津高郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡山県津高郡の位置

津高郡(つだかぐん)は、1900年まで岡山県備前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 岡山市
    • 北区の一部(旭川以西のうち笹ヶ瀬川以東かつ玉柏、金山寺、畑鮎、宿、津島、津島本町、津島笹が瀬以南と、概ね納所、川入、東花尻、西花尻、平野、延友より南西[1]および真星、上高田、山上、石妻、杉谷、日近、足守、下足守、高松稲荷、平山、立田、加茂より南西[2]を除く)
  • 加賀郡吉備中央町の一部(尾原、和田、富永、加茂市場、高谷、平岡、上加茂、広面)
  • 久米郡美咲町の一部(江与味)

歴史[編集]

南端地域(一宮地域)は、古来吉備国の中心地として栄えた地域の東端であり、吉備中山の東方に位置する。この地域は、古くから港があり繁栄していたといわれている(かつては海が近くにあった)。また、吉備津彦神社宗形神社などの古社や古代の遺跡・古墳なども多い。

古くは「つたか」と呼ばれ、後に「つだか」とも呼ばれるようになり、最終的に「つだか」が正式名称となった。また、「蔦処」と表記していた場合もあった。

和名抄には駅家郷、賀茂郷、津高郷、建部郷の4郷が記載されている。郡衙の位置は津高郷(岡山市北区津高地区中心部)もしくは駅家郷(同一宮地区・津高地区山間部)と推定されている。

延喜式神名帳には鴨神社宗形神社の2社が記載されている。

近世以降の沿革[編集]

今保村、久米村、白石村、野殿村、花尻村、尾上村、一ノ宮村、一ノ宮敷地村[3]、西辛川村、辛川市場村、今岡村、山崎村、東楢津村、首部村、松尾村、大窪村、磯ヶ部村、池谷村、長野村、横尾村、佐山村、面室村、清水村、芳賀村、深溺村、富原村、中原村、横井上村、栢谷村、益田村、辛香村、菅野村、田原村、日応寺村、中山村、中野村、大月村、大坪村、高野尻村、下牧村、中牧村、野々口村、吉尾村、小山村、河内村、勝尾村、紙工村[4]、虎倉村、宇甘上村、菅村、下田村、金川村、草生村、鹿瀬村、西原村、桜村、市場村、宮地村、富沢村、建部上村、中田村、田地子村、品田村、広面村、上加茂村、神瀬村、黒瀬大向村、大木村、豊岡村、三谷村、五明村、円城村、上田村、細田村、三納谷村、下加茂村、江与味村、杉谷村、粟井谷村、溝部村、森久村、為蕃村、笹目村、尾原村、和田村、大王村、森上村、長尾村、井原村、下土井村、加茂市場村、大谷村、平岡村
  • 明治4年
  • 明治8年(1875年) - 以下の村の統合などが行われる。(89村)
    • 上田村が分割し、一部(西分)が上田西村に、一部(東分)が上田東村、一部が案田村となる。
    • 横井上村の一部(枝号田中・益井)が分立して田益村となる。
    • 河内村の一部(枝号原・富谷・山条)が分立して宇垣村となる。
    • 福谷村 ← 磯ヶ部村、池谷村
    • 高野村 ← 中野村、高野尻村
    • 北野村 ← 大月村、大坪村
    • 高津村 ← 菅村、宇甘上村[枝村下畑]
    • 船津村 ← 神瀬村[枝村塩谷]、黒瀬大向村[本村]
    • 高富村 ← 五明村、豊岡村[枝村柿山]
    • 福沢村 ← 森久村、為蕃村
    • 富永村 ← 大王村、森上村、長尾村
    • 黒瀬大向村の残部(枝村年末)が神瀬村に、大谷村の一部(枝村元兼)が加茂市場村にそれぞれ合併。
    • 一ノ宮敷地村が一ノ宮村に、清水村が芳賀村に、辛香村が菅野村に、小山村が野々口村にそれぞれ合併。
    • 東楢津村が枝村中楢津村・西楢津村を統合のうえ改称して楢津村となる。
    • 面室村が富吉村の一部(枝村狼谷の西部)を合併のうえ改称して三和村となる。
    • 宇甘上村の残部のうち、一部(枝村中泉)が分立して中泉村、残部(本村・枝村九谷)が統合のうえ改称して宇甘村となる。
    • 豊岡村の残部が分割し、一部(上分)が豊岡上村、一部(下分)が豊岡下村、残部(枝村小森)が小森村となる。
    • 大谷村の残部のうち、一部(枝村野原)が分立して美原村となる。残部(本村・枝村十力)が統合のうえ改称して高谷村となる。
  • 明治9年(1876年) - 野殿村の所属郡が御野郡に変更。(90村)
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての津高郡が発足。郡役所が金川村に設置。

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・岡山市。(22村)
    • 白石村 ← 今保村、久米村、白石村、花尻村
    • 一宮村 ← 尾上村、一ノ宮村、西辛川村、辛川市場村
    • 馬屋下村 ← 大窪村、松尾村、芳賀村、福谷村、長野村、横尾村
    • 平津村 ← 今岡村、佐山村、山崎村、楢津村、首部村
    • 横井村 ← 中原村、富原村、田益村、横井上村
    • 野谷村 ← 栢谷村、吉宗村、菅野村
    • 馬屋上村 ← 田原村、富吉村、三和村、日応寺村
    • 牧山村 ← 高野村、北野村、下牧村、中牧村、中山村
    • 宇垣村 ← 野々口村、吉尾村、宇垣村、河内村
    • 金川村 ← 金川村、草生村、鹿瀬村
    • 上建部村 ← 建部上村、宮地村、富沢村、田地子村、品田村
    • 建部村 ← 桜村、市場村、中田村、西原村
    • 宇甘西村 ← 紙工村、虎倉村、勝尾村
    • 宇甘東村 ← 高津村、下田村、宇甘村、中泉村
    • 加茂村 ← 広面村、上加茂村、下加茂村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 福山村 ← 平岡村、高谷村、美原村、加茂市場村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 長田村 ← 下土井村、富永村、和田村、井原村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 上田村 ← 三納谷村、細田村、上田西村、上田東村、円城村、案田村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 富津村 ← 高富村、神瀬村、船津村、小森村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 豊岡村 ← 豊岡下村、三谷村、大木村、豊岡上村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 新山村 ← 福沢村、尾原村、笹目村、溝部村(現・加賀郡吉備中央町)
    • 江与味村 ← 粟井谷村、杉谷村(現・加賀郡吉備中央町)、江与味村(現・久米郡美咲町)
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、御野郡・津高郡の区域をもって御津郡が発足。同日津高郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 吉備地域住居表示実施地区の境界については未詳。
  2. ^ 足守地域高松地域
  3. ^ 記載は敷地村。
  4. ^ 記載は紙工三ヶ村。

参考文献[編集]

  • 谷淵陽一『岡山市の地名由来』吉備人出版(2002年)
  • 永山卯三郎『岡山県通史 上巻』岡山県通史刊行会(1930年)
  • 永山卯三郎『岡山県通史 下巻』岡山県通史刊行会(1930年)
  • 池邊彌『和名類聚抄郷名考証』吉川弘文館(1966年)
  • 角川日本地名大辞典 33 岡山県
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1900年
次代:
御津郡