西北条郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山県西北条郡の位置

西北条郡(さいほくじょうぐん)は、岡山県美作国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 津山市の一部(吉井川以北のうち材木町、山下、北町、山北、北園町、上河原、一宮、東田辺、西田辺より南西かつ小田中、下田邑北東)
  • 苫田郡鏡野町の一部(沖、沢田、市場、香々美、寺和田、百谷、大町、岩屋、越畑以東)

歴史[編集]

中世苫西郡西西条郡・西北条郡に分割されて発足。寛文元年(1661年)から元禄11年(1698年)までは苫南郡を称した。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 倉敷代官所 9村 寺和田村、香々美上分[1]、岩屋村、越畑村、井村分[2]、寺谷分[3]、真経村、大町村、年信村
藩領 美作津山藩 1町
25村
津山(一部)[4]、山北村、総社村、小田中村、新田分[5]、広原分[6]、小原村、上河原村、西一宮村、[7]、川西[8]、川東[9]、東分[10]、見内分[11]、平田分[12]、南分[13]、北分[14]、東田辺村山方、東田辺村原方、西田辺村、沖村、沢田村、公保田村、市場村、香々美中村、藤屋村
  • 慶応4年5月16日1868年7月5日) - 幕府領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 以下の村の統合が行われる。(1町21村)
    • 百谷村 ← 井村分、寺谷分
    • 下田邑村 ← 川西、川東
    • 上田邑村 ← 東分、見内分、平田分、南分、北分
    • 東田辺村 ← 山方、東田辺村原方
    • 香々美村 ← 香々美中村、藤屋村
    • 香々美上分・年信村が寺和田村に、新田分・広原分が小田中村に、湯谷分が西一宮村にそれぞれ合併。(1町5村)
  • 明治9年(1876年4月18日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての西北条郡が発足。「東南条西北条郡役所」が津山町山下に設置され、東南条郡とともに管轄。
  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・津山市。(1町5村)
    • 津山町 ← 津山[一部[15]
    • 西苫田村 ← 小田中村、山北村、総社村、小原村、上河原村
    • 一宮村 ← 西一宮村、東田辺村、西田辺村
    • 田邑村 ← 上田邑村、下田邑村
    • 香々美南村 ← 寺和田村、香々美村、市場村、公保田村、沢田村、沖村(現・苫田郡鏡野町)
    • 香々美北村 ← 百谷村、真経村、大町村、岩屋村、越畑村(現・苫田郡鏡野町)
  • 明治27年(1894年4月1日 - 「東南条西北条郡役所」が「西西条郡外三郡役所」となり、東南条郡に加えて西西条郡東北条郡とともに管轄。
  • 明治33年(1900年)4月1日 - 郡制の施行により、「西西条郡外三郡役所」の管轄区域をもって苫田郡が発足。同日西北条郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 記載は寺和田村ノ内香々美上分。
  2. ^ 記載は百谷村ノ内井村分。
  3. ^ 記載は百谷村ノ内寺ヶ谷分。
  4. ^ 津山城下各町の総称。西北条郡・東南条郡にまたがる。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  5. ^ 記載は小田中村ノ内新田分。
  6. ^ 記載は小田中村ノ内広原分。
  7. ^ 記載は西一宮村ノ内湯谷分。
  8. ^ 記載は下田邑村川西。
  9. ^ 記載は下田邑村川東。
  10. ^ 記載は上田邑村東分。
  11. ^ 記載は上田邑村見内村。
  12. ^ 記載は上田邑村平田分。
  13. ^ 記載は上田邑村南分。
  14. ^ 記載は上田邑村北分。
  15. ^ この時点では山下、北町、田町、椿高下、城代町、材木町、伏見町、京町、河原町、堺町、船頭町、小性町、吹屋町、二階町、元魚町、二丁目、三丁目、新職人町、新魚町、桶屋町、南新座、戸川町、福渡町、美濃職人町、下紺屋町、鍛冶町、細工町、上紺屋町、坪井町、宮脇町、西今町、鉄砲町、西寺町、茅町、安岡町、新茅町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
苫西郡
行政区の変遷
? - 1900年
次代:
苫田郡