赤坂郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県赤坂郡の位置

赤坂郡(あかさかぐん)は、岡山県備前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古くは和気郡の一部や磐梨郡も本郡の一部だった。そのため西は旭川から東は吉井川まで達する広範囲の郡域を持っていた。現在の赤磐市山陽町地域西部の龍王山・大錫丈山・上地山・当殿坊山・牛神山・善応寺山などの山地の東側に続く丘陵地一帯が赤坂と呼ばれていたことから、それに由来する郡名といわれる。

続日本紀には721年養老5年)に赤坂郡東部(吉井川西岸地域)、邑久郡北部をそれぞれ割譲し、両地域に藤原郡東野郡藤野郡)を設置、788年延暦7年)に吉井川以西を磐梨郡、以東を和気郡として分割した旨が記載されている。

和名抄には周匝郷、宅美郷、軽部郷、高月郷、鳥取郷、葛木郷の6郷が記載されている。郡衙の位置は高月郷と平賀元義が推定。昭和中期に発見された門前池西方遺跡が推定地とされたが、構造・特徴から異説もある。

郡南部の平地一帯は、磐梨郡南部や上道郡東部、邑久郡南西部などとともに備前国の中心地として栄えた。郡域に備前国の国分寺国分尼寺があったとされ、赤磐市西部(高月)に国分寺や国分尼寺の遺構が発見されており、その他にも駅家郡衙に関連する遺跡が同所から発見されている。さらに、両宮山古墳などの大小の古墳や遺跡が多く分布している。また上道郡との境界付近には古代山城遺跡がある大巡小巡山がある。備前国の国府は時代によって変遷し、諸説があるが、赤坂郡内の赤磐市中心部・西部~岡山市瀬戸町北西部付近にも存在したという説もある。

郡北部の山地には古社が多く存在し、スサノオヤマタノオロチ退治で使用した刀剣・布都之魂についた血を洗ったとする伝説がある血洗の滝血洗池や、布都之魂を御神体とし、一時期備前国の一宮であったともいわれている石上布都魂神社が鎮座している。その他にも延喜式神名帳に記載される式内社が6座(石上布都魂神社、宗形神社布勢神社鴨神社三座)ある。

近世以降の沿革[編集]

牟佐村馬屋村、和田村、岩田村、穂崎村熊崎村、川原村、善応寺村西中村下仁保村上仁保村上地山村斗有村鍋谷村、大鹿村、国ヶ原村川高村幡寺山村、山口村、河本村下市村門前村、長尾村、立川村、南方村、斉富村、沼田村、中島村、上市村石井原村日古木村三又村正崎村、高屋村、二井村尾谷村、神田村、津崎村五日市村西窪田村東窪田村由津里村大苅田村町苅田村笠寺山村西軽部村多賀村出屋村菖蒲山村東軽部村今井村南佐古田村北佐古田村、大屋村、山手村、正満寺村惣分村、小原村、坂辺村、新庄村、伊田村、矢原村寺部村平岡西村矢知村石上村大松山村、佐野村、小倉村、土師方村、吉田村、大田村、小鎌村広戸村、中畑村、山之上村、仁堀河原毛村西勢実村仁堀西村平山村下塩木村上塩木村周匝村、福田村、中山村、黒沢村、中勢実村沓石山村戸津野村黒本村是里村草生村仁堀中村仁堀東村

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・赤磐市。(15村)
    • 西高月村 ← 牟佐村(現・岡山市)、馬屋村、和田村、岩田村、穂崎村(現・赤磐市)
    • 東高月村 ← 長尾村、立川村、河本村、下市村、熊崎村
    • 鳥取下村 ← 南方村、斉富村、沼田村、中島村、日古木村、二井村
    • 鳥取中村 ← 高屋村、上市村、正崎村、尾谷村、津崎村、神田村
    • 西山村 ← 鴨前村、西中村、下仁保村、上仁保村、斗有村
    • 鳥取上村 ← 山口村、由津里村、西窪田村、東窪田村、大苅田村、町苅田村
    • 軽部村 ← 西軽部村、東軽部村、南佐古田村、北佐古田村、今井村、多賀村
    • 笹岡村 ← 小原村、坂辺村、惣分村、大屋村、山手村
    • 周匝村 ← 福田村、周匝村、草生村、河原屋村
    • 山方村 ← 是里村、滝山村、黒本村、黒沢村、中山村
    • 仁堀村 ← 塩木村、戸津野村、中勢実村、仁堀西村、仁堀中村、仁堀東村、平山村
    • 布都美村 ← 広戸村、西勢実村、小鎌村、合田村(現・赤磐市)、石上村、中畑村(現・岡山市、赤磐市)
    • 竹枝村 ← 大田村、吉田村、土師方村、小倉村(現・岡山市)
    • 五城村 ← 平岡西村、矢知村、新庄村、伊田村、矢原村(現・岡山市)
    • 葛城村 ← 芳谷村、国ヶ原村、川高村(現・岡山市)
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、赤坂郡・磐梨郡の区域をもって赤磐郡が発足。同日赤坂郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 旧・熊山町

参考文献[編集]

  • 永山卯三郎『岡山県通史 上巻』岡山県通史刊行会(1930年)
  • 永山卯三郎『岡山県通史 下巻』岡山県通史刊行会(1930年)
  • 池邊彌『和名類聚抄郷名考証』吉川弘文館(1966年)
  • 赤磐郡教育会編『赤磐郡誌』教育資料社(1912年)
  • 角川日本地名大辞典 33 岡山県
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1900年
次代:
赤磐郡