福田逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福田 逸(ふくだ はやる、1948年1月31日[1] - )は、日本演出家翻訳家明治大学名誉教授、国家基本問題研究会評議員。サウンディングズ英米文学研究会、日本シェイクスピア研究会、日本演劇協会、各会員。元財団法人現代演劇協会」理事長。父は劇作家評論家福田恆存神奈川県出身[1]

略歴[編集]

恆存の次男として生まれる。1970年上智大学文学部英文学科卒業。1973年、同大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。以後多くの大学・短大の兼任講師を務め、北里大学専任講師・助教授、明治大学商学部字助教授・教授として勤めるかたわら、父福田恆存の演劇活動を継ぐ。平成25年9月恆5日刊行の(財)現代演劇協会「創立50周年誌」に拠ると結成した「劇団雲」の流れを汲む「劇団昴」等で、シェイクスピア作品ほかの訳・演出、多くの翻訳掛けている。他に、公益財団法人日本文学振興会主催の池寛ドラマ賞選考委員(平3~11年)・(社

日本劇団協議会理事(平成4~11年・15~17年)・同常務理事(平成11~15年)・財団光文シエラザード文化財団理事(平成8~22年)・新国劇場開設準備研修事業専門委員会 専門委員(平成8~9年)・新国立劇運営財団研修事業専門委員会 専門委員(平成9~12年)・公益社団法人国家基本問題研究会評議員(平成23年~)等を歴任。

2011年国家基本問題研究所の評議員に就任[2]

上記、現代演劇協会「創立50周年誌」および、同協会「創立50周年記念公演にパンフレット拠ると、2013年秋、福田恆存の設立した財団法人現代演劇協会を設立50年を期してして解散したている[要出典]

翻訳は主として英語圏の戯曲だが、『エリザベスとエセックス』(1983年)、『名優演技を語る』(1980年)などの伝記、俳優インタビュー等などの翻訳もある。同時に『諸君!』『正論』等の雑誌などにも論文・エッセイを多数発表。

後年は歌舞伎の演出を通して文楽への傾倒が見られ、義太夫で唯一人の人間国宝、七世竹本住太夫へのインタビュー『七世竹本住大夫 私が歩んだ90年』(共著)なども著している。

演出は下記参照。

演出を担当した劇作品[編集]

ジュリアス・シーザー』『マクベス』『リチャード三世』『ハムレット』などのシェイクスピア作品などのほかに、T.ラティガン作『ウィンズロー・ボーイ』、A.フガード作『谷間の歌』、パム・ジェムズ作『マレーネ』、N.カワード作『夕闇』他、恆存の戯曲など多方面にわたり、『西郷隆盛』『武田信玄』『お国と五平』『道元の月』等の「新歌舞伎」、新歌舞伎や新作歌舞伎の演出も手がける。

著書・編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.557
  2. ^ 役員紹介 « 公益財団法人 国家基本問題研究所”. 2012年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]