山本學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまもと がく
山本 學
別名義 山本 学
生年月日 1937年1月3日(79歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府茨木市
身長 167 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1957年 -
配偶者 水野久美1966年 - 1969年
一般人女性(1970年代 - 2007年
著名な家族 山本勝巳(父)
山本薩夫(叔父)
山本圭(弟)
山本亘(弟)
主な作品
テレビドラマ
愛と死を見つめて』<1964年版>
ありがとう
白い巨塔
不良少女と呼ばれて
春の波涛
八代将軍吉宗
映画
戦争と人間

山本 學(やまもと がく、1937年1月3日[1] - )は、日本俳優たむらプロ所属。山本 学表記での出演作も数多く、クレジットが「山本學」に統一されたのは、1990年代半ば以降である。大阪府茨木市生まれ[1]東京育ち。成蹊中学校・高等学校卒業、成蹊大学政経学部中退[1]

人物・来歴[ソースを編集]

高校の同級生に服部克久梶谷剛がいた[2]

当初は建築家の父を継ぐつもりであったが、たまたま見た芝居の舞台装置に興味を持ち、弟・圭の友人だった東野英治郎に相談し、1955年俳優座養成所第7期生となる(同期は水野、大山のぶ代井川比佐志)。

1956年には大学を中退。

1957年、『裸の町』の丁稚役でデビュー。

1958年劇団新人会へ入団し、テレビドラマと舞台に相次いで出演(劇団は1972年に退団[1])。以降、バイプレーヤーとしての評価を確固たるものにし、1970年代の時代劇での狂気的な悪役など、特異な存在感を持つ怪優としても個性を発揮。

1980年には演劇プロデュースを目的とした「五五の会」を設立[1](三三五五集まって良い舞台をつくり三三五五散る、との趣旨の名)。『時代屋の女房』『馬車道の女』『罠』などを上演した。中でもロベール・トマ作の『罠』は20余年かけて全国津々浦々の劇場をまわった。

1993年には、第18回(1992年度)菊田一夫演劇賞を受賞した(『雁金屋草紙』、『晩菊』の演技に対して)[1]

テレビドラマでは医師役が多く、中でも1978年に『白い巨塔』で演じた内科医・里見脩二役は代表作の1つ。医師役を演じるたびに実際に医者の元へ足を運び、台詞回しや診察の所作などについて教えを請うスタイルを貫いており、「勉強せずには演じることはできない」という信条は養成所時代から修練されたもの(内科医と外科医の雰囲気の違いさえも意識して演じ分ける)。ある医者の元へ通いつめるうち、半ば呆れられて貰った「マイ聴診器がある」と、インタビューで語ったことがある[要出典]

1966年には養成所時代から10数年交際していた水野と結婚したが、1969年に離婚[3]。その後、広島原爆の被爆者である一般人の女性と再婚したが、2007年に死別[4]

2012年9月の自民党総裁選挙では、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めた[5]

出光興産日章丸新田辰男船長は伯父にあたる。

出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

  • 菊枕(1974年 芸術座
  • 嫁しゅうとめ(1983年 芸術座)
  • 新 となりの芝生(1986年 芸術座)
  • お嫁に行きたい!!(1987年 芸術座)
  • 忘れ扇(1989年、明治座
  • 晩菊(1993年 芸術座)
  • 新・恋山彦(2001年1月 新橋演舞場
  • 春が来た(2002年8月 ル・テアトル銀座)
  • ビギン・ザ・ビギン(2002年11月 帝国劇場
  • 罠(「五五の会プロデュース」全国公演)
  • マリー・アントワネット(2004年11月 新橋演舞場)(2006年4月~5月 大阪松竹座)
  • おんなたちの同窓会(2005年1月 名鉄ホール)
  • 放浪記(1987年~ 芸術座他)
  • ツキコの月 そして、タンゴ(2005年10月 帝国劇場、11月 中日劇場)
  • 流星に捧げる(2006年3月 紀伊國屋サザンシアター)
  • 眉山(2007年、2009年8月1日~8月18日 明治座)

劇場アニメ[ソースを編集]

吹き替え[ソースを編集]

携帯配信ドラマ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f 『テレビタレント人名事典 第3版』日外アソシエーツ、1997年、pp.1056-1057
  2. ^ 「同級生交歓」『文藝春秋』2013年9月号、p.72
  3. ^ 水野久美、樋口尚文『女優水野久美 怪獣・アクション・メロドラマの妖星』洋泉社、2012年、pp.189.201
  4. ^ 広島女学院同窓会報
  5. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会/会員一覧
  6. ^ “瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送”. ウォーカープラス. (2015年4月14日). http://news.walkerplus.com/article/57652/ 2015年4月17日閲覧。 
  7. ^ “田辺誠一:WOWOWドラマWで主演 出世欲全開の元エリート警官に”. まんたんウェブ (株式会社毎日新聞デジタル). (2015年11月18日). http://mantan-web.jp/2015/11/18/20151117dog00m200026000c.html 2015年11月18日閲覧。 
  8. ^ 作品情報『フローレンスは眠る』”. 映画.com. 2016年1月22日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]