福原麟太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年

福原 麟太郎(ふくはら りんたろう、1894年10月23日 - 1981年1月18日)は、日本の英文学者、随筆家。福山市名誉市民[1]

生涯[編集]

広島県沼隈郡神村(現・福山市)生まれ。1912年、広島県立福山中学校(現・福山誠之館高校)卒、東京高等師範学校英語科に学び、在学中、チェスタトンの探偵小説を訳し、『英語青年』に掲載、17年、卒業、20年、研究科修了、この間、『英語青年』の編集に携わる。21年、母校助教授、著書、訳註を何冊か刊行ののち、29年、文部省在外研修員として英国ロンドン大学ケンブリッジ大学に留学しトマス・グレイを研究する。ヨーロッパ、米国旅行を経て31年帰国、東京文理科大学助教授に就く。

1939年教授となり、英文学研究の指導的立場に立つ。太平洋戦争直後の1946年から1953年まで日本英文学会会長を務めた。1949年から1953年まで、東京教育大学文学部長(戦後学制改革し発足)。定年退官後は共立女子大学教授を務め、英文学研究で大きな著作を出版した。1963年4月から1969年3月まで中央大学文学部教授に就いた。

1953年に吉田健一河上徹太郎池島信平と戦後初の渡英。1955年に『近代の英文学 福原麟太郎先生還暦記念論文集刊行会』(研究社出版)が出版された。

1960年、『トマス・グレイの英詩研究』で東京教育大学から文学博士号授与。『トマス・グレイ研究抄』で1961年、『チャールズ・ラム伝』で1964年、二度にわたって読売文学賞受賞。1963年、「英文学を基盤とする随筆一般」の活動に対して日本芸術院賞受賞し[2]、1964年に日本芸術院会員となる[3]。1968年には文化功労者として表彰。1968-69年には『福原麟太郎著作集』(研究社出版)が刊行。

英文学研究に加え、随筆家として『読書と或る人生』、『われ愚人を愛す』など多数著し、晩年を経て、その文学活動は円熟味を増し高く評価された。没後に福武書店で『福原麟太郎随筆全集』が刊行された。

著書[編集]

  • 『英文学の輪廓』研究社, 1923
  • 『詩心巡礼』研究社, 1924
  • 『近代の英文学』研究社, 1926
  • 『英文学を如何に読むか』研究社, 1927
  • 『英文学の修業』研究社 1929
  • 『メリ・イングランド』文教閣, 1934
  • 『春興倫敦子』研究社, 1935
  • 『鏡山先生伝-父の憶ひ出』私家版 1937
  • 『叡智の文学』研究社 1940
  • 『新しい家』研究社, 1942
  • 『文学の世界』河出書房, 1946
  • 『日本の英学』生活社, 1946
  • 『英国的思考』洋々書房, 1947
  • 『英文学旅程』玄理社, 1948
  • 『英語教育論』研究社, 1948
  • 『英文学研究法』新月社, 1949/南雲堂 1974
  • 『英文学六講』金子書房, 1950
  • 『英文学入門』河出市民文庫 1951
  • 『猫』宝文館 1951
  • 『英文学の周辺』法政大学出版局・教養新書 1952/教養選書 1976
  • 『われ愚人を愛す』文藝春秋新社 1952
  • 『人生十二の智慧』新潮社・一時間文庫 1953/講談社学術文庫 1987
  • 『英文学の特質』岩波書店 1954
  • 『新しい英国』吾妻書房 1954
  • 『この世に生きること』文藝春秋新社 1954
  • 『生活の中にある教養』河出新書 1955 
  • 『英学雑談』研究社出版 1955
  • 『年々歳々』朝日新聞社 (朝日文化手帖) 1955
  • 『芸は長し』垂水書房 1956/沖積舎 1987
  • 『中流人の幸福』角川新書 1957
  • 『命なりけり』文藝春秋新社 1957/講談社文芸文庫 1992
  • 『停年の設計』有紀書房 1957
  • 『愚者の知恵』新潮社 1957
  • 『昔の町にて』垂水書房 1957
  • 『日本の英語』研究社出版 1958/恒文社 1997
  • 『英文学小論』吾妻書房 1958
  • 『鎮魂の賦』東京創元社 1958
  • 『昔の町にて』垂水書房(英語英文学シリーズ) 1958
  • 『永遠に生きる言葉』毎日新聞社(毎日ライブラリー) 1959
  • 『英語の感覚』研究社(英語科ハンドブックス) 1959
  • 『本棚の前の椅子』文藝春秋新社 1959
  • 『トマス・グレイ研究抄』研究社出版 1960
  • 『シェイクスピア講演』大修館 1961/講談社学術文庫 1988
  • 『変奏曲』三月書房 1961
  • 『この国を見よ』大修館書店 1961
  • 『人間天国』文藝春秋新社 1961
  • 『諸国の旅』三月書房 1962
  • 『明日に新しく』帖面舎 1962
  • 『チャールズ・ラム伝』垂水書房 1963/福武書店 1982/講談社文芸文庫 1992/沖積舎 2000
  • 『英文学随筆』八潮出版社 1964
  • 『野方閑居の記』新潮社 1964/沖積舎 1987
  • 『書斎の無い家』文藝春秋新社 1964
  • 『人間の教育』講談社現代新書 1965
  • 『文学と文明』文藝春秋新社 1965
  • 『春のてまり』三月書房 1966
  • 『日本の空の下』雷鳥社 1966
  • 『読書と或る人生』新潮社・新潮選書 1967
  • 『英学三講』法政大学出版局・教養選書 1967
  • 『永遠に生きる言葉』毎日新聞社 1969
  • 『人間・世間』暮しの手帖社 1969
  • 『かの年月』吾妻書房 1970
  • 『この道を行く』(わが人生観)大和書房 1971
  • 『天才について』 (現代日本のエッセイ) 毎日新聞社 1972/講談社文芸文庫(改訂版) 1990
  • 『幸福について』新潮社 1972
  • ヂョンソン』研究社出版「新英米文学評伝叢書」 1972
  • 『夏目漱石』荒竹出版 1973
  • 『詩心私語』(人と思想)文藝春秋 1973
  • 『芝居むかしばなし』毎日新聞社 1974
  • 『われとともに老いよ』新潮社 1976
  • 『第三のクラブ』求龍堂 1977
  • 『福原麟太郎随筆選』研究社出版 1981
  • 『福原麟太郎集 現代の随想11』彌生書房 1981。河盛好蔵編 

作品集[編集]

  • 福原麟太郎著作集』全12巻 研究社 1968-69
    • 1 シェイクスピア
    • 2 ヂョンソン大博士
    • 3 トマス・グレイ研究
    • 4 評伝チャールズ・ラム
    • 5 随筆1
    • 6 随筆2
    • 7 随筆3
    • 8 随筆4
    • 9 英語教育論
    • 10 英文学評論
    • 11 イギリス人
    • 12 英文学の歴史
  • 福原麟太郎随想全集』全8巻 福武書店 1982
    • 1 人生の知恵
    • 2 本棚の前の椅子
    • 3 春のてまり
    • 4 学問のすがた
    • 5 メリ・イングランド
    • 6 この国を見よ
    • 7 思い出の記
    • 8 日記・書簡

共著・編著・その他[編集]

  • An Elegy Written in a Country Churchyard by Thomas Gray. The Three Manuscripts. Primrose Hill, 1933(Henry Bergenとの共編著)
  • 『文学要語辞典』研究社出版 1960(編著)
  • 『英語教育事典』研究社辞書部 1961(編著)
  • 世界の名著20 ベーコン』中央公論社 1970(責任編集)
  • 『文学的人生』研究社出版 1970(対話集)
  • 『二都詩問』新潮社 1971 復刊1992(吉川幸次郎との共著)
  • 『福原麟太郎著作目録』九州大学出版会 2014(藤井哲編著)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “福原麟太郎の資料を福山市に”. 中国新聞. (2013年10月23日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201310230021.html 2013年10月24日閲覧。 
  2. ^ 『朝日新聞』1963年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  3. ^ 『朝日新聞』1963年11月29日(東京本社発行)朝刊、14頁。
[ヘルプ]