ノート:密告

Jump to navigation Jump to search

かなり古い本なので、現在検証できるかどうかは分かりませんが、「韓国からの通信」(岩波新書)がソースのような気がします。朴明哲 2006年9月5日 (火) 15:18 (UTC)利用者:朴明哲

不祥事の密告[編集]

現代では不祥事が何らかの経緯で、関係者あるいは外部の人物によって密告されることが多い。密告自体は「不正を正す意味」では正当化されるが、「個人の落ち度を咎める」というレベル(例・高校時代のテスト中のカンニングを、20年後の同窓会の席で密告される。これが原因で卒業を取り消された=退学扱い、という話)になると、プライバシーの侵害と名誉毀損になる場合がある。以上の署名の無いコメントは、218.218.69.75会話/whois)さんが[2008年3月15日 (土) 12:55 (UTC)]に投稿したものです(ネッツによる付記)。