ジュディ・ガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジュディ・ガーランド
Judy Garland
Judy Garland
1942年撮影
本名 Frances Ethel Gumm
生年月日 (1922-06-10) 1922年6月10日
没年月日 (1969-06-22) 1969年6月22日(47歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
配偶者 デヴィッド・ローズ(1941–1944)
ヴィンセント・ミネリ(1945–1951)
シドニー・ラフト (1952–1965)
マーク・ヘロン(1965–1967)
ミッキー・ディーンズ(1969)
著名な家族 ライザ・ミネリ(娘)
主な作品
オズの魔法使』(1939年)
若草の頃』(1944年)
イースター・パレード』(1948年)
スタア誕生』(1954年)
 
受賞
アカデミー賞
子役賞
1939年オズの魔法使
AFI賞
AFIアメリカ映画100年シリーズ
映画スターベスト100
1998年(女優部門第8位)
グラミー賞
アルバム・オブ・ザ・イヤー
1962年『Judy at Carnegie Hall』
最優秀歌唱賞
1962年『Judy at Carnegie Hall』
特別賞
1997年
ゴールデングローブ賞
女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
1954年スタア誕生
セシル・B・デミル賞
1961年
その他の賞
備考
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム
テンプレートを表示

ジュディ・ガーランド英語: Judy Garland1922年6月10日 - 1969年6月22日)は、アメリカ合衆国女優歌手。子役として出演した『オズの魔法使』で大人気を博し、以後も『スタア誕生』などで抜群の歌唱力を披露して1940〜50年代のハリウッドを代表する大スターの一人となった[1]。娘のライザ・ミネリも女優。身長151cm[2]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

ミネソタ州出身。本名はフランシス・エセル・ガム(Frances Ethel Gumm)。父親がボードビリアン、母親がピアニストの家庭で3人姉妹の末っ子として生まれる。芸名の「ジュディ」は彼女が好きだった歌のタイトルから、「ガーランド」はボードビリアン、ジョージ・ジェッセルが彼女たち姉妹を評して「ガーランド(花輪)のようだ」と言ったことから付けたと言われている。

デビュー[編集]

ガム・シスターズの2人の姉とともに(1935年頃)

1929年、2人の姉と共にガム・シスターズの一人としてデビュー。1935年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)と専属契約。当初採用候補だったディアナ・ダービンとジュディのうち社長のルイス・メイヤーは「ジュディを追い出せ」とプロデューサーアーサー・フリードに命じたが、ジュディの歌唱力に注目したフリードが指示を無視してジュディと契約を結んだ。後年、娘のライザ・ミネリは母はディアナと違いダンスが上手であったのがMGMとの契約に有利に働いたのだろうと語っている。なおフリードは関係を持った女優に仕事を回す「キャスティング・カウチ」で悪名高く、また突然の契約だったことから、フリードと当時13歳のジュディの間に性的関係があったとする憶測・中傷が当時から流されたが現在では否定されている。 しかしディアナはジュディより美人でルックスも性格も良く演技力が高いだけでなく、ポップスからオペラまで歌いこなせる希有な子役で、ユニバーサルと契約後に直ぐに少女スターとして大成功した逸材であった。


当時13歳のジュディは肥満気味だったため、MGMは契約に「スリムでいること」を含め強制的なダイエットを命じた。体質的に太りやすかった彼女は当時のハリウッドのスタジオでダイエット薬として使用されていた覚醒剤アンフェタミン)を常用するようになる。


『オズの魔法使』撮影時のジュディ(1939年)

『オズの魔法使』[編集]

1939年にミュージカル映画『オズの魔法使』で主役ドロシーに大抜擢され、人気スターとなる。

『オズの魔法使』ポスター

『オズの魔法使』を製作したMGMは、当初、ドロシー役をライバル社20世紀FOXの人気子役だったシャーリー・テンプルに演じさせようと考え、その条件としてMGM側がクラーク・ゲーブルジーン・ハーロウという2人の大スターを20世紀FOXへ貸し出す交渉がすすめられていた。

しかしハーロウが1937年に急死し、交渉が頓挫したため、代役としてジュディが急遽ドロシー役を演じることになった[3]

結果『オズの魔法使』はジュディの才能を大々的に世に知らしめるものとなり、この役でアカデミー子役賞を受賞する。

初恋合戦』(1938年)

MGMは当時の大スターだったミッキー・ルーニーとコンビを組む「舞台裏ミュージカル」と呼ばれるシリーズを次々と制作しヒットさせた[4]。2人は『サラブレッド・ドント・クライ』(1937年)で初共演した。ルーニーが主役のアンディ・ハーディを演じるハーディ・ファミリー・シリーズの4作目『初恋合戦』(1938年)に、ガーランドは隣に住む少女として出演した。ただしアンディが恋するのはラナ・ターナー演じるシンシアである。『青春一座』(1939年)で初めてダブル主演となり、その後ハーディ・ファミリー・シリーズの『アンディ・ハーディ・ミーツ・デビュタント』(1940年)、『二人の青春』(1941年)を含む5作で共演した。また、空前の大ヒットとなった『若草の頃』(1944年)、『ハーヴェイ・ガールズ英語版』(1946年)、フレッド・アステアと共演する『イースター・パレード』(1948年)といった娯楽大作で主役をつとめ、国民的な人気俳優としての地位を不動のものとしてゆく。

乱れる生活[編集]

1941年に作曲家のデヴィッド・ローズと結婚した。翌年妊娠したが、当時カリフォルニア州では違法だった堕胎手術を受けている。1943年に離婚。

1943年
1945年

そしてこの頃から神経症と薬物中毒の影響が表面化し始め、撮影への遅刻や出勤拒否を繰り返すようになる。1947年に出演した『踊る海賊』の撮影では、130日余の撮影中に36日しか姿を見せていない。撮影後にはジュディ自身が「私の最初の精神病院入院」と呼ぶサナトリウムへの長期入院[5][6]を余儀なくされ、自殺未遂事件[7]を起こす。以降、度々薬物治療のための入退院を繰り返すこととなる。

1945年、映画監督のヴィンセント・ミネリと再婚。翌1946年3月、のちに女優となる娘ライザ・ミネリを出産する。ライザは2歳のとき『グッド・オールド・サマータイム英語版』(1949年 日本未公開)で子役として映画デビューしている。

その後も乱脈な生活と不安定な精神状態はつづき、1949年に計画されていた『ブロードウェイのバークレー夫妻英語版』で、撮影を放棄するなどしたため主役を降板している。同年に映画『アニーよ銃をとれ』の撮影中に錯乱状態に陥ってアニー役から下ろされてしまう。ミュージカル「アニーよ銃をとれ」の映画化「アニーよ銃をとれ」でタイトル・ロールアニー・オークレイ役に配役された。エセル・マーマンのイメージが強いアニー役を演じることに神経質になっており、長年の子役から脱却した後に大人らしくない役を演じることに不安であり、バスビー・バークレー監督との不仲もあった。バークレーは全ての楽曲を演出しており、ガーランドの努力不足、態度、熱意に厳しかった。ルイス・B・メイヤー社長に文句を言い、バークレーを作品から解雇させようとした。この時ガーランドはうつ病で遅刻や欠席をするようになり、治療のため電気ショック療法を受けていた。[8][9][10]

1949年5月10日、ガーランドは降板させられ、バークレーの演出に意欲のあったベティ・ハットンが後継となった[11]。ガーランドはマサチューセッツ州ボストンにあるピーター・ベント・ブリガム病院に長期入院し、その後しばらくして飲食も睡眠も通常通りに戻った。入院中、体の不自由な子供たちと会うことで癒しとなり、1964年のインタビューにおいて、入院中の回復について、さらには「愛の奇跡 (映画)英語版」(1963年)への影響について語った[12]

解雇[編集]

1950年公開の『サマー・ストック英語版』(日本未公開)の撮影時1949年、以前と比較して20ポンド(約9キロ)も太り、撮影をまたも振り回した。ジュディは結果的にダイエットを成功させたものの、業を煮やしたMGMはジュディを解雇。ショックを受けた彼女は再び自殺未遂事件を起こす。翌1950年にはヴィンセント・ミネリと離婚。

1952年シドニー・ラフトと3度目の結婚をし、彼や友人のビング・クロスビーたちの勧めに従ってハリウッドを離れ、ロンドンニューヨークで歌手としてステージ活動を行う。これが成功し、ジャズ歌手としてのジュディの歌唱力が人々に再認識されることとなった。

銀幕復帰[編集]

1954年ワーナー・ブラザースで撮影された『スタア誕生』で久々の映画出演を果たす。この作品は大ヒットし、ジュディはゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。そしてアカデミー主演女優賞にノミネートされた。しかしワーナー・ブラザースは、撮影中の遅刻や出勤拒否、それに伴う制作費の増大を問題視し、彼女の受賞のための宣伝や根回しを一切行わなかったほか、授賞式前に「彼女ではもう二度と映画は撮らない」と宣言した。結局、主演女優賞は『喝采』のグレース・ケリーが受賞し、ジュディの受賞はならなかった。受賞を逃した失意により、彼女の私生活は再び荒れはじめ、数度の自殺未遂を起こしている。

サミー・デイヴィスJr.は自伝の中で「何故あの時ジュディが敗れたのか、どうしてもわからなかった。誰かが彼女を罰しようとしたのだ」と記している。

1961年、彼女は7年ぶりに大作『ニュールンベルグ裁判』で映画に出演。バート・ランカスターマレーネ・ディートリヒと共演し、変わらぬ演技力を見せてアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

また、同年行ったカーネギー・ホールでのコンサートは「ショービジネス最高の一夜」と称され、収録した『ジュディ・アット・カーネギー・ホール英語版』はグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞。ジュディ自身も最優秀女性歌唱賞を受賞する[13]

だがその後、薬物中毒と神経症はさらに悪化。逮捕されることはなかったものの、FBIはジュディを監視しており、膨大なFBIの監視記録が残されている[14]

晩年[編集]

1965年にはシドニー・ラフトとも離婚。その後、2度結婚している(生涯に5回結婚)。

1969年6月22日に滞在先のロンドンで、睡眠薬の過剰摂取にてバスルームで死去。自殺とする説もある。47歳だった。

彼女には莫大な収入があったがその大半を浪費してしまっており、埋葬の費用にも事欠いたという。長女のライザ・ミネリは、「母はハリウッドが大嫌いだった」「母を殺したのはハリウッドだ」と発言し、ハリウッドではなくニューヨークで葬儀を執り行い、ニューヨーク郊外の墓地にジュディを埋葬した(2017年になって遺族の意向によりハリウッドへ墓所が移されている[15])。

評価[編集]

  • ゴールデン・グローブ賞は『スタア誕生』で最優秀女優賞を受賞 (1955年)したほか、生涯功労賞も受賞している (1962年)。グラミー賞は受賞2回、また近年になって生涯功労賞を授与されている (1999年)[13]
  • アメリカ合衆国郵政公社(US Postal Service)は、過去に彼女をデザインした記念切手を発売しており、1990年3月23日に発行されたアメリカクラシック映画切手の4種のうち1種には、オズの魔法使いでドロシー役に扮したものが描かれている。もう一つは2006年6月10日に俳優シリーズとしてジュディの肖像画切手が発行されている。
  • 映画データベース「IMDb」が行った「偉大なハリウッド女優100人」のランキングでは24位[16]

ジュディは性的にきわめて奔放な存在として語られてきたが、現在ではそうした逸話の多くが元夫や伝記作家によって極端に誇張されていたことが明らかになっている[17]

LGBTQへの影響[編集]

ゲイ・アイコンも参照

ジュディは60年代のアメリカで同性愛者に対して理解を示していた数少ない著名人の一人だった。ジュディの父親がホモセクシュアルであり、自身もバイセクシュアルだったとされる[18]。そのため彼女の死のニュースは、当時の同性愛者のコミュニティに大きな動揺をもたらした。史上初の同性愛者による暴動「ストーンウォールの反乱」は、ジュディの葬儀が行われた教会付近で葬儀翌日に起きており、彼女の死によるコミュニティ内でのショックが影響していたとも言われているが証拠はない[19]。こうした経緯から、ジュディは同性愛者にとって象徴的な存在となった。現在「レインボー・フラッグ」が同性愛解放運動の象徴として用いられるのは、彼女が『オズの魔法使』で歌った「虹の彼方に」から由来しているという説もあるが、これも証拠はでていない[19]。また「ドロシー(=ジュディ)のお友達」はスラングで「同性愛者」を指すことがある。ゲイを公言しているエルトン・ジョンが、ジュディへの追悼歌として書いた「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」の「黄色いレンガの道」は、「オズの魔法使」でドロシーたちが「魔法使」に会いに行くために通る道(黄色の煉瓦でできた道)に由来する。

主な出演作品[編集]

『初恋合戦』(1938)
『オズの魔法使』
若草の頃(1944)
公開年 邦題
原題
役名 備考
1936 フットボール・パレード
Pigskin Parade
1937 踊る不夜城
Broadway Melody of 1938
ベティ・クレイトン
サラブレッド・ドント・クライ
Thoroughbreds Don't Cry
クリケット・ウエスト
1938 初恋合戦
Love Finds Andy Hardy
ベッツィー・ブース
1939 オズの魔法使
The Wizard of Oz
ドロシー
青春一座
Babes in Arms
パッツィー・バートン
1940 アンディ・ハーディ・ミーツ・デビュタント
Andy Hardy Meets Debutante
ベッツィ・ブース
ストライク・アップ・ザ・バンド
Strike Up the Band
メアリー・ホールデン
リトル・ネリー・ケリー
Little Nellie Kelly
ネリー・ヌーナン
1941 美人劇場
Ziegfeld Girl
スーザン・ギャラハー
二人の青春
Life Begins for Andy Hardy
ベッツィー・ブース
ブロードウェイ
Babes on Broadway
ペニー・モリス
1942 フォー・ミー・アンド・マイ・ギャル
For Me and My Gal
ジョー
1943 万雷の歓呼
Thousands Cheer
本人
ガール・クレイジー
Girl Crazy
ジンジャー・グレイ
1944 若草の頃
Meet Me in St. Louis
エスター・スミス
1945 二日間の出会い
The Clock
アリス・メイベリー
ジーグフェルド・フォーリーズ
Ziegfeld Follies
1946 ハーヴェイ・ガールズ
The Harvey Girls
スーザン
雲流るるはてに
Till the Clouds Roll By
マリリン・ミラー
1948 踊る海賊
The Pirate
マヌエラ
イースター・パレード
Easter Parade
ハンナ・ブラウン
1949 グッド・オールド・サマータイム
In the Good Old Summertime
ヴェロニカ・フィッシャー
1950 サマーストック
Summer Stock
ジェーン
1954 スタア誕生
A Star Is Born
エスター
1961 ニュールンベルグ裁判
Judgment at Nuremberg
アイリーン・ホフマン・ヴァルナー
1963 愛の奇跡
A Child Is Waiting
ジェーン・ハンセン
愛と歌の日々
I Could Go on Singing
ジェニー・ボウマン

ギャラリー[編集]

伝記映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Greatest 100 Actress of All Time in Hollywood”. 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ Judy Garland”. IMDb. 2022年7月2日閲覧。
  3. ^ Juneau p. 37
  4. ^ dOc DVD Review: Mickey Rooney & Judy Garland Collection (Babes in Arms/Strike Up the Band/Babes on Broadway/Girl Crazy) (1939–1943)”. Digitallyobsessed.com (2009年4月1日). 2010年4月3日閲覧。
  5. ^ Edwards p. 108
  6. ^ Judy Garland – Career Timeline | American Masters”. PBS (2004年7月7日). 2010年4月3日閲覧。
  7. ^ Frank p. 231
  8. ^ Judy Garland's Legacy”. CBS. 2015年7月5日閲覧。
  9. ^ “Judy Garland among long list of creative figures given ECT”. The Scotsman. http://www.scotsman.com/news/health/judy-garland-among-long-list-of-creative-figures-given-ect-1-2183163 2015年7月5日閲覧。 
  10. ^ Fricke, John (2011). Judy: A Legendary Film Career. Running Press. p. 286 
  11. ^ Clarke 2001, p. 255.
  12. ^ Judy Garland: 1964 Australian Interview” (1964年5月). 2021年12月12日閲覧。 “Well it helped me by just getting my mind off myself and ... they were so delightful, they were so loving and good and I forgot about myself for a change”
  13. ^ a b Judy Garland | Artist”. Grammy.com. 2020年12月6日閲覧。
  14. ^ Scott Schechter, Judy Garland: The Day-by-Day Chronicle of a Legend (2006) P.64
  15. ^ “[Judy Garland's new resting place after her remains are moved from New York to Hollywood 'to be near her three children' Judy Garland's new resting place after her remains are moved from New York to Hollywood 'to be near her three children']”. Daily Mail. 2018年12月20日閲覧。
  16. ^ The Greatest 100 Actress of All Time in Hollywood”. IMDb. 2018年12月11日閲覧。
  17. ^ Garland, Judy. (2018). In P. Lagasse, & Columbia University, The Columbia encyclopedia (8th ed.).; Judy Garland. (2001). In P. Hardy, The faber companion to 20th century popular music (3rd ed.). London, UK: Faber and Faber Ltd.; Young, G. (2008). Garland, Judy (1922-1969). In J. P. Byrne, P. Coleman, & J. King (Eds.), Ireland and the Americas: culture, politics, and history. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. ; Frank, Gerold. Judy. New York: Harper & Row. 1975
  18. ^ デイヴィッド・シップマン 『ジュディ・ガーランド』 (キネマ旬報社、1996) pp.153-154
  19. ^ a b ジュディ・ガーランドはなぜゲイの人々から支持され、ゲイ・カルチャーのアイコンになったのか?”. uDiscovermusic (2020年3月5日). 2022年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]