東野郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東野郡(とうのぐん・とうののこおり)は備前国にかつて存在したである。藤野郡(とうのぐん・とうののこおり・ふじのぐん・ふじののこおり)とも表記・呼称された。また、721年の郡設置当初は藤原郡(ふじわらぐん・ふじわらのこおり)という名称で、726年に改称した。

律令制下の郡衙推定地等は不明である。

歴史[編集]

岡山県通史によると続日本紀に以下の内容がある。

  • 721年(養老5年) - 赤坂郡より東部(吉井西岸地域)・邑久郡より北部・北東部それぞれ割譲し、合わせて藤原郡を置く。
  • 726年(神亀3年) - 藤原郡を改称して東野郡藤野郡)とする。
  • 788年(延暦7年) - 吉井川以西を磐梨郡、同以東を和気郡として分割。これにより東野郡は消滅した。

参考文献[編集]

  • 永山卯三郎『岡山県通史 上巻』岡山県通史刊行会(1930年)
  • 永山卯三郎『岡山県通史 下巻』岡山県通史刊行会(1930年)

関連項目[編集]