大庭郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡山県大庭郡の位置

大庭郡(おおばぐん)は、岡山県美作国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、真庭市の一部(勝山・横部・岡・柴原を除く旭川より北東)にあたる。

歴史[編集]

古くは「おおにわ」「おおば」の2種類の読み方があったが、1878年明治11年)の郡区町村編制法施行時に「おおば」に統一された。

近世以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。(59村)
知行 村数 村名
幕府領 津山藩預地 26村 三坂村、山久世村、下見村、法界寺村、釘貫小川村、都喜足村、三世七原村、久見村、社村、下湯原村、湯本村、田羽根村、初和村、真加子村、下和村、吉田村、別所村、下長田村、上長田村、富掛田村、下福田村、中福田村、上福田村、湯船村、下徳山村、上徳山村
藩領 美作津山藩 32村 余野上村、余野下村、樫村西谷、樫村東谷、鴻殖分[1]、久世村山方、久世村原方、中島村、鍋屋村、多田村、台金屋村、目木村、目木村上分、三崎河原村、中原分[2]、大庭村、上河内村西谷分、上河内村東谷上分、上河内村東谷下分、上河内村中分、上河内村下分上組、上河内村下分下組、上河内村当免分、下河内村上分、下河内村下分、赤野村、西原村、田原村、古見村原方、古見村山方、野川村、平松村
幕府領・藩領 津山藩預地・美作勝山藩 1村 富山根村
  • 慶応4年5月16日1868年7月5日) - 津山藩預地が倉敷県の管轄となる。
  • 明治2年7月4日1869年8月11日) - 勝山藩が改称して真島藩となる。
  • 明治4年
  • 明治5年(1872年) - 以下の村の統合が行われる。(46村)
    • 樫村 ← 樫村西谷、樫村東谷、鴻殖分
    • 久世村 ← 久世村山方、久世村原方
    • 上河内村 ← 上河内村西谷分、上河内村東谷上分、上河内村東谷下分、上河内村中分、上河内村下分上組、上河内村下分下組、上河内村当免分
    • 下河内村 ← 下河内村上分、下河内村下分
    • 古見村 ← 古見村原方、古見村山方
    • 目木村上分が目木村に、中原分が三崎河原村にそれぞれ合併。
  • 明治9年(1876年4月18日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての大庭郡が発足。郡役所が久世村に設置。
  • 明治13年(1880年) - 樫村が分割して樫西村・樫東村となる。(47村)
  • 明治14年(1881年)(49村)
    • 上河内村の一部が分立して中河内村となる。
    • 三崎河原村の一部が分立して中原村となる。
  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・真庭市。(10村)
    • 久世村 ← 久世村、中島村、多田村、三坂村、山久世村、鍋屋村
    • 徳田村 ← 上徳山村、下徳山村、上福田村、湯船村
    • 中和村 ← 下和村、吉田村、別所村、真加子村、初和村
    • 県村 ← 中福田村、富掛田村、富山根村、下福田村、上長田村、下長田村
    • 神湯村 ← 湯本村、下湯原村、田羽根村、三世七原村、久見村、社村、釘貫小川村、都喜足村
    • 樫野村 ← 樫西村、樫東村、余野下村、余野上村
    • 米来村 ← 台金屋村、目木村、三崎村、中原村
    • 河内村 ← 上河内村、中河内村、下河内村
    • 大庭村 ← 平松村、古見村、野川村、大庭村
    • 河陽村 ← 西原村、田原村、下見村、法界寺村、赤野村
  • 明治27年(1894年4月1日 - 「大庭真島郡役所」が真島郡勝山村に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治29年(1896年2月26日 - 久世村が町制施行して久世町となる。(1町9村)
  • 明治33年(1900年)4月1日 - 郡制の施行により、「大庭真島郡役所」の管轄区域をもって真庭郡が発足。同日大庭郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 記載は樫村東谷ノ内鴻殖分。
  2. ^ 記載は三崎河原村ノ内中原分。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1900年
次代:
真庭郡