久米北条郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県久米北条郡の位置

久米北条郡(くめほくじょうぐん)は、1900年まで岡山県美作国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

近世久米郡が久米北条郡・久米南条郡に分割されて成立。それ以前は久米北郡とも呼称されることがあった。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 龍野藩預地 22村 久米上村、久米中村、足山村、大久保村、里公文上村、里公文下村、福田上村、福田下村、桑上村、桑下村、山手公文北村、油木上村、山手公文南村、通谷村、奥山手村、下打穴西下村、下打穴西上村、上打穴里村、上打穴村、上打穴上村、大垪和東村、両山寺村
藩領 石見浜田藩 17村 里公文中村、油木北村、油木下村、油木下村分郷、上打穴北村、上打穴中村、下打穴中村、下打穴下村、神代村、角石谷村、角石祖母村、境村、三明寺村、和田南村、和田北村、角石畝村、大垪和西村
三河挙母藩 11村 坪井上村、坪井下村、南方一色村、中山手里村、東垪和村、西垪和村、中垪和谷村、中垪和畝村、小山村、中垪和上口村、中山手奥村
美作津山藩 9村 錦織村東分、錦織村西分、戸脇村、宮尾村、領家村、南方中村、宮部下村、中北上村、宮部上村
津山藩・挙母藩 1村 中北下村
  • 慶応2年2月15日1866年3月31日) - 長州戦争により浜田藩が移転して美作鶴田藩となる。
  • 慶應4年(1868年)5月 - 龍野藩預地が鶴田藩領となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年)(53村)
    • 久米上村・久米中村・足山村・大久保村が合併して久米川南村となる。
    • 下打穴西下村・下打穴西上村が合併して打穴西村となる。
    • 錦織村東分・錦織村西分が合併して錦織村となる。
    • 上打穴村が上打穴上村に、油木下村分郷が油木下村にそれぞれ合併。
  • 明治9年(1876年
    • 4月18日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
    • 上打穴中村・上打穴上村が合併して打穴上村となる。(52村)
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての久米北条郡が発足。郡役所が桑下村に設置。
  • 明治14年(1881年) - 里公文下村・里公文中村が合併して里公文村となる。(51村)
  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(13村)
    • 大井西村 ← 坪井下村、坪井上村、中北上村(現・津山市)
    • 大井東村 ← 宮部下村、宮部上村、中北下村(現・津山市)
    • 大倭村 ← 南方中村、南方一色村、神代村(現・津山市)
    • 久米村 ← 久米川南村、宮尾村、領家村(現・津山市)
    • 三保村 ← 下打穴下村、下打穴中村、錦織村(現・久米郡美咲町)
    • 打穴村 ← 打穴西村、上打穴里村、上打穴北村、打穴上村(現・久米郡美咲町)
    • 倭文東村 ← 桑下村、桑上村、福田下村、福田上村、戸脇村(現・津山市)
    • 倭文中村 ← 油木北村、油木下村、油木上村、里公文村、里公文上村(現・津山市)
    • 倭文西村 ← 山手公文北村、山手公文南村、中山手里村、中山手奥村(現・久米郡美咲町)
    • 西川村 ← 通谷村、西垪和村、奥山手村(現・久米郡美咲町)
    • 垪和村 ← 中垪和畝村、東垪和村、中垪和谷村、中垪和上口村、小山村(現・久米郡美咲町)
    • 大垪和村 ← 大垪和西村、和田北村、大垪和東村、両山寺村、角石祖母村、境村(現・久米郡美咲町)
    • 鶴田村 ← 和田南村、角石谷村、三明寺村、角石畝村(現・岡山市)
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、久米南条郡・久米北条郡の区域をもって久米郡が発足。同日久米北条郡廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
久米郡
行政区の変遷
? - 1900年
次代:
久米郡