川上郡 (岡山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山県川上郡の位置

川上郡(かわかみぐん)は、岡山県備中国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

古くは下道郡に含まれていた(一部、哲多郡小田郡後月郡に含まれていた地域もある)。後に下道郡北部を分割して本郡が成立した。かつては「河上」とも表記されていたが、郡区町村編制法施行時に「川上」に統一された。名称の由来は高梁川の上流に位置していた(下道郡に対して、もしくは備中国の中心地に対して)ためといわれている。郡衙の位置は不明。

近世以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。東組・西組は3ヶ所ずつ所在。●は村内に寺社領が存在。(66村)
知行 村数 村名
幕府領 大森代官所 13村 東組[1]、西組[1]、中組[1]、西元組[1]、元組[1]、長谷組[1]、西組[2]、東組[2]、西組[3]、東組[3]、布寄村、西山村、坂本村
倉敷代官所 6村 小泉村、塩田村、吹屋村、本郷組[4]、小野路組[4]、大野路組[4]
旗本領交代寄合山崎氏) 20村 ●成羽村、福地村、原田村、下日名村、上日名村、水名村、増原村、上黒忠村、下黒忠村、三沢村、上大竹村、下大竹村、布瀬村、臘数村、佐々木村、羽根村、羽山村、下原村、大原村、福松新開
旗本領(その他) 13村 布賀村、高山市村、相坂村、長屋村、長地村、七地村、高山村、二ヶ村[5]、佐屋村、九名村、大津寄村、黒萩村、下切村
藩領 備中松山藩 12村 春木村、西野々村、割出村、宇治村、丸山村、飯部村、玉村、阿部村、近似村、川乱村、神原村、田井村
備後福山藩 1村 領家村
幕府領・藩領 旗本領(その他)・福山藩 1村 地頭村
  • 慶応4年
  • 明治元年12月7日1869年1月19日) - 松山藩が戊辰戦争後の処分により減封。春木村・西野々村・割出村・宇治村・丸山村・飯部村が倉敷県の管轄となる。
  • 明治2年11月2日(1869年12月4日) - 松山藩が改称して高梁藩となる。
  • 明治3年(1870年) - この年までに旗本領が倉敷県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治5年6月5日1872年7月10日) - 小田県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年)(56村)
    • 東組・西組・中組・西元組・元組・長谷組が合併して平川村となる。
    • 東組・西組が合併して東油野村となる。
    • 東組・西組が合併して西油野村となる。
    • 本郷組・小野路組・大野路組が合併して中野村となる。
    • 上黒忠村・下黒忠村が合併して黒忠村となる。
  • 明治8年(1875年
    • 12月20日 - 第2次府県統合により岡山県の管轄となる。
    • 西野々村・割出村が合併して松岡村となる。(55村)
  • 明治9年(1876年) - 二ヶ村・佐屋村が合併して仁賀村となる。(54村)
  • 明治10年(1877年) - 九名村・黒萩村・水名村・福松新開が合併して明治村となる。(51村)
  • 明治11年(1878年9月29日 - 郡区町村編制法の岡山県での施行により、行政区画としての川上郡が発足。郡役所が下原村に設置。
  • 明治14年(1881年)(49村)
    • 塩田村・丸山村が合併して穴田村となる。
    • 川乱村が原田村に合併。

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年6月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は全域が現・高梁市。(16村)
    • 東成羽村 ← 下原村、上日名村、下日名村、臘数村[枝村星原]、佐々木村[本村]
    • 成羽村 ← 成羽村、羽山村
    • 玉川村 ← 玉村、下切村、増原村
    • 日里村 ← 明治村、黒忠村(現・井原市)
    • 手荘村 ← 地頭村、領家村、三沢村、七地村、臘数村[本村]、佐々木村[枝村吉木]
    • 大賀村 ← 仁賀村、上大竹村、下大竹村
    • 高山村 ← 高山村、高山市村、大原村
    • 富家村 ← 布賀村、布瀬村、長屋村、佐々木村[枝村志藤・用瀬]
    • 平川村(単独村制)
    • 湯野村 ← 東油野村、西油野村、西山村
    • 吹屋村 ← 坂本村、吹屋村、中野村[字長田・田原]
    • 宇治村 ← 穴田村、宇治村、中野村[字本郷]、飯部村[のちの遠原]
    • 中村 ← 布寄村、長地村、相坂村、羽根村、小泉村
    • 松原村 ← 松岡村、春木村、大津寄村、神原村
    • 高倉村 ← 田井村、飯部村[のちの遠原を除く]、近似村[のちの大瀬八長]
    • 落合村 ← 阿部村、原田村、福地村、近似村[のちの大瀬八長を除く]
  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治34年(1901年
    • 2月6日 - 吹屋村が町制施行して吹屋町となる。(1町15村)
    • 4月1日 - 東成羽村が町制施行・改称して成羽町となる。(2町14村)
  • 明治39年(1906年)4月1日 - 成羽町・成羽村が合併し、改めて成羽町が発足。(2町13村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 手荘村が町制施行して手荘町となる。(3町12村)
  • 昭和29年(1954年
  • 昭和30年(1955年
    • 3月1日 - 成羽町・中村が合併し、改めて成羽町が発足。(3町3村)
    • 4月1日 - 吹屋町が成羽町に編入。(2町3村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 富家村・平川村・湯野村が合併して備中町となる。(3町)
  • 平成16年(2004年10月1日 - 成羽町・川上町・備中町が高梁市・上房郡有漢町と合併し、改めて高梁市が発足。同日川上郡消滅。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年6月1日 明治22年 -明治35年 明治36年- 昭和28年 昭和29年 - 昭和31年 昭和32年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在
東成羽村 明治34年4月1日
成羽町
明治39年4月1日
成羽町
昭和30年3月1日
成羽町
成羽町 平成16年10月1日
高梁市
高梁市
成羽村 成羽村
中村 中村 中村
吹屋村 明治34年2月6日
吹屋町
吹屋町 昭和30年4月1日
成羽町へ編入
手荘村 手荘村 昭和25年4月1日
手荘町
昭和29年4月1日
川上町
川上町
大賀村 大賀村 大賀村
高山村 高山村 高山村
富家村 富家村 富家村 昭和31年9月30日
備中町
備中町
平川村 平川村 平川村
湯野村 湯野村 湯野村
玉川村 玉川村 玉川村 昭和29年5月1日
高梁市の一部
高梁市
宇治村 宇治村 宇治村
松原村 松原村 松原村
高倉村 高倉村 高倉村
落合村 落合村 落合村
日里村 日里村 日里村 昭和29年6月1日
小田郡
美星町
小田郡
美星町
平成17年3月1日
井原市へ編入
井原市

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年9月29日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 記載は平川村を冠称。
  2. ^ a b 記載は東油野村を冠称。
  3. ^ a b 記載は西油野村を冠称。
  4. ^ a b c 記載は平川村を冠称。
  5. ^ 記載は弐ヶ村。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』33 岡山県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年6月1日。ISBN 4040013301
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連文献[編集]

  • 原田竜右衛門『川上郡史』、1927年。NDLJP:1170778

関連項目[編集]