文藝春秋読者賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文藝春秋読者賞(ぶんげい しゅんじゅう どくしゃしょう)は、「文藝春秋」の読者が、同誌の最も優れた記事を表彰する賞である。

毎年12月号で募集される。読者は、その年の1月号から12月号までの全記事から、最も面白かった、最も感銘深かった記事を一つ選ぶ。連載、コラム、グラビアも対象となる。それを綴じ込みの料金受取人払いの葉書に書き、編集部へ郵送する。1954年から63年までは年二回であった。

投票数一位から十位までの記事から選考委員が審議して決定する。受賞作は毎年2月号で発表される。受賞者には、賞金の五十万円と記念品の時計が贈られる。また、応募した読者からは抽選で三十名に三万円、二百名に図書カード三千円分が贈られる。

受賞作[編集]

(発表は当該年度翌年の2月号)

選考委員[編集]

参考[編集]

  • 『最新文学賞事典』日外アソシエーツ、2014