沼隈郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沼隈郡(ぬまくまぐん)は、広島県備後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の住所では下記の区域にあたる。

  • 尾道市の一部(百島町、浦崎町、山波町、新高山、高須町、西藤町以東)
  • 福山市の一部(駅家町各町・芦田町各町を除く芦田川以西)

歴史[編集]

和名類聚抄に「奴乃久万」とあるように、当初は「ぬのくま」と読まれていた。

近世以降の沿革[編集]

神島村、佐波村、津之郷村、山手村、郷分村、長和村、地頭分村、下山田村、山北村、早戸村、加屋村、赤坂村、神村、本郷村、東村、西村、高須村、山波村、今津村、松永村、藁江村、柳津村、金見村、藤江村、浦崎村、下山南村、内常石村、外常石村、百島村、横島村、田島村、草深村、能登原村、中山南村、上山南村、上山田村、中山田村、草戸村、水呑村、田尻村、走島村、後地村、鞆町

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和28年 昭和29年 - 昭和35年 昭和36年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
鞆町 鞆町 昭和17年7月1日
鞆町
昭和31年9月30日
福山市に編入
昭和41年5月1日
福山市の一部
福山市 福山市
田尻村 田尻村
走島村 走島村
水呑村 水呑村 昭和22年8月1日
町制
赤坂村 赤坂村 赤坂村
熊野村 熊野村 熊野村
瀬戸村 瀬戸村 瀬戸村
津之郷村 津之郷村 津之郷村
郷分村 郷分村 昭和17年7月1日
福山市に編入
福山市
山手村 山手村
神島村 神島村 昭和8年1月1日
福山市に編入
草戸村 草戸村
佐波村 佐波村
松永村 明治33年3月3日
町制
昭和28年4月1日
松永町
昭和29年3月31日
松永市
今津村 大正15年11月1日
町制
神村 神村 神村
金江村 金江村 金江村
東村 東村 東村
藤江村 藤江村 藤江村
本郷村 本郷村 本郷村
柳津村 柳津村 柳津村
田島村 田島村 田島村 昭和30年3月31日
内海町
内海町 平成15年2月3日
福山市に編入
横島村 横島村 横島村
千年村 千年村 千年村 昭和30年3月31日
沼隈町
沼隈町 平成17年2月1日
福山市に編入
山南村 山南村 山南村
山波村 山波村 昭和14年7月1日
尾道市に編入
尾道市 尾道市 尾道市 尾道市
高須村 高須村 高須村 昭和30年2月1日
尾道市に編入
西村 西村 西村
百島村 百島村 百島村 昭和30年4月1日
尾道市に編入
浦崎村 浦崎村 浦崎村 昭和32年1月1日
尾道市に編入

行政[編集]

沼隈・深津郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年11月1日
明治31年(1898年)9月30日 廃官
沼隈郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治32年(1899年)7月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』34 広島県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1987年2月1日。ISBN 4040013409
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]