航空幕僚監部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の行政官庁
航空幕僚監部
こうくうばくりょうかんぶ
Air Staff Office
Go-shichi no kiri crest.svg
Ministry of Defense.JPG
航空幕僚監部が設置される防衛省庁舎A棟(左)
役職
航空幕僚長 杉山良行
航空幕僚副長 丸茂吉成
組織
上部機関 防衛省
内部部局 総務部、人事教育部、防衛部、運用支援・情報部、装備計画部
独立組織 監理監察官、首席法務官、首席衛生官
概要
所在地 162-8801
東京都新宿区市谷本村町5番1号
設置 1954年昭和29年)7月1日
ウェブサイト
防衛省 [JASDF] 航空自衛隊
テンプレートを表示

航空幕僚監部(こうくうばくりょうかんぶ、略称:空幕(くうばく)、英語:Air Staff Office、略称:ASO)は、日本官公庁の一つであり、防衛省特別の機関である。 外国軍の空軍参謀本部に相当する。

概要[編集]

航空自衛隊の防衛及び警備に関する計画の立案に関する事務等を掌ることを任務とする、防衛省に置かれる特別の機関である。航空幕僚監部の長は航空幕僚長である。

尚、空幕は戦前の参謀本部軍令部のように所謂軍令のみを担っているのではなく、統合幕僚監部・防衛省内局と合同で、予算・人事・総務・編成・調達等を含めた航空自衛隊を取り巻く防衛行政全般を担っている。その意味では、軍令・軍政双方の機能を持っているのである。内局・統幕が所管する事務で空幕との調整が必要なものに関しては、前二者と対応する部局(たとえば内局防衛政策課、統幕防衛課起源であれば、空幕防衛課)が、航空自衛隊としての立場から意見を述べ、双方の調整を求める。また逆に航空自衛隊が専管する事務であっても、基本的にはまず空幕が双方の事項について計画立案し、防衛省の内部部局がそれらを調整する(事務によっては統幕とも調整が図られる)という二重プロセスになっている。空幕の部局等組織編制と、防衛省内局・統幕とのそれとが類似しているのは、この為である。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)7月1日防衛庁が創設され、航空自衛隊が発足。航空幕僚監部越中島に開庁。監理部、人事部、防衛部、装備部が編成。
  • 1956年(昭和31年)3月25日:航空幕僚監部が霞ヶ関に移転。
  • 1957年(昭和32年)11月1日監察官を設置。
  • 1958年(昭和33年)5月23日:教育部及び人事部を人事教育部に統合、技術部を設置。
  • 1960年(昭和35年)1月11日:航空幕僚監部が檜町に移転。
  • 1978年(昭和53年)4月5日:監理部に法務課を設置。
  • 1987年(昭和62年)5月21日:衛生部及び防衛部副部長を廃止、調査部及び首席衛生官を設置。
  • 1992年(平成04年)7月1日:人事教育部副部長及び人事課を廃止、人事教育部に人事計画課及び補任課を設置。
  • 2000年(平成12年)5月8日:航空幕僚監部が市ヶ谷に移転。
  • 2003年(平成15年)3月27日:監理部、監察官、監理課及び通信電子課を廃止、総務部、監理監察官、装備体系課及び情報通信課を設置。
  • 2006年(平成18年)3月27日:内部組織が改編される。
  1. 調査部を運用支援・情報部に改編
  2. 防衛部運用課を運用支援・情報部運用支援課に改編
  3. 調査部調査課を運用支援・情報部情報課に改編
  4. 技術部技術第1課及び技術第2課を技術課に改編
  5. 総務部法務課を首席法務官に改編
  • 2014年(平成26年)3月26日:装備部整備課及び補給課を廃止し、整備・補給課に集約(3個課編成から2個課編成へ)[1]
  • 2015年(平成27年)10月1日:防衛装備庁新編に伴い装備部及び技術部を廃止し、装備計画部に改組[2]

組織編成[編集]

  • 総務部(部長:将補(二))
    • 総務課
    • 会計課
  • 人事教育部(部長:将補(一))
    • 人事計画課
    • 補任課
    • 厚生課
    • 援護業務課
    • 教育課
  • 防衛部(部長:将補(一))
    • 防衛課
    • 装備体系課
    • 情報通信課
    • 施設課
  • 運用支援・情報部(部長:将補(二))
    • 運用支援課
    • 情報課
      • 情報保全室
  • 装備計画部(部長:将補(一))
    • 装備課
    • 整備・補給課
  • 監理監察官(将補(二))
  • 首席法務官(1佐(一))
  • 首席衛生官(将補(二)・医官)

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
航空幕僚長 空将 杉山良行 2015年12月01日 航空総隊司令官
航空幕僚副長 空将 丸茂吉成 2015年12月01日 西部航空方面隊司令官
総務部長 空将補 荒木哲哉 2017年08月08日 航空自衛隊幹部候補生学校
奈良基地司令
人事教育部長 空将補 鈴木康彦 2017年08月08日 航空総隊司令部防衛部長
防衛部長 空将補 内倉浩昭 2016年07月01日 統合幕僚監部防衛計画部副部長
運用支援・情報部長 空将補 上ノ谷寛 2015年12月01日 南西航空混成団副司令
装備計画部長 空将補 井上浩秀 2015年12月01日 第3航空団司令
三沢基地司令
監理監察官 空将補 小川能道 2015年03月30日 第2航空団司令
千歳基地司令
首席法務官 1等空佐 湯瀨邦彦 2017年03月31日 南西航空混成団司令部幕僚長
首席衛生官 空将補 別宮愼也 2017年08月01日 航空医学実験隊司令

航空幕僚長[編集]

航空幕僚副長[編集]

歴代の航空幕僚副長(空将
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
1 佐薙毅 1954.7.1 - 1956.7.2 海兵50期・
海大32期
  航空幕僚長
2 秋山紋次郎 1956.7.3 - 1959.7.17 陸士37期・
陸大48期
航空幕僚監部防衛部長 航空自衛隊幹部学校
3 松田武 1959.7.18 - 1962.4.6 東京帝国大学
陸士39期
中部航空方面隊司令 航空幕僚長
4 小島喜久 1962.4.7 - 1963.7.31 陸士42期・
陸大52期
中部航空方面隊司令 航空総隊司令官
5 浦茂 1963.8.1 - 1964.4.16 陸士44期・
陸大52期
航空幕僚監部防衛部長 航空幕僚長
6 田中耕二 1964.4.17 - 1966.6.30 陸士45期・
陸大52期
航空幕僚監部防衛部長 中部航空方面隊司令官
7 大室孟 1966.7.1 - 1967.11.14 陸士45期 北部航空方面隊司令官 航空幕僚長
8 矢作十郎 1967.11.15 - 1968.11.17 陸士47期・
陸大55期
西部航空方面隊司令官 術科教育本部長
9 緒方景俊 1968.11.18 - 1969.4.24 陸士46期・
陸大55期
術科教育本部長 航空幕僚長
10 根來卓美 1969.4.25 - 1970.6.30 陸士47期・
陸大57期
航空自衛隊幹部学校長専任[3] 航空総隊司令官
11 上田泰弘 1970.7.1 - 1971.6.30 陸士49期・
陸大58期
北部航空方面隊司令官 航空幕僚長
12 石川貫之 1971.7.1 - 1971.8.9 陸士50期 飛行教育集団司令官 航空幕僚長
13 白川元春 1971.8.10 - 1973.6.30 陸士51期・
陸大58期
統合幕僚会議事務局長
統合幕僚学校
航空幕僚長
14 鈴木瞭五郎 1973.7.1 - 1974.6.30 海兵68期 北部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
15 平野晃 1974.7.1 - 1976.10.14 海兵69期 北部航空方面隊司令官 航空幕僚長
16 鉾田太郎 1976.10.15 - 1977.10.19 陸士55期 中部航空方面隊司令官 航空自衛隊補給統制処長
17 伊中四郎 1977.10.20 - 1979.3.15 海兵72期 航空自衛隊第1術科学校
兼 浜松南基地司令
航空自衛隊補給統制処長
18 生田目修 1979.3.16 - 1981.2.16 陸航士58期 西部航空方面隊司令官 航空幕僚長
19 松井泰夫 1981.2.17 - 1982.6.30 陸航士59期 南西航空混成団司令 航空総隊司令官
20 森繁弘 1982.7.1 - 1983.4.25 陸航士60期 北部航空方面隊司令官 航空幕僚長
21 勝屋太郎 1983.4.26 - 1984.7.2 陸士60期 航空自衛隊幹部候補生学校
兼 奈良基地司令
退職
22 渡光雄 1984.7.2 - 1985.3.15 早稲田大学 航空幕僚監部装備部長
→1984.3.2航空幕僚監部勤務
航空自衛隊補給本部長
23 大村平 1985.3.16 - 1986.2.5 東京工業大学 西部航空方面隊司令官 航空幕僚長
24 谷篤志 1986.2.6 - 1987.12.10 広島大学 航空幕僚監部監察官 航空総隊司令官
25 鈴木昭雄 1987.12.11 - 1989.6.29 防大1期 北部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
26 庄克彦 1989.6.30 - 1991.3.15 防大2期 西部航空方面隊司令官 航空自衛隊補給本部長
27 佐川明彦 1991.3.16 - 1992.3.15 防大3期 南西航空混成団司令 航空自衛隊補給本部長
28 杉山蕃 1992.3.16 - 1993.6.30 防大4期 北部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
29 村木鴻二 1993.7.1 - 1996.3.24 防大6期 南西航空混成団司令 航空幕僚長
30 平岡裕治 1996.3.25 - 1997.12.7 防大8期 南西航空混成団司令 航空幕僚長
31 大串康夫 1997.12.8 - 1999.7.8 防大10期 航空開発実験集団司令官 航空総隊司令官
32 遠竹郁夫 1999.7.9 - 2001.3.26 防大11期 中部航空方面隊司令官 航空幕僚長
33 小田邦博 2001.3.27 - 2002.3.21 防大13期 南西航空混成団司令 航空教育集団司令官
34 吉田正 2002.3.22 - 2003.3.26 防大14期 西部航空方面隊司令官 航空教育集団司令官
35 星野雄三 2003.3.27 - 2005.1.11 防大15期 航空開発実験集団司令官 航空教育集団司令官
36 小鹿勝見 2005.1.12 - 2005.7.27 防大16期 南西航空混成団司令 航空自衛隊補給本部長
37 永田久雄 2005.7.28 - 2007.3.27 防大17期 中部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
39 菊川忠継 2007.3.28 - 2008.7.31 防大18期 北部航空方面隊司令官 航空教育集団司令官
40 岩﨑茂[4] 2008.8.1 - 2009.7.20 防大19期 西部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
41 長島修照 2009.7.21 - 2011.8.5 防大20期 航空開発実験集団司令官 退職
42 中島邦祐 2011.8.5 - 2013.8.21 防大23期 西部航空方面隊司令官 航空総隊司令官
43 福江広明 2013.8.22 - 2014.8.4 防大25期 西部航空方面隊司令官 航空支援集団司令官
44 森本哲生 2014.8.5 - 2015.11.30 防大25期 北部航空方面隊司令官 航空教育集団司令官
45 丸茂吉成 2015.12.1 - 防大27期 西部航空方面隊司令官

脚注[編集]

  1. ^ 防衛省組織令等の一部を改正する政令(平成二十六年一月三十一日公布政令第二十号、防衛省HP)
  2. ^ 防衛省設置法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令(平成二十七年九月十八日公布政令第三百三十四号)
  3. ^ 1969.6.30まで幹部学校長兼補
  4. ^ 田母神空幕長更迭に伴い2008年10月31日から11月7日まで航空幕僚長職務代理

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年12月1日閲覧。

関連項目[編集]