潮匡人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
潮 匡人
生誕 1960年
日本の旗 青森県八戸市
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1983 - 1994
最終階級 3等空佐
除隊後 書籍編集者
シンクタンク客員研究員
聖学院大学専任講師
帝京大学准教授
宇都隆史参議院議員政策担当秘書
評論家
ジャーナリスト
作家
拓殖大学日本文化研究所客員教授
東海大学海洋学部非常勤講師
国家基本問題研究所客員研究員
NPO法人岡崎研究所特別研究員
テンプレートを表示

潮 匡人(うしお まさと、1960年3月 - )は、日本評論家軍事ジャーナリスト、元航空自衛官帝京大学短期大学人間文化学科准教授、元防衛庁広報誌「日本の風」(通巻6号で休刊)編集長。

略歴[編集]

早稲田大学法学部卒業(在学中は雄弁会幹事長を務める)。同大学院法学研究科修士課程修了東京放送報道制作契約社員を経て、1983年航空自衛隊に入隊(防大27期相当)。

航空教育隊区隊長、第8航空団修理隊計器小隊長、第304飛行隊(築城基地)付幹部、航空中央業務隊付(市ヶ谷駐屯地航空幕僚監部法務課)、航空総隊司令部(総務課法務班兼防衛課防衛1班)、防衛庁長官官房広報課(広報誌「セキュリタリアン」編集長)等を歴任。1994年三等空佐で退官。

自衛官退職後、クレスト社に入社、書籍編集部副編集長を務める。同社退社後は国際研究奨学財団(現・東京財団)顧問、社会基盤研究所客席研究員などのシンクタンク勤務、2000年聖学院大学政治経済学部コミュニティ政策学科専任講師、同大学総合研究所特任研究員兼非常勤講師を経て、2006年帝京大学短期大学准教授

2006年6月八木秀次が設立した「日本教育再生機構」に参加。代表委員・設立発起人の一人[1]2007年12月に設立された国家基本問題研究所に評議員として参加。

2010年12月から2011年6月まで、宇都隆史参議院議員政策秘書を務めた[2][3]

人物・主張[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『最後の理性』(2000年、四谷ラウンド
  • 『アメリカが日本を捨てる日』(2000年、講談社
  • 『皆殺し複眼書評 24のテーマでベストセラーを斬る』(2000年10月、四谷ラウンド、ISBN 9784946515569
  • 『長野県民は知らない田中知事の「真実」』(2001年、小学館文庫)
  • 『テロの脅威が日本を襲う』(2001年、PHP研究所
  • 『北朝鮮の脅威を見ない人たち』(2003年、小学館文庫)
  • 『常識としての軍事学』(2005年、中公新書ラクレ)-「わしズム」に連載された「若者の軍事学」
  • 『憲法九条は諸悪の根源』(2007年、PHP研究所)
  • 『司馬史観と太平洋戦争』(2007年、PHP新書)
  • 『やがて日本は世界で「80番目」の国に堕ちる』(2008年12月、PHP研究所、ISBN 9784569700533
  • 『日本を惑わすリベラル教徒たち』(2009年、産経新聞出版
  • 『日本人として読んでおきたい保守の名著』(2011年9月、PHP研究所、ISBN 9784569800073
  • 『「反米論」は百害あって一利なし』(2012年12月、PHP研究所、ISBN 9784569809847
  • 『日本人が知らない安全保障学』(2014年4月、中央公論新社ISBN 9784121504906
  • 『ウソが栄えりゃ、国が亡びる 間違いだらけの集団的自衛権報道』(2014年10月、KKベストセラーズISBN 9784584135983
  • 『護憲派メディアの何が気持ち悪いのか』(2015年9月15日、PHP研究所、ISBN 978-4-569-82724-7

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本教育再生機構
  2. ^ 一足早いクリスマスプレゼント
  3. ^ 潮さん、ありがとう
  4. ^ “【コラム・断】給食費という高い税金”. 産経新聞. (2006年12月2日) 
  5. ^ “【断 潮匡人】改造内閣は姿勢を正せ”. 産経新聞. (2008年8月6日) 
  6. ^ 「もう自殺外交はやめよう」(潮匡人)
  7. ^ “【慰安婦問題】女性論者7氏も堂々主張「河野談話は撤廃を」 さて韓国の実態は… (5/5ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年6月1日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130601/plc13060107020004-n5.htm 2013年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]