ヒュー・ホワイトモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・ホワイトモア
誕生 1936年
職業 劇作家、脚本家
国籍 イングランドの旗 イングランド
主な受賞歴 英国脚本家組合賞、エミー賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヒュー・ホワイトモアHugh Whitemore, 1936年 - )は、イギリス劇作家脚本家[1]

経歴[編集]

ホワイトモアはロンドン王立演劇学校演劇を学んだ(現在、ホワイトモアはその評議員を務めている)。経歴のスタートはイギリス国内のテレビドラマの脚本で、オリジナルもあれば、チャールズ・ディケンズサマセット・モームダフネ・デュ・モーリアシャーロット・ブロンテなど古典作品の脚色もある。英国脚本家組合賞(Writers' Guild of Great Britain)も2度受賞している。さらにアメリカ合衆国のテレビドラマも手掛け、その中には、アルジャー・ヒス事件を扱った『Concealed Enemies』(1984年)や、第二次世界大戦直前のウィンストン・チャーチルとクレメンタイン(Clementine Churchill)との苦難の結婚時代を描いた『ギャザリング・ストーム - チャーチル復権への道(The Gathering Storm)』(2002年)の両方でホワイトモアはエミー賞を受賞した。他にもカール・バーンスタイン&ボブ・ウッドワードリチャード・ニクソンに関する本『The Final Days』の脚色でもノミネートされている。

映画では、『All Creatures Great and Small』(1974年)、『青い鳥』(1976年)、『戦場の罠(The Return of the Soldier)』(1982年)、『チャーリング・クロス街84番地(84 Charing Cross Road)』(1987年)、『マイセン幻影(Utz)』(1992年)などの他、近作では、ウィリアム・トレヴァーの中編小説をマギー・スミス主演で映画化した『美しきイタリア、私の家(My House in Umbria)』(2003年)がある。

戯曲では、歴史的人物・事件にスポットを当てることが多い。『Stevie』(1977年)ではイギリスの詩人小説家スティーヴィー・スミス(Stevie Smith)を、『パック・オブ・ライズ(Pack of Lies)』(1983年)では1961年ロシアのためにスパイをしてロンドンで逮捕された2人のアメリカ人を、『ブレイキング・ザ・コード(Breaking the Code)』(1986年)では第二次世界大戦中にドイツエニグマを解読し、後に同性愛で逮捕されたアラン・チューリングを、『The Best of Friends』(1987年)ではウスターシャーのスタンブルック修道院長(Stanbrook Abbey)デイム・ローレンティア・マクラクラン(Dame Laurentia McLachlan)とジョージ・バーナード・ショーならびにケンブリッジのフィッツウィリアム美術館長(Fitzwilliam Museumシドニー・コッカレルSydney Cockerell)との友情を、それぞれ描いた。歴史もの以外では、『肉体の精算(Disposing of the Body)』(1999年)、ルイジ・ピランデルロの戯曲『未知の女』を翻案した『本当の私を捜して(As You Desire Me)』(2005年)などがある。

ホワイトモアは王立文学協会(Royal Society of Literature)の理事である。

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hugh Whitemore Biography (1936-)

外部リンク[編集]