品治郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

品治郡(ほんじぐん)は、広島県備後国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の住所では福山市の一部の以下(駅家町大字法成寺を除く駅家町各町、新市町大字相方・新市町大字常・新市町大字金丸・新市町大字藤尾を除く新市町各町)に地域にあたる。

歴史[編集]

郡名の由来については、垂仁天皇の皇子ホムチワケ命のために定められた「品遅部」(ほむちのべ、日本書紀では「譽津部」と表記)に因むとされる。「ほんち」とも読む。

近世以降の沿革[編集]

下山守村、今岡村、上山守村、大橋村、坊寺村、向永谷村、江良村、近田村、戸手村、新市村、宮内村、下安井村、上安井村、新山村、雨木村、助元村、服部本郷村、服部永谷村、中島村、倉光村、万能倉村

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1898年
次代:
芦品郡