孝弘
日本の旗 衆議院議長
第74代:2012年 - 2014年
次代:
町村信孝
先代:
嶋崎譲
日本の旗 衆議院文教委員長
1994年 - 1995年
次代:
柳沢伯夫
公職
先代:
額賀福志郎
日本の旗 財務大臣
第9代:2008年
次代:
中川昭一
先代:
小坂憲次
日本の旗 文部科学大臣
第8代:2006年 - 2007年
次代:
渡海紀三朗
先代:
創設
日本の旗 特命担当大臣防災
初代:2001年
次代:
村井仁
先代:
西田司
日本の旗 国家公安委員会委員長
第66・67代:2000年 - 2001年
次代:
村井仁
先代:
岡野裕
日本の旗 労働大臣
第63代:1997年 - 1998年
次代:
甘利明
党職
先代:
麻生太郎
自由民主党幹事長
第41代:2007年 - 2008年
次代:
麻生太郎
先代:
亀井静香
志帥会会長
第4代:2005年 - 2012年
次代:
二階俊博