こうもり塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうもり塚古墳
Koumoridzuka kofun air.jpg
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 岡山県総社市上林
位置 北緯34度40分3.35秒
東経133度47分11.79秒
形状 前方後円墳
規模 墳長100m
後円部径55~60m
築造年代 6世紀後半
埋葬施設 横穴式石室
刳抜式家型石棺・陶棺・木棺
被葬者 伝・黒媛
出土品 武具・馬具・装飾品など
指定文化財 国の史跡
テンプレートを表示
墳丘全景
左に後円部、右に前方部。

こうもり塚古墳(こうもりづかこふん)は、岡山県総社市にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡に指定されている。

旧称を「黒媛塚」とも。箭田大塚古墳牟佐大塚古墳と並んで、岡山県下三大巨石墳の1つに数えられる。

概要[編集]

古墳時代後期から終末期にかけての6世紀後半に築造されたと考えられている。自然の丘陵を利用して築造されている。墳長約100m・後円部径約55~60mで二段で構築されていたと推定される。葺石埴輪は確認されていない。

後円部南側に花崗岩の巨石を組み合わせた横穴式石室が開口している。石室は両袖式で全長約19.4m、玄室は奥行7.7m・幅3.61m・高さ3.6m、玄室の天井石は3枚の巨石で構成されている。玄室には長さ2.38m・幅1.4m・高さ1.31mの刳抜式家型石棺がある。石棺は貝殻石灰岩製で岡山県井原市浪形山で産出されたものである。1978年昭和53年)に行われた発掘調査では土師質亀甲形陶棺残欠や鉄釘が出土した。鉄釘の存在から石棺、陶棺のほかに木棺も埋葬されていたと推定されており、複数の被葬者があったと思われる。

古墳は概ね盗掘を受けて副葬品は残っていないと思われた。しかし、単鳳環頭柄頭・大刀・鉄など武具馬具、ガラス小玉・水晶製切子玉・金環など装飾品、鉄滓、須恵器類などが出土した。

こうもり塚古墳の名称は、石室内にコウモリが棲息していたことから名付けられた。また、黒媛塚の名は、仁徳天皇の寵愛を受けた吉備の美女・黒媛の墓であるとの伝承に由来する。しかし、古墳の築造年代は6世紀後半で、仁徳天皇の時代は4世紀とされており、黒媛とは時代が合致しない。

1967年(昭和42年)2月15日、国の史跡に指定された。

画像[編集]

参考文献[編集]

  • 乗岡実・行田裕美/編 近藤義郎/編集協力 『吉備の古墳 下〔備中・備後〕 -吉備考古ライブラリィ5-』 吉備人出版/刊 2000年 46-51ページ
  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 125-126ページ
  • 現地説明板 1986年8月 文部省・岡山県教育委員会/設置

関連項目[編集]