島田洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島田洋一
人物情報
生誕 1957年10月23日(59歳)
日本の旗 日本 大阪府枚方市
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学法学部
京都大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程
学問
博士課程
指導教員
勝田吉太郎
指導教員 高坂正堯
学位 政治学
公式サイト
福井県立大学 教員情報
テンプレートを表示

島田 洋一(しまだ よういち、1957年10月23日 - )は、日本の国際政治学者福井県立大学教授、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会副会長、国家基本問題研究所評議員兼企画委員。

略歴[編集]

大阪府枚方市生まれ。大阪府立四條畷高等学校京都大学法学部卒業、同大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。学部では高坂正堯が指導教官で大学院では高坂とともに勝田吉太郎にも師事した。1985年、同大学法学部助手、1988年、文部省に入省し、教科書調査官を勤める。1992年福井県立大学助教授、2003年、同教授[1]

また、国際政治学以外の活動として、救う会副会長、櫻井よしこが代表を務めるシンクタンク、国家基本問題研究所の評議員兼企画委員[2]FM福井の番組審議会委員を務める。

人物[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『アメリカ・北朝鮮抗争史』(文藝春秋[文春新書], 2003年)ISBN 9784166603091

共著[編集]

  • 平田隆太郎・惠谷治西岡力李英和・島田洋一『金正日に正しいメッセージを!』(自由国民社, 2005年)
  • 平田隆太郎・惠谷治・西岡力・島田洋一『南・北朝鮮、同時崩壊か?』 (東京財団, 2007年)
  • 櫻井よしこ編『日本よ、「戦略力」を高めよ』(文藝春秋、2009年)
  • 櫻井よしこ、国家基本問題研究所編『日本とインド いま結ばれる民主国家―中国封じ込めは可能か』(文藝春秋、2012年、文庫版2014年)
  • 櫻井よしこ、国基研『日本の勝機』(産経新聞出版、2014年)
  • 櫻井よしこ、国基研『新アメリカ論』(産経新聞出版、2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 福井県立大学 教員情報
  2. ^ 役員紹介 « 研究所概要 « 公益財団法人 国家基本問題研究所
  3. ^ 「共産主義にはなぜ独裁が」―武満徹の疑問とシチェドリン、ハイエクの答え島田洋一 第2ブログ(Shimada on Exblog) 2011年4月4日
  4. ^ a b 竹内洋一・山川剛史 (2006年9月9日). “「安倍氏ブレーン」どんな人? 靖国、拉致、教育問題…”. 東京新聞. オリジナル2006年10月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061022144738/http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060909/mng_____tokuho__000.shtml 2016年11月10日閲覧。 
  5. ^ 歴史事実委員会”. ワック・マガジンズ. 2015年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]