第8航空団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第8航空団
8th Air Wing
創設 1964年(昭和39年)10月26日(臨時築城航空隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.png 航空自衛隊
所在地 福岡県 築上郡築上町
上級単位 西部航空方面隊
テンプレートを表示

第8航空団(だい8こうくうだん、英称:8th Air Wing)とは、航空総隊隷下の西部航空方面隊に属している航空団のひとつである。司令部は築城基地福岡県築上郡築上町)に所在しており、主に中国 - 九州北部地域の領空に接近・侵入してくる国籍不明機に対しての対領空侵犯措置を担当している。

沿革[編集]

  • 1954年昭和29年)8月1日 - 芦屋基地にて「臨時芦屋派遣隊」を編成。
  • 1955年(昭和30年)1月3日 - 臨時芦屋派遣隊が芦屋基地から築城基地に移駐。1月20日、「臨時築城派遣隊」に改称。
  • 1957年(昭和32年)10月1日 - 臨時築城派遣隊が「第3操縦学校」に改編[1]
  • 1959年(昭和34年)6月1日 - 第3操縦学校が「第16飛行教育団」に改編。
  • 1964年(昭和39年)
    • 2月1日 - 新田原基地第5航空団第10飛行隊(F-86F)が築城基地に移駐。
    • 10月26日 - 第16飛行教育団などが「臨時築城航空隊」に改編。新田原基地の第5航空団第6飛行隊(F-86F)が築城基地に移駐し、これを隷下に編入。第10飛行隊(F-86F)を隷下に編入。
    • 12月28日 - 臨時築城航空隊が「第8航空団」に改編。
  • 1977年(昭和52年)4月1日 - 第10飛行隊(F-86F)が解散。8月1日、第304飛行隊(F-4EJ)を新編。
  • 1981年(昭和56年)2月28日 - 第6飛行隊の機種を改編。(F-86FからF-1へ)
  • 1990年平成2年)1月20日 - 第304飛行隊の機種を改編。(F-4EJからF-15Jへ)
  • 2001年(平成13年)3月 - 第8基地防空隊を新編。
  • 2006年(平成18年)3月18日 - 第6飛行隊の機種を改編。(F-1からF-2へ)
  • 2016年(平成28年)1月31日 - 第304飛行隊が那覇基地に移駐。

部隊編成[編集]

  • 第8航空団司令部
    • 監理部
    • 人事部
    • 防衛部
    • 装備部
      • 安全班
      • 衛生班
      • 副官
  • 飛行群
  • 整備補給群
    • 検査隊
    • 装備隊
    • 修理隊
    • 車両器材隊
    • 補給隊
  • 基地業務群
    • 第8基地防空隊
    • 飛行場勤務隊
    • 施設隊
    • 通信隊
    • 管理隊
    • 業務隊
    • 会計隊
    • 衛生隊

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第8航空団司令
兼 築城基地司令
空将補 今瀬信之 2015年08月04日 航空教育集団司令部教育部長
副司令 1等空佐 小暮幹太 2015年12月01日 航空幕僚監部防衛部施設課
施設整備企画調整官
兼 計画班長
飛行群司令 1等空佐 高草木浩寿 2015年04月01日 航空総隊司令部防衛部運用課
作戦室長
整備補給群司令 1等空佐 五十川淳 2014年12月01日 航空幕僚監部装備部装備課
調整班長
基地業務群司令 1等空佐 阿部康彦 2016年03月25日 航空幕僚監部防衛部装備体系課
装備体系調整官
歴代の第8航空団司令
(空将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
臨時築城航空隊司令
- 平塚清一 1964.10.26 - 1964.12.27 海兵62期 第16飛行教育団司令
兼 築城基地司令
第8航空団司令
第8航空団司令
1 平塚清一 1964.12.28 - 1966.6.30 海兵62期 臨時築城航空隊司令 第1航空団司令
兼 浜松北基地司令
2 植村英一 1966.7.1 - 1967.11.14 陸士50期・
陸大59期
中部航空方面隊司令部幕僚長 航空総隊司令部幕僚長
3 東條道明 1967.11.15 - 1969.4.24 陸士50期 航空救難群司令
→1968.1.1空将補昇任
実験航空隊司令
技術研究本部岐阜試験場長
4 角田義隆 1969.4.25 - 1970.5.15 海機49期 航空幕僚監部人事教育部人事課長
→1967.5.1人事教育部付
→1968.2.16補給統制処付
→1969.7.1空将補昇任
航空幕僚監部人事教育部長
5 桑原泰郎 1970.5.16 - 1972.6.30 陸士54期 航空幕僚監部防衛部副部長 航空幕僚監部監察官
6 松村正二 1972.7.1 - 1973.11.30 海兵71期 第5航空団副司令 第4航空団司令
兼 松島基地司令
7 高原忠敬 1973.12.1 - 1975.2.16 陸士56期 南西航空混成団司令部幕僚長
→1974.1.1空将補昇任
航空自衛隊第4術科学校
兼 熊谷基地司令
8 伊中四郎 1975.2.17 - 1976.6.30 陸士58期 航空幕僚監部人事教育部副部長 航空自衛隊第1術科学校
兼 浜松南基地司令
9 久松公郎 1976.7.1 - 1978.6.30 陸士58期 大韓民国防衛駐在官
→1976.5.11航空幕僚監部防衛部付
航空幕僚監部監察官
10 藤岡 昇 1978.7.1 - 1980.1.31 陸航士60期 防衛研修所所員 第4航空団司令
兼 松島基地司令
11 柳田 淳 1980.2.1 - 1981.2.16 明治学院大学 第5航空団副司令
→1980.7.1空将補昇任
第4航空団司令
兼 松島基地司令
12 副島嘉豊 1981.2.17 - 1982.6.30 日本大学 中部航空方面隊司令部防衛部長 航空幕僚監部防衛部長
13 阿部博男 1982.7.1 - 1984.6.5 防大1期 航空幕僚監部人事教育部人事課長 第4航空団司令
兼 松島基地司令
14 長谷川孝一 1984.6.6 - 1986.3.16 防大2期 航空幕僚監部人事教育部人事課長 統合幕僚会議事務局第1幕僚長
15 淺野 豐 1986.3.17 - 1988.1.21 防大2期 航空幕僚監部監理部総務課長 航空幕僚監部監察官
16 村木鴻二 1988.1.22 - 1990.7.8 防大6期 航空幕僚監部防衛部防衛課長 航空幕僚監部人事教育部長
17 尾頭 誠 1990.7.9 - 1991.6.30 防大8期 航空幕僚監部監理部会計課長 航空自衛隊第1補給処
兼 木更津基地司令
18 大串康夫 1991.7.1 - 1993.6.30 防大10期 第3航空団飛行群司令 航空総隊司令部防衛部長
19 齋藤嘉夫 1993.7.1 - 1995.6.29 防大6期 航空教育集団司令部教育部長 退職
20 小田邦博 1995.6.30 - 1997.3.25 防大13期 航空幕僚監部調査部調査第2課長 航空幕僚監部監察官
21 星野雄三 1997.3.26 - 1998.6.30 防大15期 航空幕僚監部調査部調査課長 航空幕僚監部防衛部長
22 永田久雄 1998.7.1 - 2000.6.29 防大17期 航空幕僚監部防衛部防衛課長 中部航空警戒管制団司令
兼 入間基地司令
23 柴田雄二 2000.6.30 - 2001.6.28 防大14期 航空支援集団司令部防衛部長 第1航空団司令
兼 浜松基地司令
24 森下 一 2001.6.29 - 2002.7.31 防大20期 航空幕僚監部防衛部運用課長 南西航空混成団副司令
25 片岡晴彦 2002.8.1 - 2004.8.29 航空開発実験集団司令部幕僚長 航空幕僚監部技術部長
26 入澤 滋 2004.8.30 - 2007.3.27 防大18期 航空教育集団教育部長 北部航空方面隊司令官
27 森本哲生 2007.3.28 - 2008.7.31 防大25期 航空幕僚監部装備部装備課長 航空自衛隊第2補給処
兼 岐阜基地司令
28 古賀久夫 2008.8.1 - 2009.7.20 防大24期 統合幕僚監部首席後方補給官 航空自衛隊幹部候補生学校
兼 奈良基地司令
29 丸茂吉成 2009.7.21 - 2012.1.30 防大27期 航空幕僚監部防衛部次期戦闘機企画室 航空幕僚監部運用支援・情報部長
30 橋本 進 2012.1.31 - 2013.8.21 防大26期 航空教育集団司令部教育部長 航空安全管理隊司令
31 森川龍介 2013.8.22 - 2015.8.3 防大31期 航空開発実験集団司令部幕僚長 航空幕僚監部技術部長
32 今瀬信之 2015.8.4 - 防大29期 航空教育集団司令部教育部長

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和32年9月30日政令第296号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月6日閲覧。


外部リンク[編集]