三上郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三上郡(みかみぐん)は、広島県備後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、庄原市の一部(総領町各町を除く本村町、高町、川西町、川手町、西本町、板橋町、一木町以南)にあたる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

永末村、大久保村、小用村、庄原村、高門村、本村、峰村、春田村、宮内村、高村、川西村、上谷村、板橋村、新庄村、是松村、一木村、川手村、実留村

行政[編集]

奴可・三上郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年11月1日
明治31年(1898年)9月30日 奴可郡・恵蘇郡との合併により三上郡廃止

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』34 広島県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1987年2月1日。ISBN 4040013409
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1898年
次代:
比婆郡