村田光平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 光平(むらた みつへい、1938年- )は、日本の元外交官。大学教授。東京都出身。

来歴[編集]

1938年東京都に生まれる。

1961年東京大学法学部卒業後、2年間、外務省研修生としてフランスに留学。

 その後、分析課長、中東第一課長、宮内庁御用掛、在アルジェリア公使、在仏公使、国連局審議官、公正取引委員会官房審議官、在セネガル大使衆議院渉外官などを歴任。

1996年1999年9月、在スイス大使。

1999年2011年東海学園大学教授。

2000年2002年、稲盛財団評議員、京セラ株式会社顧問。

2002年2012年サカエ・シュテンジ財団理事。

2004年2008年、原発震災を防ぐ全国署名連絡会顧問。

2015年、公益財団法人日本ナショナルトラスト顧問(~2004年)、原発震災を防ぐ全国署名連絡会名誉顧問、地球システム・倫理学会常任理事、東海学園大学名誉教授、天津科技大学名誉教授、工学院大学孔子学院客員研究員、日本ビジネスインテリジェンス協会顧問。

参考文献[編集]

  • [1] 2015-03-09閲覧