山田吉彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 吉彦
(やまだ よしひこ)
人物情報
生誕 (1962-09-07) 1962年9月7日(54歳)
日本の旗 日本千葉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 学習院大学経済学部
配偶者
学問
研究分野 公共経済学
島嶼経済学
海上安全保障
海洋政策
研究機関 東海大学海洋学部海洋研究所
学位 経済学
影響を
受けた人物
曽野綾子
日下公人
学会 日本沿岸域学会
日本航海学会
日本海洋政策学会
主な受賞歴 第3回 海洋文学大賞佳作(1999年)
第15回 正論新風賞(2014年)
テンプレートを表示

山田 吉彦(やまだ よしひこ、1962年9月7日 - )は、日本の海洋問題研究家、経済学博士東海大学海洋学部教授。

来歴[編集]

千葉県出身。千葉県立佐倉高等学校学習院大学経済学部在学時代は陸上競技部に所属し、佐倉高校在学時は小出義雄の薫陶を受けている[1]。1986年3月に同大学を卒業後、同年4月東洋信託銀行に入行。その後、1991年に日本船舶振興会へ移籍。海洋船舶部長、海洋グループ長などを勤務の傍ら、2003年、多摩大学大学院経営情報学研究科修士課程、2008年、埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。

2003年5月、日本財団が船の科学館にて北朝鮮工作船の一般公開を行った際に企画、運営の責任者を務める[2]

2008年に東海大学海洋学部准教授に就任。翌年、2009年に教授へ昇進し2010年から、同大学海洋学部海洋文明学科主任教授。海洋研究所 次長。 公益財団法人国家基本問題研究所理事。東海大学海洋研究所次長。2011年に国土交通省海洋政策懇談会委員[3]に就任。

1999年、第3回 海洋文学大賞〈日本海事広報協会 主催〉にて『海賊、マラッカの風の中で』(ペンネーム大橋郁)で、佳作入選[4]し、2014年には、海洋問題の研究により第15回正論新風賞を受賞。

著書[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

公職[編集]

  • 国土交通省海洋政策懇談会委員(2011年12月19日 - 2012年3月21日)
  • 東京都専門委員(尖閣諸島担当)(平成24年7月1日 - 平成25年3月31日)
  • 竹富町(沖縄県)海洋基本計画策定委員会委員長
  • 石垣市海洋基本計画策定委員会委員長(2013年 - 2017年)
  • 今治市造船振興計画策定委委員長
  • 公益財団法人国家基本問題研究所理事
  • 八重山自然大使(石垣市、竹富町、与那国町による指名)[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]