カール・バーンスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・バーンスタイン

カール・バーンスタインCarl Bernstein, 1944年2月14日 - )は、アメリカ合衆国ジャーナリスト

経歴・人物[編集]

ワシントンD.C.出身。ユダヤ系アメリカ人[1]。同僚ボブ・ウッドワードと共に、ウォーターゲートビル侵入事件を明らかにし、リチャード・ニクソン大統領の辞任を引き起こしたワシントン・ポスト紙記者。1973年ピューリッツァー賞を含む多くの賞を受賞した。

1976年にワシントン・ポストを退社。ニューヨーク大学教授となり、ABCネットワークの上級特派員として働き、タイム誌に寄稿した。1981年にはワシントン・ポストに副編集長として戻った。

ロマンティックコメディで知られる脚本家兼映画監督のノーラ・エフロンと結婚していた。マイク・ニコルズ監督、エフロン脚本の『心みだれて』で、その結婚生活がモデルにされた。

著書[編集]

ボブ・ウッドワードとの共著

マルコ・ポリチとの共著

バーンスタイン単著

語録[編集]

「メディアは政府より強力です。しかし、私たちはその力を乱費しています(The media are more powerful than our government institutions, but we are squandering that power.)」 - 1999年

脚注[編集]

関連項目[編集]