陸井三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸井 三郎(くがい さぶろう、1918年(大正7年)6月28日 - 2000年(平成12年)1月13日)は、日本の国際政治評論家である。『ハリウッドとマッカーシズム』などの著作で知られる。

経歴[編集]

東京出身。1940年、青山学院(のちの青山学院大学)高等商学部を卒業[1]第二次世界大戦中は太平洋協会、戦後は世界経済研究所に勤務し、アメリカ研究所長(1966年 - 1973年)、アジア・アフリカ研究所員(1961年 - 2000年)、「ベトナムにおける戦争犯罪調査日本委員会」事務局長(1966年 - 1975年)を歴任した[2]。1967年、ヴェトナム戦争における米国の戦争犯罪を裁く民衆法廷「国際戦争犯罪法廷」(ラッセル法廷)に参加し、調査や証言を行った[3]

2000年1月13日未明、心不全で死去。81歳。練馬区豊玉上にて1人暮らしをしていたが、連絡が取れなくなったことを心配した親類が1月14日に陸井の自宅を訪れた結果、死亡していたことが判明した[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヒステリー・エージ』 月曜書房、1952年
  • 『原子力問題事典』 福音館書店、1955年
  • 『世界史講座(第7巻) 現在の世界』 東洋経済新報社、1956年
  • 『オートメーションの経済学』 青木書店、1957年
  • 『社会主義対資本主義――米ソ角逐する現代史』 光文社(カッパ・ブックス)、1958年
  • 『技術的進歩と資本主義』 三一書房、1960年
  • 三一書房版社会科教育大系編集委員会編『社会科教育大系(第4巻)』 三一書房、1961年
  • 『学習講座社会科学の基礎(第4巻)』 青木書店、1964年
  • 『現代のアメリカ』 三一書房(三一新書)、1964年
  • 『ベトナム戦争と米国外交経済の動向 国際事情第八十二回月例研究会』 ジャパン・プレス・サービス、1966年
  • 『北爆下の北ベトナムから帰って 国際事情第八十四回月例研究会』 ジャパン・プレス・サービス、1967年
  • 『現代アメリカの亀裂――ベトナム・黒人問題・暗殺』 平和書房(平和新書)、1968年
  • 『資料・ベトナム戦争』 紀伊国屋書店、1969年
  • 日本平和委員会編『平和運動20年記念論文集』 大月書店、1969年
  • 『幻想のアメリカ――1500万の飢餓の人びと』 ダイヤモンド社、1971年
  • 『インドシナ戦争』 勁草書房(AA叢書)、1971年
  • 『ゆらぐドル帝国』 学習の友社、1971年
  • 『ベトナム帰還兵の証言』 岩波書店岩波新書)、1973年
  • 『大国と第三世界――崩れる“力による支配”』 日本経済新聞社(日経新書)、1975年
  • 歴史科学協議会編『歴史科学への道 歴史科学入門講座(下)』 校倉書房、1976年
  • 『アメリカの権力――可能性と限界 陸井三郎評論集』 すずさわ書店(すずさわ叢書 7)、1976年
  • 『デタント――反革命世界戦略 陸井三郎評論集』 すずさわ書店(すずさわ叢書 9)、1976年
  • 『ハノイでアメリカを考える 陸井三郎評論集』 すずさわ書店(すずさわ叢書 12)、1976年
  • 『アメリカの核・エネルギー戦略――カーター政権の課題とその展開』 東西貿易経済研究所、1977年
  • 『アメリカと現代世界』 東研、1978年
  • 『現代世界を考える』 三省堂、1978年
  • 『ハリウッドとマッカーシズム』 筑摩書房、1990年

共著[編集]

共編著[編集]

  • 『キューバからベトナムまで―アメリカの侵略工作』 新日本出版社(新日本新書)、1965年(岡倉古志郎との共編著)
  • 『核で核は防げるか』 三省堂、1982年(服部学との共編著)

訳書[編集]

  • ノーマン『日本における兵士と農民』 白日書院、1947年
  • ブラムシュテット『独裁と秘密警察――恐怖による支配の技術』 みすず書房、1951年
  • オーエン・ラティモア『アメリカの審判』 みすず書房、1951年
  • ニム・ウェールズ『紅い塵(上)――新中国の革命家たち』 新評論社、1953年
  • E・H・S・バーホップ『原子力の挑戦』 中央公論社、1955年
  • A・アンゲロポウロス『原子力と現代史』 平凡社(へいぼん・ぶっくす)、1956年
  • 『世界大思想全集(第2期) 社会・宗教・科学思想篇 第17』 河出書房、1956年
  • A・クラミッシュ、E・M・ザッカート『原子力と産業』 紀伊国屋書店、1959年
  • C・F・カーター、B・R・ウィリアムズ『技術革新と投資』 紀伊国屋書店、1960年
  • ウォルター・アダムス、ホレイス・M・グレイ『アメリカの独占――プロモーターとしての政府』 至誠堂、1960年
  • ヘレン・アルフレッド編『社会主義とはなにか』 三一書房(三一新書)、1961年
  • アプセーカー『ライト・ミルズの世界――大衆社会論批判』 青木書店、1962年
  • I・F・ストーン英語版『危険なアメリカ』 徳間書店、1966年
  • D・W・コンデ『アメリカは何をしたか』 太平出版社(太平選書)、1967年
  • ウィリアム・ルクテンバーグ『ローズヴェルト 二十世紀の大政治家(3)』 紀伊国屋書店、1968年
  • ドムホフ現代アメリカを支配するもの』 毎日新聞社(エコノミスト シリーズ)、1971年
  • D・W・コンデ『現代朝鮮史(2) 1950-53年 朝鮮戦争の歴史』 太平出版社、1971年
  • チャールズ・フェン『ホー・チ・ミン伝(上)』 岩波書店(岩波新書)、1974年
  • チャールズ・フェン『ホー・チ・ミン伝(下)』 岩波書店(岩波新書)、1974年
  • ジョイス・コルコ『世界資本主義の危機(上)』 岩波書店(岩波新書)、1975年
  • ジョイス・コルコ『世界資本主義の危機(下)』 岩波書店(岩波新書)、1975年
  • マリー・カルドー『戦争論と現代――核爆弾の政治経済学』  社会思想社、1986年
  • ジョイス・コルコ『世紀末恐慌と世界経済――リストラクチャリング・プロセス』 社会思想社、1989年

共訳書[編集]

  • 『ソヴェトの原子力』 三一書房(三一新書)、1955年(野中昌夫との共編訳)
  • ジャック・ベルデン『中国は世界をゆるがす(上)』 青木書店(青木文庫)、1965年(安藤次郎、前芝誠一との共訳)
  • ジャック・ベルデン『中国は世界をゆるがす(中)』 青木書店(青木文庫)、1965年(安藤次郎、前芝誠一との共訳)
  • ジャック・ベルデン『中国は世界をゆるがす(下)』 青木書店(青木文庫)、1965年(安藤次郎、前芝誠一との共訳)
  • ハイマン・リューマー『アメリカ貧乏物語』 青木書店(青木現代選書)、1966年(田中勇との共訳)
  • デイヴィッド・コンデ著『絶望のアメリカ』 徳間書店、1967年(田中勇との共訳)
  • シドニー・レンズ『アメリカのラディカリズム』 青木書店、1967年(内山祐以智との共訳)
  • ガブリエル・コルコ『ベトナム戦争全史――歴史的戦争の解剖』 社会思想社、2001年(藤田和子、藤本博、古田元夫との共訳)

脚注[編集]

  1. ^ 『サンケイデータブック'98 人物編〔官公庁・文化人〕』 産経新聞メディックス、1998年、97頁。
  2. ^ 「著者略歴」ガブリエル・コルコ『ベトナム戦争全史――歴史的戦争の解剖』 社会思想社、2001年)。
  3. ^ 「陸井三郎」(kotobank内)。前田朗『国際法を市民の手に 第48回 ラッセル法廷(5)』2004年05月14日発行839号。
  4. ^ 「米国政治などを研究」、2000年1月16日付け朝日新聞朝刊。

外部リンク[編集]