窪屋郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県窪屋郡の位置

窪屋郡(くぼやぐん)は、岡山県備中国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 倉敷市の一部(三田、生坂、西坂、平田、福島、二日市、加須山、亀山、帯高、新田、吉岡、堀南、福井、中島、水江、酒津、浅原より内側)
  • 総社市の一部(赤浜、下林、上林、三須、真壁、三輪、中原、清音柿木、清音上中島より南東および中央・駅前の各一部)

歴史[編集]

古来、吉備国の中心地として栄えた地域である。高梁川旧本流の対岸には国府所在地の賀陽郡の中枢があった。郡内に備中国の国分寺国分尼寺があった。郡内に大小の古墳が多い(作山古墳こうもり塚古墳他)。郡衙の位置は三須郷(総社市三須・東三須・山手地区)と推定されている。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 倉敷代官所 7村 倉敷村安江村酒津村、中島村、沖村、浜村、小子位村
旗本領 11村 西三須村、西組[1]日吉庄村、大内村、羽島村、二日市村高沼村、亀山村、加須山村有城村赤浜村
藩領 岡山新田藩(生坂) 17村 三田村、生坂村、西坂[2]、浅原村、子位庄村、平田村、大島村、福島村、川入村、渋江村田ノ上村[3]、黒田村、古地村、小屋[4]軽部村、中島[5]八田部村[6]
備前岡山藩 13村 四十瀬村白楽市村水江村西郡村地頭片山[7]岡谷[8]、宿[9]三輪村柿木[10]真壁村、溝口[11]、中原[12]恵地新田[13]
岡山新田藩(鴨方) 6村 四十瀬新田村埋川村白楽市新田村笹沖村吉岡村福井村
備中浅尾藩 5村 三和村下林村、中林[14]上林村小屋村
幕府領・藩領 旗本領・岡山新田藩(生坂) 1村 八王寺村
  • 慶応4年5月16日1868年7月5日) - 幕府領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治2年6月25日1869年8月2日) - 岡山新田藩(鴨方)が改称して鴨方藩となる。
  • 明治3年
    • 1月12日1870年2月12日) - 岡山新田藩(生坂)が改称して生坂藩となる。
    • 領地替えにより赤浜村が足守藩領となる。
    • この年までに旗本領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年
  • 明治7年(1874年) - 中林が下林村に合併。(59村)
  • 明治8年(1875年)(56村)
    • 12月20日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
    • 西組が西三須村に、三和村が三輪村にそれぞれ合併。
    • 小屋・小屋村がそれぞれ分割し、各一部が合併して三因村となる。各残部が三輪村に合併。
  • 明治9年(1876年) - 小子位村が浜村に合併。(55村)
  • 明治10年(1877年)(49村)
    • 日吉庄村・大内村・八王寺村・川入村が合併して富久村となる。
    • 渋江村・田ノ上村が合併して老松村となる。
    • 四十瀬新田村・埋川村が合併して富井村となる。
    • 中島が軽部村に合併。
    • 西三須村が改称して三須村となる。
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての窪屋郡が発足。郡役所が倉敷村に設置。
  • 明治12年(1879年) - 軽部村の一部が分立して上中島村となる。(50村)
  • 明治13年(1880年
    • 西坂・地頭片山・岡谷・宿・柿木・溝口・中原がそれぞれ本村から正式に独立して村を称する。
    • 白楽市新田村が改称して西中新田村となる。
  • 明治14年(1881年) - 八田部村・恵地新田が真壁村に合併。(48村)
  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(11村)
    • 倉敷村(単独村制。現・倉敷市)
    • 大市村 ← 安江村、沖村、四十瀬村、富井村、福井村(現・倉敷市)
    • 葦高村老松村西中新田村白楽市村笹沖村、吉岡村(現・倉敷市)
    • 帯江村 ← 羽島村、二日市村、加須山村、亀山村、帯高村、有城村(現・倉敷市)
    • 万寿村 ← 平田村、大島村、福島村、浜村、富久村(現・倉敷市)
    • 菅生村 ← 西坂村、生坂村、三田村、浅原村、子位庄村(現・倉敷市)
    • 中洲村 ← 水江村、酒津村、中島村(現・倉敷市)
    • 清音村 ← 黒田村、古地村、上中島村、軽部村、三因村、柿木村(現・総社市)
    • 常盤村 ← 三輪村、真壁村、中原村、溝口村(現・総社市)
    • 山手村 ← 地頭片山村、西郡村、岡谷村、宿村(現・総社市)
    • 三須村 ← 三須村、上林村、下林村、赤浜村(現・総社市)
  • 明治24年(1891年6月16日 - 倉敷村が町制施行して倉敷町となる。(1町10村)
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、都宇郡・窪屋郡の区域をもって都窪郡が発足。同日窪屋郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 記載は西三須村西組。
  2. ^ 記載は生阪村之内西阪
  3. ^ 記載は渋江村之内田之上。
  4. ^ 記載は三輪村ノ内小屋。
  5. ^ 記載は軽部村ノ内中島。
  6. ^ 記載は真壁村ノ内八田部
  7. ^ 記載は西郡村之内地頭片山。
  8. ^ 記載は西郡村之内岡谷。
  9. ^ 記載は西郡村之内宿。
  10. ^ 記載は軽部村ノ内柿木。
  11. ^ 記載は真壁村ノ内溝口。
  12. ^ 記載は真壁村ノ内中原。
  13. ^ 記載は真壁村ノ内恵地新田。
  14. ^ 記載は下林村ノ内中林。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1900年
次代:
都窪郡