國松孝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くにまつ たかじ
國松 孝次
生誕 (1937-06-28) 1937年6月28日(83歳)
出身校東京大学法学部第2類
職業警察官僚

國松 孝次(くにまつ たかじ、1937年昭和12年)6月28日 - )は、日本警察官僚、元警察庁長官静岡県浜松市出身。

来歴[編集]

1937年静岡県生まれ[1]静岡県立浜松西高等学校東京大学法学部第2類(公法コース)卒業[1][2]。大学4年生に肺結核を患ったため、民間企業では採用されず、東京大学剣道部師範から警察試験を勧められて入庁[1]

1961年警察庁入庁[1]。警視庁本富士警察署長、警視庁総務部広報課長、在フランス日本国大使館1等書記官、警視庁公安部長、兵庫県警察本部長、警察庁刑事局長などを経て、1993年に警察庁次長。1994年 警察庁長官に就任[2]

1995年、東京都荒川区南千住のマンションで狙撃され(警察庁長官狙撃事件[2][3]、一時危篤状態となったが2ヶ月半後に復帰[4][5]1997年 退官[1]1999年2002年、在スイス特命全権大使[1]2003年、NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク理事長に就任し、2012年から会長を務める[1]

この他、公益財団法人「犯罪被害救援基金」理事長代行、損保ジャパン顧間(非常勤)、日興コーディアルグループ特別顧間(非常勤)、丸紅社外取締役などを務める[6]

人物[編集]

1995年3月の警察庁長官狙撃事件で銃撃された経験から、救急医療の大切さを実感し、NPO法人救急ヘリ病院ネットワークの理事長就任依頼を受けた[4]。ちなみに当時、「狙撃事件の犯人は荒川部落に逃げ込んだ」という噂で持ちきりだったという[3]

人々が実感する治安を体感治安という言葉で表現している[7][8]

DNA型鑑定犯罪捜査に導入することに尽力した[要出典]

息子の国松大介は2008年の宇宙飛行士選抜試験で最終選考まで残っている(ドキュメント宇宙飛行士選抜試験)。

著書[編集]

國松孝次を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 國松 孝次が語る仕事―1│仕事力│朝日新聞ひろば~朝日新聞の読み方をナビゲート” (日本語). 朝日新聞ひろば~朝日新聞の読み方をナビゲート. 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c 国松警察庁長官撃たれる:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  3. ^ a b 日本の路地を旅する』文春文庫、107 - 108頁。
  4. ^ a b 第五十七回 國松孝次 -前偏- “助かる命”を助ける救急医療へ ドクターヘリがつなぐ「命のリレー」|平成の世にサムライを探して|日立ソリューションズ”. www.hitachi-solutions.co.jp. 2020年6月30日閲覧。
  5. ^ 国松警察庁長官が職場に復帰:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  6. ^ 対談◇國松孝次・今明秀 ①【プリベンタブルデス ある救急医の挑戦】 | 救急医をめざす君へ”. qqka-senmoni.com. 2020年6月30日閲覧。
  7. ^ 治安雑感 | ぼうはん日本”. www.bouhan-nippon.jp. 2020年6月30日閲覧。
  8. ^ 「だいじょうぶ」キャンペーン:10周年記念シンポジウム 2月25日・東京、200人参加” (日本語). 毎日新聞. 2020年6月30日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]