マッカーシズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・レイモンド・マッカーシー

マッカーシズム: McCarthyism)とは、1950年代アメリカ合衆国で発生した反共産主義に基づく社会、政治的運動。アメリカ合衆国上院議員のジョセフ・レイモンド・マッカーシーによる告発をきっかけとして、共産主義者であるとの批判を受けた政府職員、メディアの関係者などが攻撃された。

歴史[編集]

アメリカでは第1次世界大戦後にボリシェヴィキアナーキズムに対する警戒心が高まった。1930年代から1940年代初めになると反ファシストを旗印に掲げるアメリカ共産党労働運動に浸透し小規模ながら一定の支持を獲得していた。これらの組織は政府よる監視を受けていたが、第二次世界大戦中はソビエト連邦との協調が優先され表立った弾圧は行われなかった。

第二次世界大戦が終結すると、アメリカ合衆国とソビエト連邦との潜在的な対立が直ちに表面化した。国共内戦に勝利した中国共産党によって中華人民共和国が成立したこと、1949年のソビエト連邦による原爆実験の成功、1950年に勃発した朝鮮戦争などが原因でアメリカ国内では共産主義への脅威論が高まっていた。1945年には戦時中にニューヨークでソ連のためにスパイ活動を行なっていたエリザベス・ベントリーFBI軍需生産委員会で働いていた経済学者ネイサン・シルバーマスターや財務次官補のハリー・ホワイトなどのスパイ行為を暴露した。ハリー・ホワイトは1948年に下院の下院非米活動委員会でスパイ行為を否定した数日後に急死した。

1947年には非米活動委員会でハリウッドにおけるアメリカ共産党の活動が調べられた。チャーリー・チャップリンジョン・ヒューストンウィリアム・ワイラーなども対象となり、委員会への召喚や証言を拒否した10人の映画産業関係者(ハリウッド・テン)は議会侮辱罪で訴追され有罪判決を受け、業界から追放された(ハリウッド・ブラックリスト)。グレゴリー・ペックジュディ・ガーランドヘンリー・フォンダハンフリー・ボガートダニー・ケイカーク・ダグラスバート・ランカスターベニー・グッドマンキャサリン・ヘプバーンフランク・シナトラなどが反対運動を行う一方で、エリア・カザンや、ウォルト・ディズニーゲーリー・クーパーロバート・テイラー、そして後のアメリカ大統領ロナルド・レーガンなどは告発者として協力した。

1948年には国務省職員のアルジャー・ヒスが、アメリカ共産党員でソ連のGRUのスパイであったウィテカー・チャンバーズからヒス自身もスパイであったと告発を受けた。ヒスは非米活動委員会で以前にスパイ行為を否定していたため偽証罪で訴追され1950年に有罪判決を受けた。ソ連は大戦中からアメリカ国内に諜報網を構築しており、原爆開発の情報などを入手していた。同1950年にはドイツ出身のイギリス人でありマンハッタン計画に参加していた物理学者クラウス・フックスジュリアス・ローゼンバーグエセル・グリーングラス・ローゼンバーグの夫妻によるスパイ行為も発覚した(ローゼンバーグ事件)。

ウィスコンシン州選出の共和党上院議員であったマッカーシーは、1950年2月9日のリンカーン記念日ウェスト・ヴァージニア州ウィーリングの共和党女性クラブにおける講演において、国務省にいる共産主義者のリストを持っていると述べ、「国務省に所属し今もなお勤務し政策を形成している250人の共産党党員のリストをここに持っている」と発言した。この発言はメディアの関心を集めた。「マッカーシズム」という言葉がはじめて用いられたのはワシントン・ポストの1950年3月29日付の風刺漫画においてである。

これをきっかけとしてアメリカ国内の様々な組織において共産主義者の摘発が行われた。議会において中心となったのは1938年に下院で設立された非米活動委員会である。

マッカーシーはその告発対象をアメリカ陸軍マスコミ関係者、映画関係者や学者にまで広げた。マッカーシーやその右腕となった若手弁護士ロイ・コーンなどによる「共産主義者リスト」の提出に代表される様な様々な偽証や事実の歪曲や、自白や協力者の告発、密告の強要を強いた。

エドワード・R・マロー

マッカーシズムは共和党だけでなく、民主党の一部の議員からも支持を集めていた。後にアメリカ大統領となる民主党上院議員ジョン・F・ケネディもマッカーシーの支持者であり、後にマッカーシーに対する問責決議案が提出された際には入院を理由として投票を棄権している。

マッカーシーが告発の対象を軍内部にまで広げ、軍幹部が問題に及び腰であると批判したことは軍からの強い反発を招いた。1954年3月9日にはジャーナリストエドワード・R・マローが自身がホストを務めるドキュメンタリー番組『See It Now』の特別番組内でマッカーシー批判を行ったこともマッカーシーへの批判が浮上するきっかけとなった。

1954年12月2日に上院は賛成67、反対22でマッカーシーが「上院に不名誉と不評判をもたらすよう行動した」として譴責決議を可決した。

映画化[編集]

映画人・俳優達への告発騒ぎはのちに映画化された。

参考文献[編集]

  • 陸井三郎『ハリウッドとマッカーシズム』筑摩書房、1990年
  • R.H.ロービア『マッカーシズム』岩波書店、1984年
  • マーク・エリオット『闇の王子ディズニー』草思社、1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]