防衛省市ヶ谷地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度41分34秒 東経139度43分43秒 / 北緯35.692716度 東経139.7286691度 / 35.692716; 139.7286691

防衛省正門
防衛省市ヶ谷庁舎。左からA棟・D棟・E1棟

防衛省市ヶ谷地区(ぼうえいしょういちがやちく、Ichigaya Area)または防衛省市ヶ谷庁舎(ぼうえいしょういちがやちょうしゃ、Ichigaya Building)[注釈 1]は、東京都新宿区市谷本村町5-1に所在する防衛省施設。陸上自衛隊においては市ヶ谷駐屯地(いちがやちゅうとんち、JGSDF Camp Ichigaya)、海上自衛隊においては市ヶ谷地区(いちがやちく)、航空自衛隊においては市ヶ谷基地(いちがやきち、JASDF Ichigaya Base)と呼称される。それぞれ、「市ヶ谷」は「市ケ谷」と記述されることもあり、表記はまちまちである。

防衛省本省(内部部局)のみならず陸上・海上・航空の幕僚3監部、そしてこれらを更に統べる統合幕僚監部も所在する日本国防衛の中枢である。

駐屯地司令は陸上自衛隊中央業務支援隊長が、基地司令は航空自衛隊航空中央業務隊司令が兼務。

庁舎A棟に自衛隊の指揮命令中枢である中央指揮所が設置されている。

庁舎B棟から伸びる防衛省市ヶ谷無線鉄塔(通信鉄塔)は、建物部分を含め220mの高さがある。

敷地内に弾道ミサイル攻撃対処用ペトリオットPAC-3の展開基盤が整備されており、空自第1高射群が分遣隊(第1高射隊市ヶ谷分遣班)を常駐させ、対応している。

防衛省が実施している「市ヶ谷台ツアー」に参加することで、一般人でも一部見学する事ができる。

敷地内にあった自衛隊東京地方協力本部は庁舎の老朽化及び施設再配置のため取り壊されており、同区内のビルに仮移転している。平成28年8月、防衛省目黒地区防衛研究所が移転し、同年9月統合幕僚学校国際平和協力センターも市ヶ谷地区に移転した。

沿革[編集]

1907年(明治40年)当時、市ヶ谷台上に位置する陸軍士官学校本部と正門

主要な所在機関(防衛省本省)[編集]

内部部局及び三幕共同部隊等[編集]

施設等機関[編集]

特別の機関[編集]

外局[編集]

駐屯部隊・機関(市ヶ谷駐屯地)[編集]

防衛大臣直轄部隊・機関[編集]

所在部隊(市ヶ谷地区)[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

自衛艦隊隷下部隊[編集]

所在部隊(市ヶ谷基地)[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

中部航空方面隊隷下部隊[編集]

  • 第1高射群
    • (第1高射隊)
      • 市ヶ谷分遣班 - 北朝鮮の弾道ミサイル対処のため展開基盤を常時展開するとともに運用部隊の一部が入間基地・習志野分屯基地から分派させてきたが平成28年度概算要求により、部隊常駐が決定。2017年(平成29年)3月27日より常駐[4]

共同施設等[編集]

メモリアルゾーン
メモリアルゾーンの殉職者慰霊碑に献花するアメリカ合衆国国防長官ロバート・ゲーツ
市ヶ谷記念館
メモリアルゾーン
敷地内に点在していた殉職自衛官慰霊碑や旧日本軍の記念碑など16の碑を、国が約6億円を投じて防衛省東側の約6000平方メートルの一角に集め、整備した。1950年の警察予備隊創設以来、平成27年度追悼式まで殉職した警察予備隊、保安隊、自衛官は1878柱で、顕彰者の内訳は陸上自衛隊1027柱、海上自衛隊417柱、航空自衛隊409柱、その他25柱となっている[5]。殉職自衛官慰霊碑は靖国神社の方に向いている。自衛隊殉職隊員追悼式はここで執り行われる。
市ヶ谷記念館
庁舎A棟のある場所にあった「1号館」の一部を同駐屯地内薬王寺門付近に移設復元したものである。旧1号館は、1937年に陸軍士官学校本部として建設され、太平洋戦争中は大本営陸軍部・陸軍省参謀本部などが置かれていた[6]建物である。同館講堂は極東国際軍事裁判の法廷として使用された。1960年からは陸上自衛隊東部方面総監部が使用、1970年に三島事件の現場ともなった[注釈 2]。防衛庁本庁の新庁舎建設・移転に伴い、1998年に現在の場所に移設された。

厚生棟内にはファミリーマートセブンイレブンスターバックスなどがある(過去にはサブウェイヤマザキショップがあったが、現在は閉店している)。厚生棟の2階には託児施設が開設された[7][8]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『防衛省市ヶ谷庁舎』は防衛省所管国有財産台帳における口座名であり、訓令「防衛省市ヶ谷庁舎の管理に関する規則 (PDF) 」では、その口座の不動産および工作物を「防衛省市ヶ谷庁舎」としている。なお、防衛庁時代の名称は「防衛庁本庁市ヶ谷庁舎」である。
  2. ^ 総監室のドアには、籠城した際に駆け付けた幕僚らに、日本刀「関の孫六」で応戦した三島由紀夫による刀傷が今でもそのまま残されている。この刀傷は「市ヶ谷台ツアー」の見学コースで見られる。

出典[編集]

  1. ^ 『陸上自衛隊20年年表』 朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、92頁。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和34年政令第372号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1959年12月21日). 2017年3月24日閲覧。
  3. ^ 目黒地区における駐屯地業務、基地業務等に関する訓令(平成6年防衛庁訓令第46号) 訓令等の検索(防衛省情報検索サービス)2017年5月17日閲覧
  4. ^ a b 朝雲新聞(平成29年3月30日・第一面)
  5. ^ 平成27年度自衛隊殉職隊員追悼式(防衛省報道資料)より
  6. ^ 全機関が降伏後の1945年9月13日廃止。
  7. ^ 庁内託児施設一覧
  8. ^ キッズパオ防衛省市ヶ谷保育園オープン(朝雲新聞社)

外部リンク[編集]