上房郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県上房郡の位置(薄黄・薄水色:後に他郡に編入された区域 水色・薄水色:後に他郡から編入した区域)

上房郡(じょうぼうぐん)は、岡山県備中国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古来、吉備国備中国の中心地として栄えた賀陽郡に属していた。後に北部を上方郡(じょうほう・じょうぼう)として分離した。

元は「上方」と書き「じょうほう」「じょうぼう」と読んでいたが、「上房」と表記もした。表記は統一されていなかったが郡区町村編制法施行時に「上房」と書き「じょうぼう」と読む様に定められた。郡名の由来は賀陽郡に対し(高梁川の)上流にあったためといわれている。郡衙の位置は不明。

戦国時代に郡内に備中松山城松山城高梁城)が築かれ、三村氏の居城となった。江戸時代には、同城を陣屋とする備中国で最も大きい藩である備中松山藩(松山藩・高梁藩)があった。

真庭市旧北房町地区や高梁市中井町地区などは、元々は上房郡ではなく阿賀郡であった。明治33年(1900年)にこれらの地域を阿賀郡から上房郡へ割譲された。

近世以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。岩村は2ヶ所に所在。●は村内に寺社領が存在。(1町32村)
知行 村数 村名
幕府領 一橋徳川家 9村 上湯山村、下湯山村、東吉川村、西吉川村、舞地村、黒山村、田土村、矢野村、岩村
藩領 備中松山藩 1町
14村
松山[1]、松山東村、●松山西村、八川村、今津村、南組[2]、北組[3]、宮瀬村、片岡村、六名村、柳分村、上津村、有納村、貞村、室納村
伊勢亀山藩 8村 竹井村、岩村[4]、黒土村、中村[5]、下村[5]、長代村、垣村、川関村
松山藩・亀山藩 1村 ●上村[5]
  • 明治元年12月7日1869年1月19日) - 松山藩が戊辰戦争後の処分により減封。貞村・室納村・上村が倉敷県の管轄となる。
  • 明治2年11月2日(1869年12月4日) - 松山藩が改称して高梁藩となる。それにともない松山が高梁に、松山東村が高梁東村に、松山西村が高梁西村にそれぞれ改称。
  • 明治3年(1870年) - この年までに一橋徳川家領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年6月5日1872年7月10日) - 小田県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年)(1町29村)
    • 上湯山村・下湯山村が合併して湯山村となる。
    • 東吉川村・西吉川村が合併して吉川村となる。
    • 南組・北組が合併して川面村となる。
  • 明治8年(1875年)(1町22村)
    • 12月20日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
    • 高梁東村・高梁西村が合併して高梁村となる。
    • 矢野村・岩村(一橋徳川家領)が合併して豊野村となる。
    • 宮瀬村・片岡村・六名村・柳分村が合併して巨瀬村となる。
    • 中村・下村・上村が合併して有漢村となる。
  • 明治9年(1876年)(1町17村)
    • 舞地村・室納村が合併して納地村となる。
    • 岩村(亀山藩領)・貞村が合併して稔村となる。
    • 上津村・有納村が合併して有津井村となる。
    • 長代村・垣村・川関村が合併して上有漢村となる。
  • 明治11年(1878年
    • 9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての上房郡が発足。郡役所が高梁本町に設置。
    • 高梁村が改称して松山村となる。

町村制以降の沿革[編集]

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松山城下各町の総称。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  2. ^ 記載は川面村南組。
  3. ^ 記載は川面村北組。
  4. ^ 記載は竹井村ノ内岩。
  5. ^ a b c 記載は有漢を冠称。
  6. ^ この時点では高梁内山下、高梁川端町、高梁本町、高梁新町、高梁片原町、高梁中之町、高梁頼久寺町、高梁石火矢町、高梁御前町、高梁小高下、高梁伊賀町、高梁寺町、高梁向町、高梁間之町、高梁甲賀町、高梁八幡町、高梁荒神町、高梁柿木町、高梁大工町、高梁下町、高梁南町、高梁鍛冶町、高梁中間町、高梁弓之町、高梁鉄砲町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]