沼隈郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沼隈郡(ぬまくまぐん)は、広島県備後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 尾道市の一部(百島町、浦崎町、山波町、新高山、高須町、西藤町以東)
  • 福山市の一部(駅家町各町・芦田町各町を除く芦田川以西)

歴史[編集]

和名類聚抄に「奴乃久万」とあるように、当初は「ぬのくま」と読まれていた。

近世以降の沿革[編集]

神島村、佐波村、津之郷村、山手村、郷分村、長和村、地頭分村、下山田村、山北村、早戸村、加屋村、赤坂村、神村、本郷村、東村、西村、高須村、山波村、今津村、松永村、藁江村、柳津村、金見村、藤江村、浦崎村、下山南村、内常石村、外常石村、百島村、横島村、田島村、草深村、能登原村、中山南村、上山南村、上山田村、中山田村、草戸村、水呑村、田尻村、走島村、後地村、鞆町

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]