密告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

密告(みっこく)とは、密かに告発すること。

字義的な意味[編集]

友人同士の悪事や、悪戯の犯人などを知らせることは「告げ口」程度に認識されることが多い。告発という言葉のもつ響きでは政治に対する批判や、生活に対する不満を口にする者を、治安当局に通報することを指すことが多い。ただ、日本の若者の使うスラングの「チクる」も「密告る」と字が当てられることもある。この隠語として「タレコミ」と「チンコロ」がある(後者はやくざ等の裏社会に属する者が使う事がある)。信頼関係に基づき言った言葉がそのまま密告されることもあるため、日本では信頼を損なう行為として認識されている。

制度としての密告[編集]

歴史的には恐怖政治軍事独裁社会主義による政権下においては、政治批判や日常生活の不満を密告者によって集め、批判や不満を言う者を思想的に弾圧し、また国民同士が監視しあうことによって団結して国家への反駁を防ぐことが行なわれてきた。これら制度としての密告は、すでに密告が当然となった社会の中で行なわれるために「密か」という前提条件はあまり成立しないが、密告者が誰かという秘密は守られる。

密告する対象としては友人や隣人があげられるが、家族も対象となる場合があり実際ソ連中国北朝鮮東ドイツではこの告発をもとに逮捕されたケースも無数に存在する。

通常、密告を行えば、密告者には報奨が支払われる。このため、密告者の中には自身の安泰と報奨目当てにでたらめな告発を行う者もいる。密告がなされないままなんらかの原因で支配層に対する反乱、反抗、およびそれに類する行為が発覚した場合は、密告をしなかったことが処罰の対象になる場合がある。

近代国家ではこうした密告制度が現存している国は少ないが、大韓民国国家保安法では、密告が義務付けられている(誣告が確認された場合は密告者が処罰される)。 同様に、日本の企業の中には、会社や経営幹部に不満を持つ社員を監視する目的で密告制度を設けている企業もあるという。

関連項目[編集]