日本国際問題研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本国際問題研究所
略称 国問研、JIIA
設立 1959年
設立者 吉田茂
種類 公益財団法人
シンクタンク
法人番号 2010005018803 ウィキデータを編集
所在地 東京都千代田区霞が関3-8-1 虎の門三井ビル3階
会長 岡素之
理事長 佐々江賢一郎
ウェブサイト https://www.jiia.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本国際問題研究所(にほんこくさいもんだいけんきゅうしょ、英称:The Japan Institute of International Affairs, JIIA)は、中長期的な外交問題の研究を行う日本の政策シンクタンク。元外務省所管。略称国問研(こくもんけん)。ペンシルベニア大学が発表する世界ランキングにおいて、日本及びアジア地域で毎年1位の研究機関に選出されている。

概要[編集]

1959年昭和34年)12月、国際問題の研究、知識普及、および海外交流の活発化を目的として吉田茂の主導で設立され、吉田自ら初代会長に就任した。1960年昭和35年)9月より外務省所管の財団法人となり、研究活動・シンポジウム・講演会・出版などを中心に活動している。2014年平成26年)4月1日に一般財団法人世界経済調査会と合併[1]

2008年平成20年)よりペンシルベニア大学の「シンクタンク・市民社会計画(TTCSP)」研究組織が、「世界のシンクタンク調査」の結果を発表している。全世界の6,300以上のシンクタンクの対象中から、日本国際問題研究所は、アジアのシンクタンク部門では3年連続第1位に選ばれている。また、2014年(平成26年)1月の調査では「世界(米国以外の地域)のトップ50」のうち、第13位に選ばれている[2]

さらに、2021年1月28日付で公表された米国ペンシルバニア大学による2020年世界有力シンクタンク評価報告書において「シンクタンク・オブ・ザ・イヤー2020(世界トップシンクタンク賞)」(2020 Think Tank of the Year—Top Think Tank in the World)を受賞し、全世界のシンクタンクのランキングにおいても過去最高の8位に選ばれた[3][4]

理事長は、外務事務次官経験者の松永信雄小和田恆佐藤行雄野上義二、現理事長の佐々江賢一郎(元外務事務次官アメリカ合衆国駐箚特命全権大使)を始めとして、外務省OBトップが歴任している。

同研究所には個人会員・法人会員制度が存在する[5]

時事的な国際問題の分析・検討を行なう雑誌『国際問題』を刊行している。1976年(昭和51年)からは解散した社団法人・欧ア協会の業務も継承した。過去には共産圏の主要な演説・メディアの翻訳・解説記事などを掲載した『共産主義と国際政治』(1985年『ソ連研究』、1992年『ロシア研究』に改題)を刊行していた。その他にも国際問題シリーズ、JIIA選書、JIIA研究、JIIA現代アメリカなどの書籍を刊行している。

また、財団内に置かれた軍縮・科学技術センターは包括的核実験禁止条約の国内事務局としての役割を持ち、地震波、微気圧の計測を日本気象協会、核種の計測分析を日本原子力研究開発機構に委託している。

組織[編集]

歴代会長・理事長[編集]

会長
氏名 在任期間 肩書等
1 吉田茂 1959年12月 - 1967年10月 内閣総理大臣(第4548495051代)
代行 鹿島守之助 1967年10月 - 1973年6月 鹿島建設会長
2 鹿島守之助 1973年6月 - 1975年12月 同上
代行 植村甲午郎 1975年12月 - 1976年4月 旧経団連会長
3 堀田庄三 1976年4月 - 1990年2月 住友銀行頭取
代行 岩佐凱実 1990年2月 - 1991年3月 経済同友会代表幹事
4 岩佐凱実 1991年3月 - 1999年6月 同上
5 平岩外四 1999年7月 - 2007年5月 経団連会長、東電会長
代行 服部禮次郎 2007年5月 - 2011年4月 セイコー名誉会長
6 西室泰三 2011年4月 - 2016年6月 東芝社長、東証社長、東証グループ会長、日本郵政社長、ゆうちょ銀行社長を歴任
代行 三木繁光 2016年6月 - 2018年6月 三菱UFJ銀行名誉顧問
7 西室泰三 2011年4月 - 2016年6月 同上
代行 三木繁光 2016年6月 - 2018年6月 同上
8 岡素之 2018年6月 - 現任 住友商事名誉顧問
理事長
氏名 在任期間 肩書等
1 久保田貫一郎 1962年1月 - 1965年5月
2 別府節弥 1965年5月 - 1968年4月
3 徳永太郎 1968年4月 - 1969年9月
4 島津久大 1969年9月 - 1973年12月
5 高橋通敏 1973年12月 - 1977年10月
6 大野勝巳 1977年10月 - 1980年10月
7 中川融 1980年10月 - 1984年5月
8 新関欽哉 1984年5月 - 1990年4月 元香港総領事、元駐墺・ソ・西独・蒙・印大使
9 松永信雄 1990年4月 - 1999年3月 外務事務次官
10 小和田恆 1999年3月 - 2003年1月 元外務事務次官、元国連大使、国際法学者、皇后雅子の父
11 佐藤行雄 2003年2月 - 2009年1月 元駐蘭・豪・国連大使
12 野上義二 2009年2月 - 2018年6月 元外務事務次官、元駐英大使
13 佐々江賢一郎 2018年6月[6] - 元駐米大使

在籍した人物[編集]

括弧内は在籍した当時の主な役職、ハイフン以降はその他の代表的な役職を示す。

定期刊行物[編集]

  • 『国際問題』(月刊) 2006年4月より電子版にて配信
https://www2.jiia.or.jp/BOOK/
  • AJISS-Commentary 電子版にて配信
https://www.jiia.or.jp/en/ajiss_commentary/

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]